FC2ブログ

情報商材 アフィリエイト 副業 サラリーマン

情報商材アフィリエイト サラリーマンが副業で成功する秘訣 > スポンサー広告 > 世界にうごめくポピュリズムの嵐、でも変わらないものがある> 未分類 > 世界にうごめくポピュリズムの嵐、でも変わらないものがある

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界にうごめくポピュリズムの嵐、でも変わらないものがある

2017年01月26日(木)

最近、ポピュリズムや排外主義が世界的に台頭して、世界
経済が大きく変わるといわれています。特に日本は輸出が
主力になっているので、その影響は深刻です。特に自動車
業界などは神経を尖らせています。


中でも米国はTPPやNAFTAからの離脱をほのめかし、輸入
品には高関税を付与すると言っています。日本は安全保障
との絡みもあって、それに翻弄されています。


しかし、ここでよく考えてみなければなりません。


たとえば、日本からの自動車の輸出には38%の関税をかける
と言っています。もし、そうなったときに本当に困るのは誰
でしょうか。


高関税をかけられた自動車メーカーも困ります。しかし
もっと困るのは、それにより価格が高くなり、また品数も
少なくなって買いにくくなる米国民です。


そもそもなぜ米国で日本車がよく売れるのか、そこに答え
があります。米国のユーザーとの間でwin-winの関係を
構築してきたからに他ならないのです。


逆のことは日本にもあるわけで、残念ながら米国製の
自動車は滅多にお目にかかれません。それはなぜ
なのでしょうか。別に人為的に米国車を締め出している
ことなどまったくないはずです。


良いものは常に受け入れられるのです。それはどんな
経済情勢の下でも変わることはありません。政策上で
障壁をかけられると売るほうも買うほうも困るだけで、
それで得をする者など誰もいません。


どんな世の中になっても、良いモノを地道に提供する
限り、受け入れられなくなることはありません。また、
政策的にそれを抑えつけようとしても、それが長続き
することもありません。歴史もそれを証明しています。


モノを提供する上で、お客様との間にwin-winが構築
され、ゆるぎなく信用されていることが一番強いのです。


ですから、
ポピュリズムの台頭に憂うことなく、わたしたちは今まで
通り、お客様との間にwin-winの関係を作ることだけを
めざしていけばいいのです。


どんな時代になっても、それに勝るものは存在しません。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。