FC2ブログ

情報商材 アフィリエイト 副業 サラリーマン

情報商材アフィリエイト サラリーマンが副業で成功する秘訣 > スポンサー広告 > 日本をダメにしているのはコレなんです。もうやめましょうよ> 未分類 > 日本をダメにしているのはコレなんです。もうやめましょうよ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本をダメにしているのはコレなんです。もうやめましょうよ

2016年12月07日(水)

先日、残業は諸悪の根源で百害あって一利なしとお話
しました。でも、残業の弊害はまだあります。


それは、ブラック企業の温床になること。


もし社会が残業を認めず、労働を労働契約に従うこと
を重視するようになれば、残業自体がそうそう簡単に
できることはなくなるのです。


労基法でもサブロク協定というのがあって、ある一定枠
の残業を認めつつ、条件によってはその枠を超えること
を認めるようなことを規定しているから、その線引きが
あいまいになるのを助長しています。


残業など基本禁止にしてくれたらいいんですけど。
ちゃんと週40時間までとしているのですから、それを労使
ともに徹底的に守ることを最優先にすべきです。


そうすればサビ残、ブラック企業なども存在しませんし、
過労死や過重労働で心身を破壊して自殺に追い込む
などということもなくなります。


残業手当がなくなれば収入はその分減ることになり生活を
圧迫します。でも、残業手当ありきの生活設計も無理が
ありますよ。根本的にマチガイです。


本当に、このあたりで皆一体になって残業をやめましょう。
労働契約書を確認して勤務時間を再認識し、働くのはその
時間のみ、これが本来あるべき姿だと考えましょう。


定時になればさっさと上がってください。それをとやかく言う
人は無視して構いませんし、雇用を不利な方向で操るような
ことがあれば、ウラを取って労基署に相談に行けばよろしい。


もちろん働くことに対する考え方も改める必要があります。
効率向上について今まで以上に努力することが求められ
ます。日本は今まで労働生産性の悪さを残業などの労働
時間の長さでカバーしてきた側面もあります。


学生のバイトだってそうですよ。ちゃんと時間を前もって
取り決めておくべきものです。それが休日はおろか、肝心
の学業にも影響が出て単位を落とすなどということが
許されるはずがありません。


予め働く時間をキチンと決めておいてそれに従って働く、
いわば当たり前のことなのですが、改めてそれを守ること
を優先的に考えなければなりません。


そうすると当然給料はさらに減る方向になるでしょう。
でも、残業をやめた分だけ空いた時間が手に入ります。
この時間を使って生活を補填する方法を考えることが
よっぽど理にかなっています。


生活の向上を会社に求めること自体がもう無理なの
です。仕事は契約書を忠実に守り、空いた時間を生活
を支えるようなことに活用するのです。


そういうような考え方に切り替えることで、新たな展望も
開けてくるでしょうし、政府もそういうことを促進する政策
を積極的に進めるべきです。それが本当の一億総活躍
ですよ。


そうすることで、日本全体に活力が戻ってくるはずなの
です。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。