FC2ブログ

情報商材 アフィリエイト 副業 サラリーマン

情報商材アフィリエイト サラリーマンが副業で成功する秘訣

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事休載のお知らせ

2017年01月29日(日)

都合により、しばらく記事の更新を休止させていただきます。
突然のお知らせで、どうもすみません。


ご意見やお問い合わせは引き続き対応致しますので、
こちら
よりお願いいたします。


長い間、どうんもありがとうございました。再開の折には
またよろしくお願いします。

スポンサーサイト

アフィリエイトはビジネスだ、これがわかっていれば挫折なし

2017年01月28日(土)

アフィリエイトを始める、または続けるためにマインドの
ウエイトがどんどん大きくなっています。無料レポートを
拝見しても、マインドについて触れていないものは皆無
と言っていいでしょう。


しかし、マインドに左右されるならば、アフィリエイトを
やるのは見合わせた方が無難です。本来、アフィリエイト
をはじめとしたビジネスを始めるというのは、それなり
に動機や準備が必要なことは言うまでもありません。


それを踏まえていればマインドなど要らないはずです。
おそらくアフィリエイトだけでしょう。始める人にマインド
の重要性を説くというのは。


ビジネスに着手する人は志もしっかり持っているので
挫折などしません。うまくいかないときでも、それを素直に
受け止めてやり抜きます。


無料レポートをいくつかご覧いただけたらおわかり頂ける
と思いますが、マインドというのはアフィリエイトとは全く
関係のない内容です。にもかかわらず、かなり大きな
ウエイトを占めるものになっています。


入門者に対する指導でマインドが大きく取上げられて
いるのもアフィリエイトくらいのものです。


このことは他のビジネスに比べてもアフィリエイトは、
挫折したりノウハウコレクターになって、本来とは違う
方向に甘んじてしまうことが多いことを示しています。


アフィリエイトはビジネスです。始めたならばその日
から事業者になるのです。これを認識した上で始め
なければなりません。


そうすればマインドなど今更説く必要もないでしょうし、
何があってもそう簡単に挫折することもないでしょう。


わたしの場合、無料レポートを拝見していて、マインド
はむしろアフィリエイト以外のところで励ましてくれること
が多いです。


アフィリエイトはビジネスです。たった数分の作業で
大きな利益を上げたり、1クリックで何万円も稼ぐように
なれるのは、ビジネスとしてアフィリエイトを極めること
ができた結果です。いきなり始めてそんなことができる
方が異常です。


アフィリエイトを始めるということはビジネスを始めること
です。そういう覚悟がありますが。胸を張って首をタテに
振ることができるのであれば、あなたにマインドは必要
ありません。


なぜならば、ビジネスとして始める心構えはしっかりと
出来上がっているでしょうし、何があっても決して挫折
することなくやり抜くはずですから。


もし、ここに少しでも気が引けるところがあるのでしたら
アフィリエイトを始めるのは見合わせた方が無難です。
始めても後悔するだけですよ。


まして、ラクして稼げるなどという幻想を抱いて始める
と言うのは、その落差がいっそう大きくなります。他の
アルバイトをあたるほうをおすすめします。


今回はここまで。
お読みいただきどうもありがとうございます。

いよいよ確定申告がスタート、副業サラリーマンもお忘れなく

2017年01月27日(金)

いよいよ確定申告のシーズンになりました。わたしのところ
にも、所轄の税務署より通知書が郵送されてきました。


サラリーマンの方でも、昨年中にアフィリエイトなどの副収入
があった方は必ず申告してください。


また、医療費控除などで源泉徴収額がゼロで所得税の還付
がされない場合でも、住民税が軽減されることがあります
ので、申告はしておいてください。


特に、副収入が20万円以上の場合は課税対象になります
ので、必ず申告してください。後で追徴課税ということになる
と、高い金利を上乗せして支払わなければなりません。


また、20万円未満でも住民税の課税対象になりますので、
サラリーマンの場合は会社で計算した税額と、税務署から
通知された税額が異なることになり、そこから副業がバレ
ることになります。


ですからその場合でも申告して、給料以外の税金支払い
を別枠で処置しておくようにしておけばいいでしょう。


また、アフィリエイト報酬はすべて消費税込みで振り込まれて
います。しかし、申告するのは税抜き額です。消費税相当分
は、別途消費税申告が必要になりますが、税込み売上が
1000万円以下なら申告は不要です。


つまり、この場合消費税相当額は納付する必要がありません。
いわば、消費税分が節税できたということです。


このように、たとえ1円でも給料以外で収入があった場合、申告
が必要と認識しておかれた方が良いでしょう。


これ以外に、何より申告するメリットは自分の税額がいくらになる
のかが明確にわかることと、事業者としての節税方法がわかると
いうことです。事業者の場合は経費として認められているものに
ついては課税対象になりません。


ですから、たとえ副業であってもコレについて知っておくことは
重要なことです。ですから必ず申告しましょう。


期間内は、どこの申告会場も大変混雑します。ただし、提出だけ
なら休日でも提出可能ですし、郵送でも受け付けてくれます。
さらにパソコンからの電子申告もできますので、忙しい方でも
問題はありません。


申告こそが、アフィリエイターの第一歩と言ってもいいでしょう。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

世界にうごめくポピュリズムの嵐、でも変わらないものがある

2017年01月26日(木)

最近、ポピュリズムや排外主義が世界的に台頭して、世界
経済が大きく変わるといわれています。特に日本は輸出が
主力になっているので、その影響は深刻です。特に自動車
業界などは神経を尖らせています。


中でも米国はTPPやNAFTAからの離脱をほのめかし、輸入
品には高関税を付与すると言っています。日本は安全保障
との絡みもあって、それに翻弄されています。


しかし、ここでよく考えてみなければなりません。


たとえば、日本からの自動車の輸出には38%の関税をかける
と言っています。もし、そうなったときに本当に困るのは誰
でしょうか。


高関税をかけられた自動車メーカーも困ります。しかし
もっと困るのは、それにより価格が高くなり、また品数も
少なくなって買いにくくなる米国民です。


そもそもなぜ米国で日本車がよく売れるのか、そこに答え
があります。米国のユーザーとの間でwin-winの関係を
構築してきたからに他ならないのです。


逆のことは日本にもあるわけで、残念ながら米国製の
自動車は滅多にお目にかかれません。それはなぜ
なのでしょうか。別に人為的に米国車を締め出している
ことなどまったくないはずです。


良いものは常に受け入れられるのです。それはどんな
経済情勢の下でも変わることはありません。政策上で
障壁をかけられると売るほうも買うほうも困るだけで、
それで得をする者など誰もいません。


どんな世の中になっても、良いモノを地道に提供する
限り、受け入れられなくなることはありません。また、
政策的にそれを抑えつけようとしても、それが長続き
することもありません。歴史もそれを証明しています。


モノを提供する上で、お客様との間にwin-winが構築
され、ゆるぎなく信用されていることが一番強いのです。


ですから、
ポピュリズムの台頭に憂うことなく、わたしたちは今まで
通り、お客様との間にwin-winの関係を作ることだけを
めざしていけばいいのです。


どんな時代になっても、それに勝るものは存在しません。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトは楽な稼業じゃない、だけど前途は洋々です

2017年01月25日(水)

最近、著名なアフィリエイターの方と接する機会が増えて
きました。そこでよくわかるのは、アフィリエイトで楽して
稼いでいる人など誰もいないということです。


著名なアフィリエイターの方も、そのステージの中で、
いろいろとご苦労されているのです。著名な方というのは
アフィリエイトにおいて大変幅広く活動されているので、
それなりにご苦労されているんですよ。


アフィリエイトで苦労するというのは、初心者もベテランも
同じということです。それぞれの分相応のステージで、
苦労しなければならないわけです。


たとえば、ベテランアフィリエイターの方のメルマガに登録
したとしましょう。そうすると、ほぼ毎日のように長いメール
が送られてくるでしょう。


その情報量たるや、途方もないほどです。ベテランの方は
それを毎日書いているのです。そのメールをご本人が直接
書いて送られているかどうかはわかりませんが、それだけ
の膨大な情報を毎日提供するというのは、並大抵にできる
ものではありません。


アフィリエイトの基本のひとつが情報提供なのですが、
タイムリーな情報を毎日のように提供し続けるというのも、
差別化のひとつなのです。でも、それに価する情報を毎日
のように入手するのは大変なはずですよ。


大稼ぎしているアフィリエイターというのは、リッチな暮しを
満喫して、ゴージャスな日々を送っていると思いがちですが、
彼らもその稼ぎを維持して成長させるためには、見えない
ところで結構苦労されているのです。


アフィリエイトは投資の少ないビジネスだと言われますが、
規模が大きくなってくると投資のウエイトも大きくなります。
人だって雇わなければなりません。


メルマガやサイトの記事を見ると、かなり豪華な生活などが
紹介されています。でもその陰には、それを支えるための
見えない苦労が隠されているのです。


こうして見るとアフィリエイターというのは、水面を優雅に
浮かぶ白鳥のようなものです。一見優雅ですが、水中に
目をやれば、必死に足で水を搔いているのです。


あるアフィリエイターの方は、6桁以上を稼ぐようになって
サラリーマンでは考えられない生活を送ることもできるよう
になった。しかし、それを維持するためには絶えず事業を
成長させなければならない。


今の事業を始める前の、貧しいサラリーマン生活に戻る
のはイヤだ。だから今のゆとりある生活を手放さないため
にも、仕事をおろそかにはできない。とおっしゃいます。


稼ぐために苦労する。それはサラリーマンであれアフィリ
エイターであれ、同じことです。でも、どうせ苦労するなら
より良い生活を手に入れる可能性の大きいほうを選ぶ
のが良いに決まっています。


アフィリエイトもご他聞にもれず苦労する稼業ですが、
効率よく稼げる展望が開けやすい点で、有望なのです。


どうせ苦労するなら、その見返りが大きいほうがいい
のではないでしょうか。アフィリエイトこそ、まさに最適
なビジネスです。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイト、稼ぎたいなら○を出せ、出ないなら●を出せ

2017年01月24日(火)

わたしがサラリーマンの駆け出しだった頃に聞いた言葉で
いまだに覚えているものがあります。


仕事をするには知恵を出せ。
知恵が出ないなら汗を出せ。



今なお、これは至言です。ズバリその通りです。仕事を前に
進めるために必要なものは知恵です。ちなみに知識では
ありません。知識など自分になくても他から持ってくるか
利用すればいいわけです。


ただし、知恵はそういうわけにはいきません。これだけは自分
で考え、経験して、実践することを積み上げなければどうする
こともできず、まして他から持ってくることなどできません。


しかし、経験が浅い、まったく未知の分野で実績がないという
ときには知恵などあるはずはありません。そのときは体を
張って汗をかきながら頑張るしかないのです。


以来、ずっとわたしはこれを信条にして仕事をしてきました。
最近サラリーマンの仕事だけでなく、アフィリエイトを個人
でマネごとのようにやっているのですが、アフィリエイトでも
これは当てはまります。


やっぱり必要なのは知恵なのです。円滑に進めていくため
にはPDCAを回さなければなりません。知恵と言うのはそれ
を回すための酵素のようなものです。


知恵がなければ、または不十分ならPDCA は回りません。
回したつもりでも的外れでまったく用を成しません。


そういうときはPDCAを回すよりも、もう一度テキストにたち返り、
総点検しなければなりません。これが汗をかくことに該当します。


どんな仕事でも、この知恵と汗がバランスよくタッグを組んで
いるわけです。


で、何年か経って人を使う立場に立った時もコレに則って指導
してきたわけです。ちょくちょくいるんですよ、知恵も出さない汗
もかかない人が。それも新人だけではなく、もう何年もそこに
いるベテランでさえも。


こういう人は、結局何も仕事をしていないんですよ。指示したら
指示した通りにしか動かない。それ以上のことに挑戦しようとも
しない。知恵も汗も出さないので指示したことは素直に聞きます
が、指示したうちの2割もできないし、気も付かない。知恵が身に
付くことなど、程遠いのです。汗もかいていないので。


こんなことで何年も過ごした人は本当に悲惨ですよ。齢ばかり
食っていても、周囲の人にどんどん遅れを取って、後から来た
人からも置いてけぼりを食らうだけです。たいていはそのうち
フェードアウトしてしまいます。


こういう人、サラリーマンだけかと思っていたんですが、アフィリ
エイトを目指す人の中にもいるようですね。アフィリエイトで
稼ぐのだって知恵が必要です。しかも知恵は誰も教えてくれ
ません。


ただし、汗をかかせてくれる指導者やテキストは充実しています。
そこで汗をかくことで知恵が身に付きます。そうしないと稼げる
ものじゃないんですよ。


実際、アフィリエイトはサラリーマンと違って、体を酷使して汗を
かくことはありませんがその本質は同じです。稼げないのは、
まだ汗をかき足りないのです。


稼ぎたいなら知恵を出せ。知恵が出ないなら汗を出せ。
ですよ。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

重税の代表、住民税。こうやってコレをチャラにしましょう。

2017年01月23日(月)

わたしたちが暮らす中で税金の納付は絶対に避けて通る
ことはできません。特に離職したときに収入がなくなったとき
などでも、税金の納付は情け容赦なく課せられます。


しかも、滞納しようものなら年利14.6%という、ヤミ金融も
顔負けの金利で追徴課税されてしまいます。特にその中で
いちばん怖いのが住民税でしょう。これは前年度の収入に
よって課税される上に、金額的にもかなり大きなものです。


また、家族構成が変わって扶養状況が変わると、金額も
大きく変わるため、注意が必要です。また、確定申告で
源泉徴収がゼロで還付がなくても、住民税額が控除される
場合があるので、申告はマメに行いましょう。


また、直接節税できるということではないかもしれませんが、
納税した以上は行政サービスは抜け目なく利用すべきです。


その中で最も利用価値が高いのが図書館の利用です。
地元の図書館で必ず手続きを取りましょう。あらゆるジャンル
で、必ず資料が揃っているはずです。また、図書館によっては
国会図書館の蔵書も取寄せて閲覧できますので、利用しない
のはあまりにもったいないです。


たとえばアフィリエイトで記事を上達させたいと思うのでしたら
ライティング関係の書籍を捜してみると良いでしょう。この場合
特に最新刊の書籍でなくとも十分に役立ちます。


また専門雑誌や新聞各紙もたいてい至近の1週間分は閲覧
できますから、記事ネタになりそうな時事関連の情報も入手
できます。


一度、お住まいの市町村の図書館で、どのような資料を閲覧
または貸し出ししてもらえるか調べた上で積極的に利用する
ことをお薦めします。うまく利用すれば、支払った住民税額に
見合うだけの情報を十分手にすることができます。


できれば休日の内の2~3時間を定期的に図書館で過ごすこと
も良い方法です。


利用すれば利用するほど役に立つのが図書館です。住民税
の節税にもなり、まさに一石二鳥です。


アフィリエイトの情報源としての機能も十分ありますよ。それ
だけでなく、趣味やレジャーでも、何でも利用できるのです。
利用しない手はありません。


そう考えると、サラリーマンにとって全然節税などできず、
取られ放題になっているのは消費税です。見返りもまったく
実感できませんし、あんな税金いい加減やめてほしいです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

バイトは時給×時間で稼ぎます。アフィリエイトは違います。

2017年01月22日(日)

お金を稼ぐことで決め手となるのが継続性と成長性です。
お金を稼いでも1回限りだとか、かけた工数に比例して
稼ぐというのは、そんなに難しいことではありません。


アルバイトやサラリーマンの給料、中でも残業手当などは
こうした色合いが強いものです。こうした稼ぎ方というのは
回数や工数によって単価が決まっているため、稼ぐにして
も、限界が見えています。


たとえば、時給1000円のアルバイトで1日8000円稼ぐために
は8時間勤務しなければなりません。それを倍の16000円に
しようとすれば勤務も倍の16時間働かなければなりません。


サラリーマンの給料とて同じことで、たとえば30万円もらって
いるとして、どんなに逆立ちして頑張っても60万円には、いき
なりなることはありません。それどころか、会社が人件費を
削減すれば、同じ労働でも給料は下がってしまいます。


アフィリエイトでもこれは同じことで、1回限りの報酬や、作業
工数に比例した稼ぎ方、または現状の稼ぎをそのまま継続
させることは、ある程度の実践を踏まえたらできないことでは
ありません。


自己アフィリやアドセンスなどは、この類といえます。しかし、
アフィリエイトの真髄はここからです。さらに規模を大きくする
ことで、段階的に稼ぎを増やしていく道筋をつけることが
できるのです。


ある人は扱う商品群を増やしていくことでお客さまをより広く
つかんでいきます。またある人は外注化を図って事業を拡大
していきます。またある人は自分の実績をもとに、セミナーを
展開するなどして後進の指導にあたります。


一番初めに稼いだ額はわずかなものです。でも、その額を
どうやればもっと増やすことができるか考えて実行すること
から始まります。


その最初の稼ぎだけで終わったり、それだけを何度も繰り
返しているだけでは成長することはありません。それだけ
ではビジネス性はありませんし、アフィリエイトと呼べるもの
ではありません。


やるからには成長性を追及しなければ意味がないのです。
そういう意味で、自己アフィリやアドセンスなどをまずやって
みてください。ここまではやれば必ずいくらか稼げます。


それをどのように成長させていくかを考えていくのが本当の
アフィリエイトであり、それをやることは誰でも自由にできます。
また、その方法は無限にあるわけです。


時給1000円のアルバイトは、1000円×労働時間でしか稼ぎを
あげることができません。しかし自己アフィリで1000円稼いだら、
その稼ぎ方を工夫することで、継続的に何十倍何百倍に稼ぎを
拡げることも可能なのです。


今日はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

毎日押し寄せる迷惑メール、そこにもヒントがあるのです

2017年01月21日(土)

アフィリエイトはそうそうカンタンにできるものではないという
実にわかりやすい事例があります。


アフィリエイトとの接点はブログ、サイト、メルマガなどです。
その中には、カンタンな作業ですぐに給料を上回る報酬を
手にすることができますというような内容であなたを巧妙に
誘いかけるものがあります。


中には、「へぇ~、そんなにカンタンに稼げる方法ってある
のか」 と興味半々で訪問したりする人もいるでしょう。


でもここでちょっと考えて気付くことがありませんか。
あなたは、カンタンにできるという触れ込みに興味を持たれて
その記事に立寄ったわけです。


実は、読む人の目をそこまで惹きつけることができる記事を
書くのは、そうそう簡単にできることではないのです。まして、
ラクして稼げるという、ちょっと胡散臭い内容のもので惹き
つけるのは、相当に高度な文章術を身に付けていないと
できるものではありません。


そこまでの記事を書けるようになるには相当のトレーニング
や実践が必要なのです。


その記事に書かれていることよりも、そうした記事で人目を
集めることができるようになるのが実に大変なことなのです。


また、そうしたメルマガやサイトを運営するのも、誰もが
いきなりできるものではありません。さらにサイトなどの場合は
文章だけでなく、そのレイアウトなども大事な要素です。


人目を惹く記事やレイアウトが書けることは、アフィリエイトを
はじめとしたネットビジネスで必須です。誰の目にも留まらない
ような記事で、お金を稼ぐことなどできないことは容易におわかり
いただけるでしょう。


もし、あなたが興味をそそられる内容の記事を見たときは、
その記事の内容よりもあなた自身の目をそこまで惹きつける
ことになった文章をどのようにして書けるのかという視点で
その記事を見て下さい。


そこであなたが興味をそそられたように、あなたも他の人の
目に留まる文章を書くことに興味を持つことができれば、
あなたはアフィリエイト上達への招待券をそこで入手したこと
になるのです。


ですから毎日うんざりするほど送りつけられてくる迷惑メール
も、考えようによっては教科書になるのです。


あなたがうんざりしたようなことをあなたもやれば、人は同じ
ようにうんざりします。あなたが興味を持った文章に出会ったら、
あなたも人に興味を持ってもらえる文章の書き方をそこから
学ぶことができるのです。


毎日やってくるメールをそういう対象で眺めてみるのも、なか
なかおもしろいものですよ。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。



諦めること、それは人生の中で取り返しのつかない大損です

2017年01月20日(金)

この世の中で、最も損なのはどういうものでしょうか。
大金を失くした、だまし取られた。大きな災害に遭い大切な
財産や家族を失った。入りたい学校や会社に入れなかった。


どれも悲しいほどに損なことばかりです。特に大事な人を
失うというのはまさに身を切られるほど悲しいもので、それは
とても損などという言葉で割り切れるものではないでしょう。


でもその一方でこうしたことを時間が癒してくれるのも事実
です。多くの場合、時間がたてば立ち直ることも可能です。


でも、ぜったいに回復することができないこれ以上の損は
ないくらいの損があります。


それは時間です。


寿命がどんなに長くなっても人生は有限です。その限られた
中で経過した時間をフイにすることが、これ以上のない損
です。


時間をフイにするということはどういうことでしょうか。それは
自分の意思で、今まで積み重ねてきたことをご破算にして
しまうことです。言い方を変えると、やってきたことを途中で
諦めることです。


たとえば10年かかって蓄えてきた財産を一夜で失ったとします。
言うまでもなくそれは大損です。失望のどん底に叩き落される
ことでしょう。しかし時間がたてば立ち直ってもう一度蓄財する
決意も生まれます。


そんな時、前の経験が生きて10年かかった蓄財が8年でできる
かもしれません。そうしたら、前回の損を見事に乗り越えること
ができたということになります。10年の蓄財の経験があったから
8年で蓄財できたわけです。


ところが、最初の蓄財がうまくいかず、8年で諦めて投げ出して
しまったとしましょう。そうすると次に蓄財を始めなければならなく
なったとしても、その経験を活かせません。前の経験はすでに
投げ出してしまっているので、経験としての蓄積ができていない
からです。


最初の蓄財にかけた8年がまったくムダになっているわけです。
人生が8年短くなったようなものです。その上、その8年の間にも
いろいろなものを消費しながら生活しているわけで、そのための
出費も考えれば、単純に8年短い寿命よりも、さらに損をして
いるわけです。


また、たいていの場合は損をしても、時間がそのダメージを緩和
してくれるものですが、損をした時間を、時間がカバーしてくれる
ということなどあるはずもありません。失った時間はいつまでたって
も、失われたままなのです。


ですからあきらめるというのは人生の中で、取り返しのつかない
損をするということです。ただ、それを投げ出してしまうのではなく
方向性を変えて進めるようにするならばその限りではありません。


人生を豊かにするためには何事にも果敢に挑戦することが
必要です。でも、簡単に諦めて投げ出してしまうのは、逆に大損
してしまうということです。


やると決めた以上は、何が遭っても決して諦めないことですよ。
それまでかけてきた時間は二度と戻りません。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

4割以上の会社で違法残業が、残業やめますか人生やめますか

2017年01月19日(木)

厚生労働省が1万以上の事業所を指導した結果、40%以上で
違法な長時間勤務をさせていた実態が浮かび上がりました。
この指導は残業が80時間/月を超える事業所になされてきた
わけですが、200時間を越える事業所も100ヶ所以上あったと
いう結果です。


600ヶ所以上で残業手当が未払いだったということで、最も
多い業種は製造業で1000ヶ所以上だったそうです。


改めて、勤務時間管理のルーズさが露呈した結果であると
ともに、労働者に犠牲者まで出しているこの問題に、いつまで
たってもメスを入れられない行政側へのもどかしさを感じず
にはいられません。


国はなぜ、これだけの問題が起こっているのに残業を禁止
にしないのでしょうか。それも、労働法では週40時間以内と
規定しておきながら、わざわざ複雑な例外規定まで設けて
いて、これを改正しようともしません。


一方、働くサラリーマンの側から見ると、率先して残業を
やらないようにしようとしても組織的なしきたりとか圧力が
あって、なかなか実行に移せない実情があります。


ですから、残業代が支払われなくても、残業しないと会社
に居辛いとか、自分の責任で残業しなければならないという
錯覚に陥ったりします。


何度も申し上げてきましたが、残業は悪の根源なのです。
もうこの辺で努めてやめるようにするべきです。会社が
それを阻止しようとしたり圧力をかけてきたりするのは違法
です。長い目で見れば、それは会社のためにもなりません。


まして、サラリーマンの賃金が下がってきてワーキングプア
と呼ばれるようになっている状況下で、報酬も支払われない
残業に甘んじていること自体、仕事にプロ意識がないと
言われても仕方ありません。


このままでは、ワーキングプアからも脱却することができ
ません。収入を殖やすためには副業も検討しなければなり
ません。そうなると本業と副業と2足のわらじを履くチカラが
必要になります。


本業の勤務で自己管理すらできないのでは副業などとても
おぼつきません。副業の基本は本業を時間内にテキパキと
済ませて、それ以外の時間を副業に充てることです。


この厚生労働省の指導結果は会社のほとんどがすでに
ブラック化してしまっていると考えるべきでしょう。となると
労働時間の健全化を実現するのは会社頼みではなく、
あなた自身が戦って勝ち取らなければならないのです。


もっと安定した生活を送りたい、楽しい人生を送りたいと
本気で思われるのでしたら、まずはあなたご自身で労働
契約を遵守すること、すなわち定められた勤務時間通り
に働いて、仕事を済ませる努力することです。


間違っても、手当すらくれない時間外労働などしては
なりません。そこから脱却できない人は副業もできません
し、収入を増やして人生を楽しむこともできないのです。


あなたはそれでも残業を続けますか。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございました。

成功へとあなたを誘う 「勘」 、これを持たない人はいない

2017年01月18日(水)

きのう、成功するためにモノを言うのは 「勘」 だと申し上げ
ました。アフィリエイトで実行、決断するときによりどころと
なるのも勘なのです。


このように申し上げると、決まって 「わたしは勘が鈍いから
向いていないんだよね」 と考える方がいらっしゃいます。


ここで申し上げなければならないんですが、「勘」 というのは
生まれつき備わっているものではないのです。100%後天的に
身に付くものなのです。


きのうも申し上げましたが、「勘」 を育むのは、人それぞれの
経験や実践です。何もしないうちから勘が鋭いなんてこと、
ぜったいにありません。経験や実践を積み上げるに従い、
徐々に身に付いていくものです。


「勘」 とは日々の実践と共に研ぎ澄まされていくものです。
ですからここでやってはいけないこと、それは 「自分は勘が
鈍い」 と決め付けてしまうことです。


そういうネガティブな自己評価をすることで、本当に 「勘」
が身に付くのを妨げてしまいます。また、それを逃げ道に
してしまい、実践の内容もおろそかなものになってしまい
ます。何をするにしてもベストを尽くすことができません。


「勘が鈍い」 と決め付けて人生を送ると、長い時間がたてば
大変な差になって現れます。本当に勘に見放されて、惨め
な老後を送らなければならないでしょう。


ですからもし 「自分は勘が鈍いほうだ」 と思っているなら、
即刻そう思うことをやめてください。勘が鈍いのではなく、
経験や実践が足りないだけなのですから。


また、勘が働かないから決断しなければならないときに
なかなか決められない優柔不断だと悩むこともあるでしょう。
実は、これも筋違いの悩みなのです。


決断を迷うのは勘が働かないのではなく、勘が鋭過ぎて
いくつもの選択肢がよぎって決められないのです。こんな
ときは決して焦って決断を急いではいけません。


許される限りじっくりと考えて最善策を決めるべきです。
優柔不断は必ずしも悪いことではありません。まして、勘が
働かないことでは決してありません。


本当に勘の鈍い人は、決断しなければならないタイミング
をつかむことができません。ですから、決断に迷うどころか
決断すべきときにそれに気付きません。


優柔不断な人は、本来今が決断すべきときだとわかって
いるから悩むのです。いくつもの選択肢が頭の中にどっと
湧き出るから迷うのです。


技術者のレベルを計る物差しの一つとして、あるデータを
見たときに、そこからどれだけの事実を把握できるか、
さらにはどれだけの次のステップの方向性を把握できるか、
ということがあげられます。


この、「どれだけの」 というのがまさに 「勘」 によるところでも
あるのです。そのときにあまりに多岐にわたる方向性が見えて
しまうと迷ってしまいます。優先順位を付けるのも一苦労です。


このように、「勘」 は成功へと進むのに大変重要なものです。
それは先天的に身に付いているものではなく、「勘」 が鋭い
から、物事をスマートに切盛りして進められるというものでも
ないのです。「勘」 と 「迷い」 は紙一重なのです。


どんなことがあっても 「自分は勘が鈍い」 などと思わず、自分
なりに前向きに少しずつ歩を進めることですよ。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトで成功する人、ココが他の人とは違います。

2017年01月17日(火)

何か行動を起こして成功するために必要なものは何か。
成功する人としない人とで、何が違うのか。この問いに
興味を持つ方は多いでしょう。


誰だって始めた以上は結果を残したいですからね。
まず結果を残すためには行動、実践を起こさなければ
なりません。これは必須ということになります。


でも、行動しても実践しても成功する人としない人は、
無情にも分かれてしまいます。それを分けるものは何か
ということになります。


それは、「勘」 です。


実はこれは受け売りでして、昔 「日本沈没」 というSF小説を
モチーフにした劇画がありましたが、そこにありました。


天変地異が頻繁に起こる日本で、いち早く日本が近々海底
に沈むと予見した田所博士という人が登場します。ある日、
政界、財界の黒幕というべき渡老人に出会います。


渡老人は立て続けに起こる異変から田所博士を呼び、今後
どうなるのかを問いかけます。そのときに田所博士に、科学者
に必要なものは何かと尋ねます。田所博士は一言、「勘だ」 と
答えます。


自然科学の科学者にとって最も大事なのは 「勘」 であり、勘の
鈍い者は偉大な科学者にはなれないし、偉大な発見もできない
と断じます。これを聞いた渡老人は一言、「わかった」 とうなずき
ます。


渡老人は、その後日本救済のプロジェクトを陰で立ち上げます。
田所博士をそのリーダーとして指名します。


ここでいう 「勘」 とはめくらめっぽうに鉛筆を転がして○か×か
を決めるものではありません。周到にデータを集めて、そこから
先に何が起こるのかを鋭く見極めるのです。


これをアフィリエイトに置き換えるならば、アフィリエイトで成功
するためには、PDCAをぐるぐる回して実践を重ねることです。


PDCAを1回回してその結果を評価、分析して結果に満足
できない、あるいはさらに上を目指すとき、それを元にさらに
PDCAを回します。


その評価、分析のよりどころとなるのは結局、「勘」 になる
のです。評価、分析を元に次にどういう行動を起こすか決める
のは、本人以外誰もできません。どんなに優れた指導者や
テキストでも、アドバイスはできますが最後に進め方を決める
ことができるのは当事者本人なのです。


勘が鈍ければ、正しい方向に自分を導くことなどできません。
今までに積み上げてきた経験やデータを、正しく次の道へと
つないでいくことはできません。


これはアフィリエイトに限ったことではありません。難関校を
めざす受験生、オリンピックのメダルを目指すアスリートなど、
高い目標を掲げてそれを目指す人に共通するものなのです。


では、勘を鋭くさせるためにはどうすればいいのか。それは
実践と経験を重ねてPDCAをひたすら回し続けることです。
どんな障害にあっても、へこたれずに回し続けるしかあり
ません。


この 「勘」 を養っていくにはこれ以外の方法はないのです。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

生活保護は恥?だったら年金だって失業給付だってそうですよ

2017年01月16日(月)

ネットのニュースで生活保護は恥なのかという記事を見ました。
確かに、生活保護を受けるのは後ろめたさがあります。周囲の
目も気になります。わたしは受けたことがないのですが、正直、
できたら受けたくないなと思います。


受けるときは、役所の窓口で、働く気がないの、とか、身内で
扶養を受けられないの、とか執拗に聞かれます。また申請後
に資産や預貯金、自家用車の所有などを事細かに調査され、
認可されないケースも多いです。何より申請したことを身内に
知らされるのも受けたくない理由でしょう。


でもなぜそのように思うのでしょうか。国などから受ける給付は
年金や失業給付などがあります。でもこれらの給付を受けるとき
は、何とも思いません。むしろ、給付条件に合致したら給付を
当たり前だと思っています。


では、なぜ年金や失業給付を受けて当然と思うのかというと、
給付を受けられるように、事前に保険料として納付している
からです。


それでは生活保護の場合、何も納付していないのでしょうか。
そんなことはありません。わたしたちはちゃんと納付しています。
税金という形で。ですから、年金や失業給付と同様、受けるとき
は堂々と申請してもいいのです。


失業給付は施しでもなんでもなく、憲法が認める制度なのです。
受けたからといって後ろめたいことなどありませんし、受けている
人に後ろ指をさすのも、ぜったいにしてはならない行為です。


もっとも、不正に給付を受けている場合は徹底的に糾弾するべき
ですが。


もし、あなたが何らかのトラブルで働くことができなくなり、しかも
就職したてで失業給付も年金も支給されない預貯金もないとなった
とき、どうやって当座の生活を確保しますか。


身内からの援助も受けられないとなったとき、生活保護以外に
何がありますか。


進んで年金を受けろと申し上げるつもりはないですが、年金だけ
は受けたくないと考えるのは如何なものでしょうか。まして、これ
からの世の中はどんどん不透明になっていきます。


いつ、誰にどんな災難がのしかかってくるか、想像もできません。
そんなときに、最後の救いの手として生活保護があると考える
だけでも、楽になりますよ。


失業給付を恥とするのではなく、年金や失業給付と同じように
生活を守る制度と受け止めておくことで救われる人も多いはず
です。


もうだめだと思ったら、ためらわず申請することです。恥じゃ
ないんです。もし、あなたに体力があれば、また機会を伺って
稼いだらいいじゃないですか。それまでは、堂々と給付を受けて
いいんです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

無料レポート紹介~Re:make ネットビジネス初心者へ決定版

2017年01月15日(日)

ネットビジネスは効率よく稼げます!。
費用や設備もほとんどかからず副業に最適です!。



興味はあるけど、ネットビジネスってよくわからない。
なんでパソコンを操作するだけでお金が稼げるの?
しかも、ちょっとやそっとの金額じゃない。


給料よりも高い金額が何回かクリックするだけで
稼げるなんて、にわかに信じがたい。なにをどうやって
そんなに稼げるのかわからないだけに、興味はある
けど、怖いよね。やっぱり一歩を踏むことはできないよ。


また、


やってみたんだけど、結果はサッパリ。言うとおりに
やってみたけど、言うことと結果とぜんぜん違う。世の中
ラクしてお金を稼げないのはわかるけど、やっぱり
ネットビジネスって、詐欺っぽいよね。


そういう方、多いです。わたしだって、ネットビジネスを
誰にでもわかるように、スグにはじめられるように説明
しろといわれても、よくわかりません。


わたしだって、よくわからないままに暗中模索でやって
いるんです。でも、暗中模索のままでずっとやっていく
ことはいいことなんでしょうか。

いいわけないでしょう。

わからないままやっていっても不安ですし、プランだって
立てにくい。実体がわからないのに、計画性を持ってやれ
と言っても、そりゃあムリというものです。


まして結果を出すなんて無茶な話で、挫折するか手元に
教材だけが空しく残ってしまうだけですよ。


結局、ネットビジネスってどんなもので、どう向き合えば
いいんだろう。


これって、これから始めようとする方にとって、永遠の疑問
なんですよ。みんな、実体をよくわからないまま始めなければ
ならなかったんです。


実体がわからないのに、「あなたのココが悪い」 とか 「ここは
こうすればもっとうまくいくよ」 と指導されてもピンと来ないのは
当然です。


もっと実体を知ることはできないのか。
そういう悩みに応えるレポートが登場しました。
それが、

Re:make

です。


タイトルを見ると、「えっ?、何コレ。リメイクって?」。
今まで紹介してきたレポートの中でも最短のタイトルですよ。


でも、このタイトルよく見ると実に深いです。リメイクって、
「ふたたび形づくる」 って意味ですよね。その通りなんです。
いままでネットビジネスが良く理解できずに結果を出せなかった
方、スタートを切れなかった方、改めてトライしようという意味が
こめられています。


なぜそんなことが言えるのか。


このレポートは135本以上の動画で構成されています。
それが、

  ・01章 ノウハウ
  ・02章 マインド
  ・03章 仕事効率化
  ・04章 心理学
  ・05章 マーケティング
  ・06章 コピーライティング
  ・07章 ブランディング
  ・08章 ツール&ソフト
  ・09章 WordPress構築
  ・10章 WordPressプラグイン


のチャプターで構成されています。
各章において3分程度の動画で、作者の皆川さんが直接
あなたに語りかけます。その語り方は回りくどい表現がなく、
聞いていけば、自然に頭に入ります。


だから、もっとよく知りたいと思えば関連する動画を繰り返し
見ることです。そうすれば疑問は解決してどうすればいいか
も、わかってきます。


まさに、

『ネットビジネス初心者向け教材の決定版』

としてふさわしいレポートです。


それだけじゃないんです。特典だってちゃんとそろって
います。メール講座に登録すればボーナスページ6件!
さらに講座を受講すればエクストラページ2件!!


あなたに皆川さんから直接配布されます。アフターケア
も万全なのです。


ネットビジネスの正体をつかめずに悩んでいる、どう
やって取り組んでいけばよいかわからず行動に出る
ことができない、そんな方にオススメのレポートです。


ダウンロードはコチラからどうぞ。


以上、Re:makeをご紹介しました。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

国民生活はまだまだ苦しい、そんなことココを見たら一目瞭然

2017年01月14日(土)

きのう、節約の第一歩は食費を切り詰めることだとお話
しました。食費の出費先の代表格がスーパーです。
ということは、スーパーの中を見てみると世相がわかる
はずです。


まず、だいたいスーパーはどこでも繁盛しています。車
で行くと、駐車場の空きを見つけるのもけっこう大変です。
店内もお客さんでいっぱいですし、レジは長蛇の列です。


ところが売上はというと、どこのスーパーでもあまり芳しく
ないようです。お客さんは多いのに売上がいまひとつ、
ということは客単価が伸びていないということです。


わたしのように半額品狙いで来るお客は売上にはあまり
貢献していないのは言うまでもありません。また、店内を
よく見ると、メモを見て買うものを探す人や、電卓を手に
商品を物色する人が目立ちます。


こういう人たちは、必要なもの以外は絶対に買わないぞ
という意思表示をしています。また、買いたいものでも、
限りなく安く抑えるようにして、買いたいものでも予算と
相談しながら優先順位をしっかりつけています。


わたしたちのサイフのヒモはまだまだ固いのです。食費
などの生活費をまだまだ切り詰めなければならないの
です。


きのうお話ししました半額品狙いの買い物でも、高齢者
の方が目立ちます。本来なら悠々自適の年金生活を送って
いてもよい人たちが、スーパーの半額品を買わないと生活
が苦しいというワケです。


日本はまだまだ不景気だということが伺えます。不景気
だから収入が少ない。収入が少ないから食費を切り詰める。
切り詰めるからスーパーの売上が頭打ちになる。だから
社会全体が不景気から抜け出せない、ということです。


それから、年金生活と思しき高齢者の方がスーパーの半額品
を買わないと生活できないというのも問題です。物価スライド制
で減額しているとはいえ、年金は今後も減額が予定されています。


スーパーの半額品を買いあさることでしか生活できないことが
日本国憲法に謳われている最低限度の生活なんでしょうか。 
そのうえ税金や社会保険料は負担増が目白押しです。


それに飽き足らず、政府は年金の運用益が伸びない場合は
今後も支給を減らすなどということを恥も外聞もなく言っています。
少なくとも政府は憲法の言うところの最低限度の生活保障など
微塵も考えていないと言っているのです。


わたしたちが払った年金を自分たちで勝手気ままに運用して
利益がないから支給を減らす、こんな無責任極まりないこと
がありますか。


それにひきかえ、海外には気前よく何億も何兆もお金を差し
出す。以前は何とも思っていませんでしたが、最近は国民の
窮状を尻目にこのようなことをされるのもいい気がしません。
海外援助もいいが、国民の生活が第一ではないのかと言い
たくなりますよ。


いずれにしても、これからはまじめに働いて毎月税金や年金、
保険料を天引きされても報われる見込みはありません。
自活できる手段を持つことが生活を守るために不可欠になって
きています。


まじめに働くって、いったいどういうことなんだろう。今、改めて
こんなことが疑問に感じられます。 


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。                                                                          

スーパーの値引き品の買い物、そこにもビジネスヒントがある

2017年01月13日(金)

生活を切り詰めるときに最初に節約するものは食費です。
外食を減らしたりするのもその典型です。


わたしもご他聞に漏れず節約生活を余儀なくされている
ので、食費の節約は避けて通ることができません。わたし
が節約手段として最も重用しているのが、スーパーの
半額品です。


売り出しによる値引き品ではなく、通常販売されているもの
で、ワケありで半額値引きシールが貼られたものです。
モノによっては半額どころか、1/3~1/4になるものもあって、
これはもう見逃せません。


わたしがスーパーで買い物をするときは特に食品はほとんど
がこうした値引き品です。週に2~3千円も買えば、結構おい
しいもの、ボリュームたっぷりのものが手に入ります。


食費を節約するからといって、年がら年中おなかをすかせて
いたり、食べたいものをガマンしてばかりというのもいただけ
ませんから。


だいたい半額値引き品というのは閉店間際に行って、運が
良ければたまに買えるというようなものでしたが、わたしは
半額品ばかり、山のように買ってきます。


なぜそんなことができるのか、結局は情報なのです。値引き
品などめったにお目にかかりませんし、出たとしてもすぐに
売切れてしまいます。そういう中で商品をゲットして
いかなければならないのです。


なぜスーパーが値引き品を売るのか、売るほうの立場に
立って、良く考えると答えが出てきます。その答えに従って
行動すればいいのです。


冷蔵庫の中がさびしくなってきたし、ちょうどヒマだから
買い物にでも行こうか、というのではまずムリです。


何事でも同じことです。節約して安く買うにはどうすれば
いいか、アフィリエイトなどのビジネスで稼ぐためにはどう
したらいいか、ここに共通するのは評価する人が介在して
いないということです。


ということは、あなたの考えと行動しだいで対策を施すことが
できて、それを受け止めて再び行動に反映して、ということ
を繰り返して実践していけば、必ず何らかの結果を得られる
のです。


たかがスーパーの半額品をそこまでして、と言うのは簡単
です。しかしそれを実行することで、そんなにひもじい思いを
せずとも食費を節約できます。仮に週2千円節約したとして、
年間10万円の節約になります。


さらにこの場合、節約とはいっても食事などの量や質を下げた
ワケではありませんので、実質的に収入が増えたようなもの
なのです。


おカネに関することを制するのは、何と言っても情報です。
そして常に相手の立場になって考えてみることです。これを
進展させていくことで、ムリなく節約できたり報酬を手にすること
ができるようになるのです。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

パソコンあるのにネットビジネスをやらない、もったいない!

2017年01月12日(木)

ネットビジネスに二の足を踏む理由のひとつがパソコンスキル。
パソコンの使い方がいまいちよくわからないとか、トラブルが
あったときに手も足も出せないというものです。


また、ネットそのものに不信感を抱き、フィッシングに遭うとか、
個人情報を盗み見されて悪用されるという心配によるものなど
さまざまな要因があります。


確かに便利なものほどリスクが大きいということはあります。
しかし、携帯とかスマホなどもリスクは大きいですし、電話
だって盗聴されていない保証などどこにもありません。預金
口座のATMなんて、それはそれは恐ろしいものですよ。


しかしいくらリスクが大きいからといって、そうしたものを
いっさいがっさい拒絶して生活することなど不可能です。


パソコンにしても同じで、苦手だとか危ないからといって
ネットサーフィンもしない、ネット通販も利用したことがない、
動画も見たことがないなどという人がどのくらいいるでしょうか。


パソコンをうまく使えないからネットビジネスに手が出せない
というのは、理由になりません。多くの場合、単なる口実に
しているか、そうでなければ非常にもったいない話です。


たしかに、ブログやサイトの運営など今までやったことのない
使い方が必要になります。でも、たとえばネット通販などを
利用されている方は、商品を購入するためにいろいろな登録
や設定をされたでしょう。


それと同じレベルなんですよ。なぜネットビジネスが注目される
かというと、パソコン以外のハードが何もいらないからです。
店舗、事務所、倉庫などの場所も要りません。商品を在庫しなく
てもやろうと思えばできます。先行投資も必要ありません。


ただし、ネットパソコンを使うのですから、フィッシングなどに遭う
リスクはあります。しかしそのリスクに対しても対策はあります。
ウイルスソフトなど、その一例です。


何か事業を始めるときに、これほど何もいらず大掛かりな準備
もせずに始められるものが他にあるでしょうか。そういったものが
必要ないわけですので、事業そのものに対するリスクはないと
断言してもいいのです。


事業に失敗しても損害はほとんどありません。しかし軌道に
乗ったならば、他の事業と同様大きな利益を得ることができる
のです。


これだけのチャンスに対して、単にパソコンができないという
理由で見逃してしまうというのは本当にもったいないのです。


宝くじだって当選確率はきわめて低いですが、買わない限り
当選することはありえません。この点に関してはネットビジネス
も同じで、実践しない限り実を結ぶことはぜったいにありません。


ネットパソコンをお持ちでしたら、体験する価値は十分ある、
それがネットビジネスなのです。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

世界に渦巻くポピュリズムの嵐、それに惑わされないために

2017年01月11日(水)

いま、世界中でポピュリズムの台頭が懸念されています。
世界中に蔓延すれば国家間の摩擦や衝突は避けられず、
一気に国際情勢は不安定になってしまいます。


この根底にあるのは経済格差が広まり、大多数を占める
中間層が貧困化することです。中間層の不満が爆発して
極端なポピュリストにリーダーシップを求めるわけです。


日本だって他人事ではありません。サラリーマンの窮乏
が言われて久しいですし、政治の体たらくを見ても、いつ
この嵐が吹き荒れてもおかしくありません。


こんなときに必要なことは、自己責任というわけではない
ですが、自分の人生は自分で切り拓くというマインドを
育むことです。


サラリーマンはずっと一流企業に所属することで、人生
をもそれに預けてきました。しかし今や、一流企業など
存在しません。


企業に依存することから、早く脱却することです。
ポピュリズムが台頭してポピュリストにリーダーシップを
求めること自体、そのポピュリストに依存しようとするわけ
ですので、本質的に依存体質に変わりはありません。


必要なことは、こういうときこそ自分の人生は自分で切り
拓くことのできる人になることです。


ただ、今の政治の体たらくを監視することは必要です。
と言うのは、がんばって人生を切り拓こうとしても政治に
足を引っ張られるのではたまったものでないからです。


求めるのは単なる思想に基づくリーダーシップではなく、
国民が安寧に生活できることを支援することと、それに
根ざしたところでのリーダーシップです。


いきなり彗星のごとく現れて、ああしますこうしますと言う
だけのことに惑わされるのは危険です。政治にもPDCAは
必要なのです。まずは実行する姿を見て冷静に判断しな
ければなりません。


また、ポピュリズムが台頭するとどんな世の中になるか。
それは歴史を見ると明らかです。過去にあった大きな戦禍
の原因をたどれば、どこかにポピュリズムの影が必ず見え
隠れしています。


それを防ぐためには、

  自分のことは自分で切り拓くというマインド

  政治に単なる理想だけを求めるのではなく、実行
  することを監視、評価すること

この二つを目指すことです。


いたずらにポピュリズムを信奉することは、結局自らの人生
をも破壊しかねない、歴史がそのように警告していることを
忘れないよう、冷静に考えていきたいものです。


今回はこの辺で。
お読みくださいまして、どうもありがとうございます。

副業容認の会社が増殖中!だけど、ぜったいに油断するな!

2017年01月10日(火)

最近は企業の中でも副業を容認してくれるところが増えて
きているようです。中には就職の際にダブルワークについて
照会を受けることも珍しくありません。


でも、だからといって好き勝手に副業をやっていいという
のは早計です。会社が想定している副業はたいていは
ダブルワークでのアルバイトのような勤務です。


アフィリエイトをはじめとしたネットビジネスについて、会社は
どのように考えているか確認した方が無難です。いくら副業
といえども社員が副業で本格的なビジネスを手がけるという
のは、会社もいい顔をしません。


そもそも会社が副業を認める背景は、支払う給料が目減り
していて、社員の生活を圧迫しているということを把握して
いるのでやむを得ず認めているということです。認めはする
が、推薦しているわけではありません。


裏を返せばこれは、会社は給料を払うがいままでのように
社員の生活の面倒を見ることは今後一切考慮しませんと
宣言しているようなものです。支払っている給料で生活が
苦しいのなら、副業でもやって各自で補填してくださいと
言うものです。


会社はいままで副業に対していい顔をしませんでした。
それは、

  副業に没頭して勤務に支障をきたす。

  副業することにより、会社のノウハウなどの機密事項が
  漏洩する。

こうしたことに懸念を抱いていたからです。まちがっても社員
の健康などを気遣って、というようなことではありません。


副業を認めるとはいえ、こうした懸念を拭い去っているという
わけではないのです。当然のことながら副業をやる以上、こう
いうことで会社に迷惑をかけないことは、たとえ会社にバレず
にやったとしても守らなければならないことですけど。


おそらく、副業を認めたのでネットビジネスをやるとなったとき、
会社はあくまでダブルワークのアルバイトしか認めないと言って
くるか、上の懸念事項に対して念書を記入させるかしてくる
でしょう。


ですから会社が副業ができるように就業規則を改訂したとしても
いままで内密にやってきたのでしたら、引き続きそのままで継続
する方が無難です。ただし、守るべきことを守るということは徹底
してください。


もし、メルマガなどを始めるならば、あなたの個人情報をそこに
明記する必要があります。もし、副業が認められるようになった
ので、メルマガを始めるというような場合は、バレる前に会社に
話した方がいいかもしれません。


会社が副業を認めるようになった主旨などを十分に考慮した上
で、ご判断ください。


ただ、公務員の場合は副業は一切ダメです。バレたら懲戒解雇
にもなりかねません。法律でしっかりと禁止されています。


いずれにせよ会社が副業を認めるようになったからといって、
大手を振って堂々とやっていいということではありません。


慎重に慎重を重ねて対応するに越したことはありません。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

できるところからやってみよう、アフィリエイトでもOKです

2017年01月09日(月)

何かに挑戦するときよく言われることで、できるところから
やってみようということがあります。これはアフィリエイト
にもズバリあてはまります。


いきなり高いカベに立ち向かうのではなく、自分にもでき
そうなところを見つけ、そこを攻略することで徐々に
ハードルを上げていくやり方です。


アフィリエイトでもいきなり50万とか100万も稼ぐことは
ムリでしょう。そこで、小額でもいいから少しずつ稼いで
いって、実績を作りながら目標をだんだん上げていけば
いいのです。


アフィリエイトの登竜門といえるのが自己アフィリです。
これは、お客さまを作る必要がなく、自分で購入操作する
ことで報酬が入ります。厳密に言えばアフィリエイトとは
言えないのですが、そのプロセスはまったく同じです。


ですから、お小遣い稼ぎや本格的にアフィリエイトを始める
にあたっての軍資金稼ぎに最適です。すでに実績を上げ
られているアフィリエイターのほとんどが、これをスタート
とされています。


次に、初心者向けといわれるのがアドセンスです。ここで
始めてブログの運営、またはお客さまが登場することになり、
本格的なアフィリエイトの出発点ともいえるでしょう。


あなたのブログに商品のリンクを貼っておいて、クリックして
もらうごとに報酬が入るのです。1クリックあたりの報酬は
数円~10円程度ですが、これが積もり積もれば大きな金額
になり、これで10万円くらい稼ぐ人も珍しくありません。


まずはあなたのブログを多くの人に見てもらわなければ
ならないので、文章術も必要になってきます。これが軌道に
乗ってこれば、レベルアップも可能です。


この2つの方法が、アフィリエイトの中ではかんたんにできて
成果も得やすいものです。少なくとも、一般的なアルバイト
よりはずっと効率よく稼ぐことができます。


ここまでをやってみて、本格的にアフィリエイトをやってみるか
どうかを決めてもいいでしょう。


ですから何か副業をやって給料の足しにでもなればとお思い
の方は、アフィリエイトがどうのこうのと考えるのではなく、
この2つをとにかくやってみてください。


ここまでならば、ビジネスマインドを持つに至らず、手順だけ
を追跡するだけで報酬が得られます。そこまでを実際に
やってみて、それから本格的に取り組むことでも十分意味が
あります。むしろ、その方が取り組みやすいです。


稼ぐのが難しいアフィリエイトですが、こういう手順を踏まえて
進めていけば、きっと突破口は開けます。


できるところから始めましょう。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

若者が高齢者より外出しない、一億総引きこもり時代の到来だ

2017年01月08日(日)

昨年末、国土交通省よりたいへん気になるデータが発表
されました。それによると家から外出する人の数が過去
最低になったとのことです。


人の動きという名目での調査ということですが、こういう
データが定期的に取られていたということにも驚きです。
それも1987年以降調査されているそうです。


それによると外出する人の割合は調査開始以来最低で
平日80.9%、休日59.9%だったとか。今までどういう経過を
たどってきたかはわかりませんが、平日はみんな学校や
職場に言ったりしますから高い比率になるのは当然で
しょうが、休日に4割近くの人が出かけないのは注目です。


特筆すべきは20代の休日1日あたりの移動回数が1.43回
で、70代の1.6回を下回っていることです。若年層の外出
が減り、高齢者のそれよりも少なくなっているのです。


また、買い物や外食などの使用外出も減っていて、就業者
よりも非就業者のほうが少なく減少率も大きくなっている
とのことです。


日本人は総じて引きこもりになり、特に若者にその傾向が
大きいということです。


サラリーマンでもその傾向はあるでしょう。たまの休日は
心身ともにクタクタで家でごろ寝。財布の中も寂しいので
外食はできず、買い物に出ても必要最低限のものを買う
だけというところですからね。


昼食も最近は自前の弁当で済ます人が多く、外食する人
も少なくなりました。就業後もどこかに繰り出してちょっと
一杯なんて機会もどのくらいあるでしょうか。


考えてみるとこの状況、たいへん深刻な問題を浮き彫りに
しています。外出しないということは、

 1.人と会うことがなく、人間関係が希薄になる。
 2.お金を使うことがなくなる。景気を直撃する。
 3.外からの刺激がなくなり、心身ともにマンネリ化。

この傾向がお年寄りよりも若者に顕著に出ているのです。
この調査が始まって以来、日本はバブル崩壊を契機に、
ずっと没落し続けてきました。


その象徴が、まさにこの調査結果なのです。そのあおりを
まともに受けているのが若年層ですし、この調査結果と
符合しています。


これは日本経済や福祉、人間形成に対する警告です。
若者は高齢者より現時点で引きこもりがちになってしまって
いるのです。このまま時がたてば、一億総活躍どころか、
一億総引きこもりになってしまいます。


このデータは日本の景気を何よりも鋭く表わしています。
1987年の調査開始時と同じような状態にならなければ、
日本の景気は回復したとは言えません。


一億総活躍の旗手の首相は、このデータをどのように
評価されていらっしゃるんでしょうか。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

違法残業80時間で社名公表、それに何の意味があるんですか

2017年01月07日(土)

違法残業があった企業や複数の過労死が起こった企業の
名前を公表すると、厚生労働省が発表しました。


それなりに国としての対策を考えているというのはわかり
ますが、まだ本質をわかってもらえてはいないようです。


いままでも違法残業が100時間を越えた場合に社名を公表
することは実施されてきました。しかし過重労働の問題は
一向に改善せず、犠牲者まで出したのです。


つまり、その条件がどうあれ社名を公表するというのは、
あまりに無力だったとしか言わざるを得ないのです。


従って、このようなことは応急対策にもなりえません。その
基準を100時間から80時間に切り下げるとのことですが、
どのようなシナリオを描いて対策になると考えているんで
しょうか。


社名を公表しても、悪意のあるところならば社名をさっさと
変更してしまうでしょう。でなければブラック企業など、
とっくの昔に根絶しているはずです。


厚労相は、過労死をゼロにすると決意を述べたそうですが、
本当にそう考えておられるなら、こんな生ぬるい応急対策
しか考えない厚労省自体に喝を入れてほしいところです。


違法残業がどうのこうのというより、そもそも残業をそう簡単
にできないようにするよう法整備をするのと、違反した企業
には重大な罰則を規定することではないですか。そして
労基署の権限も、それに応じたものにしなければならない
でしょう。


名前の公表など、その基準を厳しくしても何の対策にもなり
ません。それは今までの実態からもわかりきっていること
です。


そもそも日本型経営の下では残業は当たり前のことでした。
しかし、当時の会社はそれに報いてきました。それが現在に
至り、残業だけがすることが当然のまま残り、会社はそれに
報いることがなくなっているのです。


そういう習慣が悪い形で残っているため、残業するなと
いっても社員の方は後ろめたさもあります。それにタダ乗り
しようとする会社も中にはあります。社員には悪いところは
ないんですよ。日本型経営が悪い形で残っているのです。


そんなところに社名を公表と言っても、無意味です。こういう
悪循環を断ち切るには、すっきりした法整備が何より必要だ
ということが、なぜわからないんでしょうか。


まずは、100時間以上の違法残業があったときに社名を公表
することになっていたのに、なぜそれをキャッチできなかった
のか。なぜ犠牲者を出してしまったのか。そういうところで
猛反省するところから始めなければならないのではないですか。


国がこのような、自分たちには関係がない、対岸の火事だとでも
伺えるような対応では、とても厚労相が言われたようにはならない
ですよ。


もっと、当事者意識を持って議論していただきたい。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

不用品をオークションに出して稼ぐ、コレ実際にできますか

2017年01月06日(金)

引越しなどで出た不用品の処分をするときに、ネットオークション
を利用すると、結構高く売れてちょっとした小遣い稼ぎになる、と
言われます。


でも、ほとんどの場合はこれは?です。
ハッキリ言って、売れません。1円で即決にしても誰も見向きも
しないのが現実です。


不用品をネットオークションで売ってお金を稼ぐことは、あまり
アテになりません。


あなたが要らないものは、多くの人も要らないものなのです。
たまたま、欲しいと思っていたという人が入札してくれることも
ありますが、これは異例です。まして、わざわざ送料まで負担
して買ってくれるというのは、ごく少数ですよ。


また、出品するとなると結構大変ですよ。売り物の写真を多数
掲示したり、人を惹きつけるような商品説明を作成したりしな
ければなりません。また、出品する以上梱包や発送方法と送料
も調べなければなりません。


これだけやっても売れる見通しはかなり少ないですからね。
だいたい、オークションで売れるものというのは、マニアックな
もの、希少性の高いもの、今話題になっているもので入手困難
なものなどです。あなたの不用品はこのどれかに該当しますか。


家電品やカメラなどで新品かそれと同様ならばともかく、本当に
ガラクタに近いようなものが売れる見込みはありません。


まして、引越しで忙しいときに出品したり、梱包したり取引する
ヒマなどありますでしょうか。それだけの手間をかけただけの
価値どころか、ヘタをすれば手数料を差し引かれたら赤字
なんてことも。


まあ、そういうようなものはゴミに出して処分するか、業者の方
に引き取ってもらうのが妥当なところです。


もし、この話が本当かどうか疑っておられるのでしたら、一度
フリーマーケットをのぞきに行ってみてください。フリーマーケット
でも、ほとんどの方は不用品を集めて売りに出されています。


あなたが、コレだと思うものをそこで買えましたか。また、飛ぶ
ように売れているものがありましたか。それを思い起こして頂け
ましたら、おわかりいただけることでしょう。


オークションで利益を上げるのなら、売れそうなものを売りたい
人の代理出品とか、売れ筋のものを格安で仕入れてそれを
出品するようでなければならないでしょう。それなりにノウハウ
や人脈も必要です。


まあ、よほどのいわく付きの物でない限り、あなたにとって
要らないものは、多くの人にとっても要らないものだと考える
に越したことはないでしょう。


要らないものはゴミ箱へ、というのが無難です。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

忙しいと思うな、思ったらどんどん忙しくなる一方ですよ

2017年01月05日(木)

特に年末年始、何かととにかく忙しい、そう思いますよね。
でも、忙しいと思いながら作業してしまうとロクなことが
ないんですよ。


ミスして余計な仕事を増やしてしまったり、なぜか優先度
の低いものを先にやってしまったり、思わぬところでケガ
などしてしまったり。忘れたりウッカリが増えたり。


とにかく、よりによってなんでこんな忙しいときに、と気は
どんどん焦って忙しさのスパイラルにはまりこみます。


これ、何とかならないものでしょうか。


忙しいと考えない、やらなければならないことを早期着手や
分散化するというのがいちばんです。


忙しいと考えず、その作業を楽しむことです。楽しむため
には作業方法を変えてみることです。いつもの手順をちょっと
変えてみる。ひょっとすると思いのほか早くできるかも。


早期着手とは、押し迫ってからやらずに早い時期からできる
ものはできるだけ早く片付けてしまうことです。そうすると
精神的に余裕も生まれます。忙しいと余裕がないため、ミス
などが起こりがちになるのです。


忙しいのは、作業密度が高くなってそうなるだけでなく、忙しい
と思うことによることで精神的な余裕がなくなり、それがもとで
ミスなどをおこしてしまい、本来やらずに済むことをやらねば
ならなくなるような状態です。


とにかく忙しいと感じたときは、ちょっと手を止めて一息入れる
のが有効です。忙しいことより忙しいと思っていることが問題
なのです。


あわてて作業してもロクなことにはなりません。とにかく手を
止めて気を落ち着かせてから再開することです。


せいてはコトを仕損じる、ということです。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイター必須のネットバンキング、一見便利ですが

2017年01月04日(水)

アフィリエイトをやっていると、ネットバンキングのお世話に
なる機会が多くなります。いちいち金融機関で確認する
までもなく、アフィリエイトの延長でパソコンで決済できる
ので、アフィリエイター必須です。


ネットバンキングの場合、問題になるのはなんといっても
セキュリティです。そのためプラウザにどんどんアドオン
が追加されていきます。そうなるとまた新たな問題が起こり
ます。


私の場合でもこんなことが起こりました。


処理速度が遅くなる

アドオンが増えて更新もされれば、どんどん動作が重くなり
パソコン自体の使い勝手が悪くなります。使わないソフトは
アンインストールする。また、普段使わなくてもいいアドオン
はいったん無効にすることです。


サイトが開かなくなる

特ににインターネットエクスプローラーで多発します。ユー
チューブが開かなくなったり、ログインサイトが開かなく
なったりします。また、プラウザの動作停止も多発する
ようになります。

グーグルクロームなどではこういう問題も起こりません。
必要に応じてこちらを使っています。どうしてもインター
ネットエクスプローラーを使う場合はアドオンなして実行
させると改善することがあります。

ただしこの場合、ウイルスソフトは最新の状態にしておく
必要があります。


ログインできなくなる

特に困っているのがゆうちょダイレクトです。こちらは
フィッシュウォールの使用が前提になっていますが、
これをインストールすることで、逆に開かなくなるという
問題が起こっています。

ウイルスソフトを最新の状態にして、あえてフィッシュ
ウォールを外して使うか、プラウザを切り替えて対処
します。

そうでなくとも、ゆうちょダイレクトは結構使いにくい
のですが。


アドオンによってはウイルスソフトとの相性が悪く、こう
した問題を起こすことがあるそうです。そんなときは、
インストールしなおしたり、再起動したりしても改善
できません。


いまのところ、インターネットエクスプローラーを使わない
ことが最善策のようです。グーグルクロームの使い勝手
が良いようです。


便利になる反面、こうしたことが起こると本当に便利
なのかどうかと考えてしまいます。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

底が見えないスランプにハマったら、原点復帰が一番の治療法

2017年01月03日(火)

何をやってもうまくいかない。あれこれ考えて対策を打っても
ぜんぜん改善の兆しすら見えない。アフィリエイトをやって
いても、依然こういうことは結構あります。


本当に、もうやめてしまおうかと思ったりもします。
こんなとき挫折してしまった方の無念さ、ノウハウコレクター
の空しさがよくわかります。


ノウハウコレクターにはなるな、なんてよく言われますが、
誰だってなりたくてなったのではないですからね。


そんなとき、どうしたらいいでしょうか。重症のスランプに
なってしまったら、ちょとやそっと原因究明だなどといっても
焼け石に水にしかなりません。


そんなときは、思い切って減点に立ち返ることです。
始めたときから、もういちど洗いざらいチェックします。これ
は、振り出しに戻るのと同じです。もう何年もやってきたこと
をリセットするので勇気も要ります。


でも、そこは一度歩んできた道ですからリカバリーも意外と
早いものです。やはり初心に帰るということでしょうか。


テキストを見ると、進んでいくうちに手薄になっているところ
も結構あります。そういうところを修正しましょう。


こういうときは知識と知恵のうち、知識に問題がある場合が
あります。思い違いとかカン違い、あるいは単に知らなかった
気付かなかったと言うものです。


わたしの場合だとサイトのまとめ方はぶっつけでHTMLを
学びましたので、結構抜けがありました。ですから、作成や
修正にやたら時間がかかり、その分内容が手薄になったりとか。


原点の戻るといっても全てを失うということはないのです。
今までやってきたことをすべて否定するというのではなく、
違う視点で見直すといったほうがいいです。もちろんその場合
でも今までやってきたことは活用できるのです。


ですから、やってもやってもラチがあかないときは、小手先で
やっても方法が行き詰るだけなので思い切って原点復帰する
ことです。


原点に戻ってもいままでやったことが水の泡になることはあり
ません。その点はご安心ください。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

政府発表の給付型奨学金制度、これで救われる人っているの?

2017年01月02日(月)

給付型の奨学金制度が来年度から実施されると政府より
発表されています。これは政府によると一億総活躍プラン
の一環として実施するとのことです。


でも、その内容を見ると一億総活躍とは程遠く、給付には
大きな制限が設定されており、給付を受けたとしても学費
にも届かないほど小額です。


給付の条件が生活保護や非課税の世帯で、成績も優秀で
なければなりません。そこに学費にも及ばない金額しか
受けられないのです。


なぜ、こんな中途半端な制度しか作らないんでしょうか。
もっと多くの人にいきわたるような制度にするとか、学費
をもっと安くするとか、方法はいくらでもあるはずです。
一体どういう議論をした結果、こんなことになるんでしょうか。


こういう追及をすると、決まって財源がないなどという答え
が返ってくるでしょう。しかし、歳入、歳出の第三者による
監視もできない中で、財源がないというのは答えになり
ません。


ここでも政治家の怠慢が露呈しているということです。
こんな大した効果もない制度にしておけば、形だけ
作っておいて何となかるとでも考えているんでしょう。
ここまで来ると怠慢を通り越して卑怯ですよ。


こんなことばかり繰り返してきたから、日本は失われ続けて
海外からも取り残されているのです。国民は必死に耐えて
いても、政治家がそれに報いるような政治をしないのです。


技術大国に加えて教育大国でもあった日本。そのどちらも
未曾有の危機に直面しています。国土も狭く資源もない国
が、技術と教育をダメにしてどうやって生き残れますか。


政治家にそんなこと言っても何も変わらないでしょう、言って
もムダですよ、政治家のせいにしても始まらないでしょう。
そんな声もあるでしょう。でも、本当にそうですか。


国民が声を上げて正さないなら、一体誰がこんなだらけた
政治家たちを正すのですか。わたしたちはいつまで、失い
続けなければならないんですか。このままではこれから
生きていく若い人たちがあまりに哀れです。


その第一歩として、こんないい加減な奨学金制度など
ぜったいに認めるわけにはいきません。まずは、見て
見ぬふりなどせず、声をあげることではないでしょうか。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

今年はサラリーマン副業時代の幕開けだ!メリットだらけです

2017年01月01日(日)

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


今年こそ、サラリーマンの皆さんにはぜひとも副業を
始めていただきたいですね。


今年もサラリーマンは昨年以上に窮地に立たされます。
今の情勢では収入が安定して生活が楽になるとは、到底
考えられません。生活を助けてくれるのは、当面は副業に
なります。


それだけではなく、サラリーマンが副業をすることでこんな
メリットもあるのです。


メリットその1 自分でビジネスを組み立てられる

自分で考えて行動し、ビジネスを進めるというのはサラリー
マンでは絶対に経験できません。それにもかかわらず
リストラなどで職を追われたりするリスクもあります。

会社の組織に所属して仕事をすることしかできないように
育成しておきながら、都合が悪くなるとリストラ。実に理不尽
な話です。

それに対抗するためにはそういうことに遭ったときに、自分
だけの力で稼ぐことができることがベスト。

再就職しても前職を上回る収入は難しいですし、いずれまた
同じ目に遭わないとは限りません。


メリットその2 時間管理が身に付く

いくら副業をやるといっても、あなたはサラリーマンです。少なく
とも、給料よりも稼ぎが少ないならそちらが本業です。

本業そっちのけで副業というのはいただけません。本業に
影響が出るような副業のやり方はダメです。

となると、本業をきっちりとこなしつつ副業のための時間を
メリハリよく作り出すことが必要です。それも毎日確保する
ことがベスト。

そのためにもサラリーマンの仕事は時間内にテキパキと
こなして効率アップすること。残業は絶対に常態化しないこと。


メリットその3 人脈ができる

あなたの指導者、ごひいきのお客さまなどなど、副業を通じて
知り合えた方々は、あなたにとってビジネスを教えてくれる
先生です。

サラリーマンではぜったいにありえないところに接点ができて
いきます。まさにあなたにとってかけがえのない財産ですよ。


メリットその4 管理能力が身に付く

ビジネスをどのように成長させていくか、そのためには何をいつ
までにどのようにしなければならないか、そういう観点で変革を
進める力が付きます。まさにPDCAの実践力です。

ビジネスを維持するということは、資産を成長させることです。
そのままでは陳腐化していずれ消滅するだけです。成長なくして
稼ぎ続けることはできません。

そのためのプラン作成と実践を効率よく進められる能力、それ
が管理能力です。ビジネスには欠かせません。


メリットその5 あなた自身が変わる

副業ビジネスは、稼ぐまでが大変。だけどその一線を越えたら
自信が付いて、そこには成長したあなたがいます。ゼロから1を
達成できたとき、昨日までとは違うあなたがそこにいます。

サラリーマンだけではぜったいにできない成長をあなたは実現
できるのです。


副業を始めることで、これだけのメリットがあなたにやってきます。
ここでお気づきでしょうが、こうしたメリットは副業だけにとどまり
ません。本業のサラリーマンの仕事にも良い影響をもたらします。


本業でも効率化を進めることができるようになります。結果を
出せるようになります。たとえリストラされたとしても、再就職
で、いかんなくあなたをアピールできます。本業もひっくるめて
あなたのビジネス力アップに貢献します。


そんな副業ビジネスに、今年こそぜひチャレンジしてみてください。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

プロフィール

cumple

Author:cumple

くんぷりです。
ようこそおいで頂き、どうも
ありがとうございます。

あなた様は

番目のご訪問者です。

詳しいプロフィールは
こちらをご覧下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。