FC2ブログ

情報商材 アフィリエイト 副業 サラリーマン

情報商材アフィリエイト サラリーマンが副業で成功する秘訣 > スポンサー広告 > 諦めること、それは人生の中で取り返しのつかない大損です> 未分類 > 諦めること、それは人生の中で取り返しのつかない大損です

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諦めること、それは人生の中で取り返しのつかない大損です

2017年01月20日(金)

この世の中で、最も損なのはどういうものでしょうか。
大金を失くした、だまし取られた。大きな災害に遭い大切な
財産や家族を失った。入りたい学校や会社に入れなかった。


どれも悲しいほどに損なことばかりです。特に大事な人を
失うというのはまさに身を切られるほど悲しいもので、それは
とても損などという言葉で割り切れるものではないでしょう。


でもその一方でこうしたことを時間が癒してくれるのも事実
です。多くの場合、時間がたてば立ち直ることも可能です。


でも、ぜったいに回復することができないこれ以上の損は
ないくらいの損があります。


それは時間です。


寿命がどんなに長くなっても人生は有限です。その限られた
中で経過した時間をフイにすることが、これ以上のない損
です。


時間をフイにするということはどういうことでしょうか。それは
自分の意思で、今まで積み重ねてきたことをご破算にして
しまうことです。言い方を変えると、やってきたことを途中で
諦めることです。


たとえば10年かかって蓄えてきた財産を一夜で失ったとします。
言うまでもなくそれは大損です。失望のどん底に叩き落される
ことでしょう。しかし時間がたてば立ち直ってもう一度蓄財する
決意も生まれます。


そんな時、前の経験が生きて10年かかった蓄財が8年でできる
かもしれません。そうしたら、前回の損を見事に乗り越えること
ができたということになります。10年の蓄財の経験があったから
8年で蓄財できたわけです。


ところが、最初の蓄財がうまくいかず、8年で諦めて投げ出して
しまったとしましょう。そうすると次に蓄財を始めなければならなく
なったとしても、その経験を活かせません。前の経験はすでに
投げ出してしまっているので、経験としての蓄積ができていない
からです。


最初の蓄財にかけた8年がまったくムダになっているわけです。
人生が8年短くなったようなものです。その上、その8年の間にも
いろいろなものを消費しながら生活しているわけで、そのための
出費も考えれば、単純に8年短い寿命よりも、さらに損をして
いるわけです。


また、たいていの場合は損をしても、時間がそのダメージを緩和
してくれるものですが、損をした時間を、時間がカバーしてくれる
ということなどあるはずもありません。失った時間はいつまでたって
も、失われたままなのです。


ですからあきらめるというのは人生の中で、取り返しのつかない
損をするということです。ただ、それを投げ出してしまうのではなく
方向性を変えて進めるようにするならばその限りではありません。


人生を豊かにするためには何事にも果敢に挑戦することが
必要です。でも、簡単に諦めて投げ出してしまうのは、逆に大損
してしまうということです。


やると決めた以上は、何が遭っても決して諦めないことですよ。
それまでかけてきた時間は二度と戻りません。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。