FC2ブログ

情報商材 アフィリエイト 副業 サラリーマン

情報商材アフィリエイト サラリーマンが副業で成功する秘訣

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治家は 「先生」 か?そう思うことが日本をダメにする!

2016年12月31日(土)

わたしたちは政治家や議員を 「先生」 と呼びます。昔から
ずっとそう呼んできました。また、政治家同士、議員同士でも
お互いに 「先生」 と呼び合っています。


これ、今後はぜったいにやめましょう。


彼らは先生ではありません。政治家になるには一定の年齢
に達していて選挙で当選すれば誰でもなれるのです。一般
に先生と呼ばれる教師、医師、弁護士などのように難関の
資格試験や専門の学科を履修しなければならないなどと
いうこともありません。


いわば、わたしたちが選ぶ学級委員や町内会長と同じ
ものです。わたしたちは学級委員や町内会長を先生と
呼ぶでしょうか。同じようにして選んだだけの政治家を
先生と呼ぶのは、おかしくないでしょうか。


その資格がないのに先生と呼ばれると、誰でもその気に
なって舞い上がってしまいます。今の政治家を見ていると
まさにそんな状態なのではないでしょうか。


だから、彼らは国民が望んでもいない特権や利権を定めては
思いのままにしています。お互いを先生と呼びあうのも、それ
を表しています。


よく思い出してください。今年一年だけを取ってみても、彼ら
が政治家らしいことをどれだけやったでしょうか。


経済、外交、原発問題、災害復旧、社会福祉など。何一つ
ロクな成果も出していません。なのに彼らはさもやったかの
ようにふるまっています。どんどん国民目線と離れていって
います。


国会中継を見ても、ただお決まりのことを儀式的にやって
いるか、ヤジと怒号が飛び交い、とても真剣に議論している
ようには思えません。大事な議案でも単に数だけで押切って
いるだけです。とても先生と呼ばれる人にふさわしい行動だ
とは思えません。


日本を元の元気な国に戻すためには、まず政治に正しく
リーダーシップを取ってもらわねばなりません。わたしたち
はそれに適う人材を選ばなければなりません。


しかし、その前にわたしたちは政治家を先生と思う、つまり
特別の人だと思うことを改める必要があります。政治家に
特別なものは何一つ要りません。まずはわたしたちがそう
いう意識を持って、彼らに対峙しなければなりません。


先進諸国で日本より先行している国の礎をつくったのは、
その国の国民です。政治家がそれを吸い上げてきちんと
制度化しているから、それが実現しているのです。政治家
と国民の役割分担が、明確に出来上がっているのです。
その意味でも政治家は先生ではなく、国民と同レベルです。


来年こそは日本もそういう国々の仲間入りができて、
かつてのような活気に満ちた国になってほしい、その元年
といえる年になってほしい。本当にそう思います。


今年一年、どうもありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

年賀状、今回限りでやめることに 実はホッとしてます

2016年12月30日(金)

今年限りで年賀状を送ることをやめる事にしました。恒例の
年末行事で長年送り続けてきたのですが、今年限りで
やめることにしました。


理由は簡単で、送ることが苦痛に感じられるようになった
ためです。昔は、毎年知り合いと送りあうことが楽しみ
だったのですが、ここ数年やたらと忙しく、だんだん億劫
に感じられるようになりました。


連絡を取るときにはメールなどでスグにできますし、枚数
も多く、費用も負担になったこともあります。それでも、
どうしようかと考えてきたのですが、実は今年のはじめの
年賀状を多忙のためにとうとう出すことができず、それが
きっかけになりました。


それでも、送ってくれた人にはその非礼をお詫びして、
今年限りで送るのを控える旨書いて出すこととしました。


これには賛否いろいろあると思います。正月の恒例の
挨拶なので、疎かにできないということもわかります。
わかりますので、どうしようか思案してもきました。


で、前回どうしても出すことができずじまいだったため
に今回を最後にしようと決心しました。


考えてみれば、日本の習慣の中でいちばん変わった
と感じるのが年末年始です。帰省しても普段とほとんど
変わりません。凧あげやコマまわし、羽根つきをする
光景も見なくなりました。獅子舞も見掛けなくなりました。


元旦は一家揃って家にいて家族だけで新年を祝った
ものですが、最近は営業するショップも当たり前に
なって、普段と変わらなくなりました。


今でも残っているのが年末の大掃除、年賀状、お年玉
と初詣くらいです。わたしの場合、大掃除は必要なとき
にやることにして年末にやるとは限りません。お年玉も
出す相手がいません。残る初詣と年賀状のうち、今回
は年賀状も取りやめることにしたわけです。


今回、最後の年賀状をポストに入れて、来年どんな反応
があるかわからないのですが正直ヤレヤレと思いました。
今後は必要なときに適切な手段で連絡を取るということに
なります。


ふだんから負担に感じていることは思い切ってやめること
も良い方法なのだと改めて感じています。やめることで
新たな負担を招くのであれば、もっとも負担の少ない形に
変えて継続することになります。


おそらくこれからは年末年始はよりいっそう変わっていく
でしょう。人口が減り、高齢化や核家族化が進むことが
それを促進するでしょう。盆暮れ正月に揃って休むことの
価値がなくなるのではないでしょうか。


正月3が日も3日は本当は祝日ではありませんが、多く
の会社では休日になっています。これも取りやめて
他の日に取れるようになるかもしれません。


年賀状くらい書いたらどうだという意見もあるでしょう。
わたしもそう思っていましたが、やはり苦痛を感じる
ならば、やめるのが正解です。


最後の年賀状を書いていて、昔は家族がみんな揃って
思い思いの相手に書いていたのを思い出しました。
みんなで書いているから、当時は書くのが楽しみだった
のだとしみじみ思いました。


世相が変われば、習慣が変わるのも仕方のないこと
です。無理に続けることによって負担になるのなら
思い切ってやめることも視野に入れてはどうでしょうか。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトは単独作業、だけど人間関係が大切なのです

2016年12月29日(木)

先日、守破離を守らないと人間関係を壊すという話を
しました。また、アフィリエイトで成功するためには
守破離を忠実に守ることがカギなのですが、アフィリ
エイトでも良好な人間関係は必要です。


どちらかといえば、1人で孤独に作業を進めるイメージ
があるアフィリエイトですが、意外と人間関係が大事な
稼業なのです。


考えてみれば、お客さまと面と向かうことなどない
ですし、そういう間柄でも信用されなければ話になら
ないわけですから。


世間一般では、人間関係が構築できるかどうか、
初めて顔を合わせたとき、3秒で決まると言われます。
第一印象が全てと言っていいのです。


第一印象だけでどういう人かわからないと言いますが
人間関係は第一印象で決まってしまいます。その
代表例が就職の面接です。面接室に入って着席するまで
の間に、採否はほぼ決まると言われますから。


アフィリエイトでも同じことが言えます。あなたのサイトや
記事を見たお客さまが商品を注文すれば、報酬が入り
ます。そのためにあなたは売れ筋の商品や、サイトの
レイアウトや記事のライティングを学んだり調べたりします。


お客さまがあなたの記事やサイトを見たときに、それを
見るか、そのまま削除するか決めるのが3秒だとも
言われます。これは第一印象と符合するものです。


どんなに売れ筋の商品をラインアップしても、
どんなに凝ったレイアウトのサイトを作っても、
どんなに魅力的なセールスライティングを駆使しても、


3秒で勝敗が決まります。


たった3秒なんです。ですからそこにはラインアップ
とかレイアウトとかセールスライティングなど、出る幕は
ありません。それ以前に勝敗を決める要素があると
考えるべきです。それが第一印象です。


第一印象というのは理屈でコントロールできません。
知識と知恵のうち、圧倒的に知恵が支配するものです。


コレを克服するには、すでに実績を上げている人の
テクニックを盗むしかありません。あなたを指導して
くれる人は、それをとことん教えてくれるはずです。
でもそれも、あなたの受け止め方次第なのです。


結局、それをうまく進めようとするならば指導してくれる
人に対して守破離を愚直に進めるということになります。


人間関係を決めるのは第一印象。しかしそれは単に
知識で学ぶものではない。だから、守破離を忠実に
守って試行錯誤を繰り返していくことになるのです。


結局、守破離と人間関係は密接につながっていると
いうことです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

今度は経費の擦り付け合いですか、もうやめよう東京五輪!

2016年12月28日(水)

2020年の東京オリンピック、もうやめるほうがいいんじゃ
ないでしょうか。会場のことでもめたかと思うと、今度は
国や自治体を交えて経費のなすりつけ合いに。こちらと
しては、何がなんだかただ呆れるばかりです。


だいたい、経費をかけずにコンパクトに開催すると言って
いたはずなのに、フタをあけたら1兆円を遥かに超える
経費がかかるのにはビックリです。相変わらず主役である
はずの選手や国民はそっちのけで政治の道具におとしめ
られてしまっています。


今一度何のために日本で、東京でオリンピックを開くのか
よ~く考えた方がいいんじゃないでしょうか。昭和39年の
時のように、戦後復興が完了して先進国の仲間入りを
果たし、国民がみな将来の発展に期待を寄せていたような
状況なら、盛り上がるでしょう。


それが現在のように20年も沈滞したままで先進国から再び
ドロップアウトしてお先真っ暗になってしまっているのに、
盛り上がっているのは政治家くらいのものですよ。


その政治家たちが何をするかと思えば会場や経費でもめに
もめているんですからね。そんなことでもめるくらいなら、
やらないことです。どちらにしても、いちばん可愛そうなのは
選手たちですね。オリンピックをめざしてがんばっているのに、
そのオリンピックが政治に翻弄されているというのは。


開催地が東京に決まったときはこれで日本が元気になる
きっかけになればとも思っていたんですが、もう考えも変わり
ました。こんなことなら開催を返上してください。


それだけの経費をかけるのならば、もっと国のため国民の
ために遣うことを優先してください。開催するならば日本が
以前のように元気になってからでいいですよ。


なぜ日本は政治家に足を引っ張られるような国になって
しまったんでしょうか。せっかく開催が決まったオリンピック
も、政治家にかき乱されてしまいました。


それに飽き足らず、今度は大阪で万博を開こうというの
ですから、もう手がつけられないです。政治家による
翻弄特急が爆走してますよ、国民そっちのけで。


何かをやろうとするたびに巨額のカネが動いて、結局
そのツケは国民に回されるんですから。


こういうことが続く限り、日本は沈んだままですよ。
どうなるんでしょうか、ホントに。東京開催決定のときに
言われた、「OMOTENASHI」 この言葉が空しく響きます。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

ロシア経済協力は食い逃げでないと首相、いや食い逃げですよ

2016年12月27日(火)

先日の日露首脳会談におけるロシアへの経済協力は
「食い逃げ」 だと言う批判が高まっています。国民の大多数は
ガッカリしています。


そんな中、首相は経団連との会合の中で、 「大事なことは
平和条約の締結だ」 とキッパリと否定されたとのことです。


それ、やっぱり食い逃げでしょう。なぜ、今日の今日まで
ロシアとの間に平和条約が締結できていないのか、
わかっていらっしゃらないのではないでしょうか。


ちゃんと平和条約を締結して、それから経済協力するという
のならわからないではないですが。それでも日本が負担した
分に対して、どういう国益があるというのか明確にする必要
はあります。


その平和条約締結には北方四島の返還が譲ることのでき
ない条件であるはずです。そもそも当時日本領だった南樺太
や千島列島は日本がポツダム宣言を受諾、つまり大東亜
戦争敗戦後にソ連に占領されています。


そのうち、南樺太と得撫島以北は日本が領有を放棄して
いるのでどうすることもできないでしょうが、それ以外の
北方四島は占領され続けるいわれはありません。


ロシア側の事情はどうか知りませんが、それを返還する
ことがまずありきの話です。それがなぜ、経済協力が
先になったりすることになるんでしょうか。


まして、返還した場合の米軍駐留がどうのこうのという
のはロシアには関係のないことで、不法占拠を直ちに
やめさせるようにするのが首相の使命です。


平和条約にしても、経済協力にしてもそれからの話
ですよ。領土返還がうやむやのまま経済協力など、
食い逃げ以外の何者でもないですよ。


いくら食い逃げでないと言ったところで、本当に食い
逃げされても、まったくおかしくない話ですよ。


それについて弁明されるのなら、北方領土の問題に
付いて、具体的にいつまでに何をどうするという
ストーリーを聞かせて頂かない限り、誰一人として
納得する者はいないでしょう。


それでも経済協力を今のままで進めるのなら、その
費用は首相のポケットマネーだけで進めてくださいね。
間違っても税金から捻出だけはしないように、これだけ
は申し上げておきます。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

守破離、コレを守ることができないと、人生を棒に振りますよ

2016年12月26日(月)

守破離という言葉をご存知でしょうか。アフィリエイトを
学んでおられる方は、どこかで一度はお聞きいただいて
いることでしょう。


これは、人がものを学ぶときの心構えについて説いた言葉
です。守とは、まもり。まだ駆け出しのときは習ったことを
習ったままに理解し、実行することです。


破とは、やぶり。全てのことを学んで実行し、それを体得
すれば、今まで学んだことを超えて自分のやり方をめざす
ことです。


離とは、はなれる。自分のやり方を完成させたら、その時点
で学んできた元から完全に巣立って独立することです。


アフィリエイトを学んで成功するためには、この守破離に
徹することが早道だといわれます。成功しない理由のひとつ
が守破離を守らず、守が満足にできていないのに、破や離
に飛んでいくことだといわれます。これもすでにご存知の
ことでしょう。


守破離とはアフィリエイトだけに限らず、何かを学んで自分
のものにしようというときに必ず通らねばならないものです。
しかし、この守破離ですが守らないと、もう一つ致命的な
問題を引き起こします。


それは、
人間関係を崩壊させるということです。


守破離の守の段階では必ず教えてくれる人が存在します。
もし、あなたが誰かに何かを教えるとき、その教える相手
というのはどういう人でしょうか。


たとえば、学校や職場においては教える人を選ぶということ
はできません。でもそういう場合、多くの人に一度に教える
ことになるのですが、気持ちよく教えられる人と、そうでない
人とに分かれます。


守破離を実践する人にとって、教えてくれる人から、そうで
ないすなわち気持ちよく教えられない人になることが問題
になります。


では、どういう人が気持ちよく教えられない人なのか。それ
は教えたことをきちんと理解せずに自分で勝手にやる人
です。また、教えたことに対して感謝、敬意を表さない人
です。


つまり、守破離の守ができていないのに、破や離にジャンプ
してしまうような人です。教える側の人は教える人を信じて、
時間や手間をかけて教えてくれているのです。せっかく教えて
も、そういうことをされたら教える気も失せるのは当然です。


教える人は、教える相手に教え甲斐があると感じると、親近感
や信頼感を覚えます。そうすると、さらに幅広く、いろいろなこと
を教えてくれます。


教える方と教わる方が互いに信頼関係を持つと、それは
財産になります。場合によってはお互いに教えあう機会も
あるでしょうし、別の人に紹介されて、また新たな教わる
機会を得ることができます。こうして信頼の輪がどんどん
広くなり、教わる機会も膨らみます。


また、本当に守をマスターして破や離のステージに立つ
ときも、教えてくれた人は協力を惜しまないでしょう。


ところが、いきなり破や離に飛び出してしまうような人に
対しては教えるのも嫌になり、ついには教えるのもやめて
しまってそれがもとで接触することも避けるようになって
しまいます。犬猿の仲になってしまう場合もあります。


ですから、守破離を守れない人は教えてくれる人との
人間関係を保つこともできず、何も学べないばかりか
孤立した人生を歩むことになるといっても過言では
ないのです。


人間、生まれたときは何も知りません。教わることに
よって成長していくのです。守破離を守らないことは、
人生そのものを孤立させてしまうほど大きな災いに
なって、返ってくるのです。


教わり上手をめざすことですよ。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトってどうも怪しい、そんな人に見て欲しいデス

2016年12月25日(日)

メルマガなどで高収入の仕事の勧誘などがよく来ます。カンタン
な作業を短時間やるだけで10万円くらいすぐ稼げる、小学生
でも高齢者でもスグに稼げた、などと相変わらずの景気のよい
話が花盛りです。


で、その内容を見てみると何をやって稼げるのか、なぜそれを
やることでそれだけ稼げるのか、よくわかりません。


また、実際にそういうところに参加して、実際に稼げたという
話も身近で聞いたことがありません。


実際、ネットビジネスはそうカンタンに稼げるものではない
ですし、そんなにカンタンにあっという間に何十万も稼げる
ことなどあるはずがありません。


ただ、稼げる資産を構築できれば話は別です。それさえ
できれば小学生でも高齢者でも、クリックひとつで10万円
稼ぐことも不可能ではありません。


その資産とは、一言で言えばお客さまをつかむことになる
のですが、そんなことがいくらなんでもいきなりできるはず
などありません。


だったらそういうメルマガなどは詐欺なのかというと、まん
ざらそういうことではないのです。稼げるための資産さえ
築くことができたら、そこに書かれてあることが事実だという
こともあるのです。


いちばん肝心の難しいところには一切触れず、最終的な
結果だけを示してモーションをかけているわけです。


当然読んだ方は戸惑います。まさか、こんな勧誘記事を
見ただけでいきなりやって大儲けしようなんて人はいない
でしょう。多くの人は疑いの目を持って、冷ややかに受け
止めます。で、アフィリエイトやネットビジネスは怪しいと
いうイメージを持ってしまいます。


せっかくネットビジネスに何らかの興味を持ったのに、
懐疑的な目で見る結果になってしまいます。


そういう方々にお願いします。
もう一度、もう一度だけ今度は無料レポートを読んでみて
ください。その無料レポートにもアフィリエイトで成功したら
大きな財産を作れることが書かれています。


ですが、そこに到達するまでにどういうことをやらねば
ならないかも、包み隠さず明らかにされています。きっと
あなたは、その大変さにたじろいでしまうかもしれません。
自分には無理だと思われるかもしれません。


でも、そのときにアフィリエイトとは、ネットビジネスとは
どういうものかを今度はしっかりと知ることができます。
その上で、やってみたいかどうかを冷静に考えてください。


興味を持ったらその次にすることは、興味対象を正しく
知ることです。そのときに役立つのはアフィリエイトや
ネットビジネスの場合勧誘のメルマガではなく、無料
レポートなのです。


アフィリエイトに興味のある方、アフィリエイトを詐欺だと
疑っておられる方、一度無料レポートを読んでみて
ください。


以上、今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

日本は再び光り輝く国に立ち返る、ただしコレができたらの話

2016年12月24日(土)

日本は人口が減少しています。国勢調査においてもいよいよ
それが現実となりました。さらに悪いことに高齢化も加速して
いきます。ということは労働力人口も加速度的に減少していく
のです。


ここまで書くと、将来を考えると誰でも恐ろしくなります。しかし
この国は、まったく知らん顔なんですよ。人口減少を食止める
わけでもなし、国民レベルの経済立て直しを率先して進める
わけでもなし。


ただやろうとしていることは、財源不足が言い訳の増税と負担増
だけです。人口減と高齢化というマイナス要因に加えて、国を
滅ぼすことに加担してしまっているんですよ、それも政府がですよ。


この状況下で直ちに何とかしなければならないことがあります。
それは、増税でも負担を増やすことでもありません。労働生産性
を上げることです。早い話、仕事の効率を上げろということです。


そうでなくとも、日本の労働生産性は諸外国に比べて低いことが
指摘されてきました。現在でも先進諸国からどんどん水をあけら
れています。開発途上国からも猛追を受けています。


労働時間を短くする反面、ガンガン稼いで空いた時間にガンガン
遣うことで経済は好転します。また増税などしなくとも税収は
上がり、福祉の財源も確保できて高齢化を支えることができる
のです。


バブル崩壊以後、日本経済は低迷したままですが、この原因の
ひとつは労働生産性の低さではないでしょうか。特にこのところ
サラリーマンの貧困化が進んでいます。そのツケを人件費に
回しているということです。


タダでさえ生活が苦しくなっているところへ増税や負担増が追い
打ちをかけているのです。これでは悪循環もいいところです。
労働生産性向上の狙いは、労働負荷を軽くし、さらに収入も
安定化させることです。


これは国や会社だけに一方的に押し付けることだけで実現する
ことはありません。働く側も工夫する余地はたくさんあります。
前にも言いましたけど、仕事を定められた時間内に片付ける
クセをつけることです。


これが経済を回転させるもとになるのです。労働時間を減らしても
会社の収益は落とさない。その条件下でさらに収益を上げること
を目標にする。労働時間が減った上で収入が増えると生活に余裕
が生まれます。


そうすると消費は活性化して税収も自然に増えるのです。そうする
と福祉の財源も安定的に確保できるわけです。


まして、労働力人口は急減するわけですから、こうした取り組みが
急務となるわけです。


わたしたち働くものはみな、できるところから効率化を図っていか
なければなりません。国も早くこうした動きを加速させる政策を
実行してほしいものです。それしかありませんよ、日本を再び
輝く国に蘇らせるためには。


今日はここまで。
お読みいただきどうもありがとうございます。

実践が苦手、気持ちはわかりますが放置すると怖いですよ

2016年12月23日(金)

アフィリエイトを上達させるのに、一番大切なことは実践
することです。学んだことを自分で実際にやってみないと
意味がありませんし、成果が出せるわけがありません。


多くのアフィリエイターさんは、サラリーマンの副業で
アフィリエイトをやっている人に、学ぶのはいいけど実践
するのが苦手な人が多いと言います。


しかし、サラリーマンの仕事でも大切なのはアフィリエイト
と同様に実践なのです。学んだことを自分でやって、それ
で手ごたえを感じていかないとぜったいに成長しません。


学ぶだけでは知識は増えるかもしれませんが、仕事を
円滑に進めるための知恵は身に付きません。知恵は
実践することで初めて得ることができるのです。


ということは、サラリーマンだけがおしなべて実践が苦手
ということではなさそうです。


ではなぜ人は実践に二の足を踏むんでしょうか。それは
失敗が怖いからです。失敗すればやってきたことが
すべて水の泡になってしまいます。協力してくれた方にも
迷惑をかけます。上司からも叱られます。


できることならやってみたい、好奇心は誰にでもあります。
しかしこうしたことがネックになって板ばさみになり、実践
するのに躊躇するのです。


その気持ちはわたしもよくわかります。でも、実践しなければ
ならないときにやらずに機を逸してしまうことの方が、先々
もっと恐ろしいことになります。


わたしもすでに還暦を迎えたのですが、わたしと同年代の人
でもまだいるんですよ。そんなことやったことがないので、
できませんとか、まだ慣れていないのでできませんなどと
いうことを平然と言う人が。


もう、人生も後半に入った年齢でよくそんなことが平気で
言えるものだとあきれますけど。もしあなたのパートナーで
あなたよりずっと年齢の進んだ人でこんなことを言われたら
あなたはその人と組んでやっていきたいですか。


中高年の財産は経験だけなんですよ。実践を踏まえた経験
が不足していると、未経験のものに出くわしたときに手も足も
出ないのです。歳を食って、こういうことになると悲惨ですよ。


ですから、機会があるうちにどんどん実践してください。


失敗して損害を出したとしても、実践に二の足を踏んで機会
逸失による損害よりは小さいです。


失敗して誰かに叱られるのなら、叱られてください。何も
やらずに後ろ指を差されるよりはずっとマシです。


失敗して誰かに迷惑をかけるとしても、それはお互い様です。
あなたが迷惑をかけた相手も同じように誰かに迷惑をかけて
成長しているのです。


あなたの好奇心を大切にすることを優先してください。できる
限りのことをやって、それが失敗したとしても長い目で見れば
それは失敗ではありません。それは必ず次のステップに役たち
ます。失敗は成功の母と言うじゃありませんか。


実践を怠ると、そういう失敗の怖さなど足元にも及ばない本当
の怖さがあなたを襲います。それはあなたがベテランの年代
に差し掛かったときに発する 「できません」 という言葉です。


中高年になってからの 「できません」 は、一言発しただけで
人生を終焉させるに等しいほど壊滅的なのです。


ですから、今のうちにどんどん実践してください。叱られようが
迷惑をかけようが、あなたの好奇心を最優先にすることです。
前向きに実践する限り、こうしたことは許されるのです。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

仕事の結果も評価次第、正しく評価するために必要なのがコレ

2016年12月22日(木)

定量的と定性的、この互いに相反する言葉をご存知で
しょうか。昨日のお話でも使いました。相反する意味だけ
でなく、どちらを心がけるかで、サラリーマンにしても
アフィリエイトにしてもその成果は雲泥の差になって
表れます。


定量的とは具体的に数字などを使って誰が見てもわかり
やすく、個人差の影響を受けることなく同じ水準で比較
評価できます。


一方定性的とは、数値化できないような抽象的な表現で
比較されるため、個人差が表れやすく同じ水準で評価する
ことが困難です。人間の五感に訴えるような評価などが当て
はまります。たとえば手触り、風合い、味覚や臭い、色など
です。


これらの中には数字で表現できるものもありますが、実態と
異なる場合もあり、実感を直接数値化するのは難しい
ようです。


もうひとつの例では、化学分析で大別して定性分析と定量
分析が挙げられます。定性分析ではどんな物質が含まれる
かまでしかわかりません。定量分析では、どんな物質が
どれだけ含まれるかまで判別できます。


加工食品の成分表を見ると、たんぱく質が何グラム、脂肪が
何グラムというように表示されていますが、これは定量分析
の結果です。


また、地球から遠く離れた恒星や星雲など、水素、ヘリウム
などがスペクトルから分析されますが、その比率までは突き
留めるのは困難です。こちらは定性分析の代表例です。


あなたの仕事の成果も定性的か定量的かのどちらかで評価
されます。それが客観的に次のステップにつなげることが
できるためには定量的でなければなりません。


それを定性的に気合を入れて頑張ってやったと結論付けても、
それで次はどうするの、と聞かれたときに的確に説明できる
でしょうか。もっと頑張りますと胸を張っていっても、「あ、そう」
ぐらいにしか言われません。


どんなに頑張ってやった仕事でも、それが具体的に評価され、
次に生かされなければ徒労に終わるのです。


定量的に、その仕事で付与した付加価値は1個当たり1000円
とか、この作業をこなすのに、2.5工数を要したと言えばそれを
具体的に評価でき、次のステップで何をめざすのかも、よく
わかります。


ですから仕事の結果を数字で表現することは重要なのです。
個人的には、そういう結果を数字だけで評価するというのは
あまり好きではないのですが、それは通用しません。


具体的な数字があるということは必ず単位もあります。仕事
の場合の単位は円、工数、時間、件数などをよく用います。
あなたの仕事の結果もこうした数字で表現することができる
ようにしなければなりません。


頑張ったのなら、それをどのように数字で表現するのか、
それを考えると良いでしょう。よく、数字で報告しろということ
を聞かれると思いますが、その意味はここにあるのです。


まずは仕事の結果を数字に置き換えて表すこと。その上で
比較評価して報告するクセをつけることが、デキる仕事を
することの第一歩と言えます。


どんな仕事でもやれば良きに付け悪しきに付け、結果は必ず
残ります。それを数字を使って表現できるワザを身につける
ことも、仕事ができる条件の一つです。


仕事を測る物差しは数字しかない、これを念頭において
ください。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

仕事を変えるということ、それはズバリこうすることですよ

2016年12月21日(水)

今日の話は昨日の続きです。サラリーマンの働き方を変える
コトについて、もう少し掘り下げてみましょう。実際、変えると
いうけど何をどうすればいいんだよ、というものです。


まずひとつお聞きしたいのですが、あなたがサラリーマン、
派遣社員、アルバイトなどで働いていると仮定して、

いま、仕事に追われていませんか?

もし、これがイエスならあなたはすでに過労で追い詰め
られる入り口に立っています。すぐに追われているモト
をたどって、手を打つ必要があります。仕事は追われる
モノではなく、追うものです。


まして、追われまくってやり残しや持ち帰りなどが発生して
いるならばもはや重症です。


そもそもあなたが1日の労働時間内でできる仕事はどれ
だけか把握されていますか。仕事を指示されて、それが
定められた時間内に片付けることができるかどうか即座
に答えられますか。まず、それができなければ話になり
ません。


そのためには、目の前にあるものを片っ端から手をつけて
いくようなやり方は改めなければなりません。いままでに
やった作業 (注!:仕事ではないですよ、作業です) で、
作業ごとに作業内容、作業量、所要時間を凡そでいいので
リストアップしてください。


別に仕事ごとに割り振る必要はありません。あなたが多く
携わる作業、手こずった作業、思ったよりもすんなりこなせた
作業など、思いつくままに上げていってください。


同じ作業でも、量がちがうことがあればそれも上げていって
ください。作業量と所要時間は必ずしも比例しません。それ
は作業量に関わらず、必要な段取りは一定だったりする
からです。これも改善のヒントになりますのでお見逃しなく。


そして、仕事の指示を受けたときにどういう作業をどれだけ
するというようにその仕事を分解して、リストアップした中
から、その仕事が終了するまでどれだけの時間がかかる
かを見積もるのです。


もしそれが規定の時間を越えるのであれば、それ以上の
仕事を引き受けてはいけません。来ても断ること。


そして、それを実際にこなして最初に見積もった時間との
差異を把握すれば、あなたの見積もりの精度がわかります。
次に作業するときの見積もりが、より正確にできます。


それで終わりではありません。
あなたがもっとも手こずっている作業をピックアップします。
その手こずっている原因は何かを洗い出してください。
作業が難しいから、必要な道具や治具がないから、などなど。


原因がわかれば手を打てます。手を打って効果がなければ
その原因は間違いです。スグに他の原因を探ってください。
そして、少しずつでいいのでその作業のスピードを向上させて
いってください。


ただし、ここでは無理してスピードをアップするのはぜったい
にダメですよ。作業を改善することで、フツーにやってアップ
しなければ無意味です。


それを積み重ねることで、規定時間内にこなせる作業量を
増やすことができます。そうすることで初めて余裕が生まれ
ます。余裕が生まれなければ、仕事に追われることから
逃れることはできません。


このように、あなたが出来る仕事の量を常日頃から熟知して、
その上でそれを向上させるような対策を取っていくことが大切
なわけです。この向上させることこそ、仕事を追うことです。


それをきちんと定量的に把握して、それを超えるような仕事
を引き受けないことです。当然それは交渉ごとになります。
だからこそ、定量的に把握して武装することが必要です。
ここが定性的だと相手に論破されて、結局無理な労働を
強いられるだけですから。


さらに、これを定量的に把握することで、あなたの仕事をお金
に換算することもできます。これをこまめに繰り返していくこと
で、無理なく効率的に仕事をこなしていくことができるのです。
これを進めていくことで、あなたは仕事のプロになることができ、
経営に参画することにもつながっていくのです。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

過労自死、深刻な問題を投げかけてます。そうならないために

2016年12月20日(火)

過労自死の問題が話題になり続けていて収束する気配が
ありません。それほど深刻な状況になっています。


ほんと、サラリーマンくらいじゃないでしょうか。仕事が直接
引き金になって、うつ病を引き起こしたり自殺にまで追い
込むことがある職業というのは。


なぜ、サラリーマンにこういう不幸が襲いかかってくるので
しょうか。それは、サラリーマンつまり労働者には、給料は
自分で稼ぐものではなく、会社に払ってもらうものという意識
があるからではないでしょうか。


一方で、一部の使用者にも労働者には自分がカネを払って
やっている、いわば金食い虫のようなものだという見方をする
人がいるように思えます。特に昨今の経営環境が厳しい状況
で、そういう人も増えてきているように見受けます。


昔もそういう風潮がなかったわけではありません。しかし、労働
組合の力も今よりは強かったですし、使用者側も労働者を家族
のように考えて、一生面倒をみてやるからうんと働けというような
ところもあって、それなりにバランスが取れていたのです。


労働時間にしても残業にしても昔は今よりも多かったかもしれ
ません。しかし、会社が面倒を見てくれる、今苦しくてもガマン
すれば報われる、今のガンバリを誰かが見て評価してくれると
いう思いがあって、それが救いになっていました。実際、それが
事実だったりしていましたし。


ところが今はガンバッていても誰も評価などしませんし、会社に
とって労働者は使い捨てのようなものになってきているので、
働く人は忙しい中でどんどん追い詰められてしまいます。この点
で会社は全てがブラック化してきています。


それでも食べていくためには、どんな理不尽にも耐えて働くしか
ないと思い込んでしまうのです。その結果、命を落とすまで働き
続けるという悲しい結末を迎えてしまいます。そんなサラリーマン
のどこを責められるでしょうか。


しかしこれは会社だけが悪いのではなく、バブル崩壊以降
本質的に経済状況が好転しないままになっていることがあります。
世界的に見ても日本企業の生産性は先進諸国の中でも劣って
おり、この状況下でこれが重荷になっているわけです。


これを改善するには、まず法制化を今よりもっと強制力のある
ものにすることです。たとえばサブロク協定による例外を除外
して週40時間労働を固定化し、これを超えて働かせた場合は
罰則を設けるなど。


また、残業代も割り増しがあるので労働者側もこれを容認して
しまいます。そのため最初から最低賃金を現状より25%程度
上げること。ただしこれには抜本的な生産性向上が不可避な
ため、すぐに実現するのは難しいでしょう。


それ以前にサラリーマンの意識を変えることが必要です。給料
は会社が払ってくれるものではなく、あくまで自分自身で稼いで
いるものだということです。


当然のことながら、それに見合った働き方に変えていく必要が
あります。あなたの仕事をお金に換算できる能力が不可欠です。
あなたの仕事で得られた製品やサービスが、いくらの売上に
なる。


そこから、原材料などの諸経費や諸費用を差し引いた残りが
利益であり、あなたがそれを創出しているのです。それがわか
れば、さらに効率を上げて利益を大きくするためにはどういう
働き方をすればいいかも見えてきます。


決して、長時間かけて働けばいいわけではないこともわかって
くるでしょう。きっぱりと決められた時間内で効率を上げること
がいちばん重要なのです。


それでもなお、サビ残など要求するような上司や経営者に
対しては、無視するかとことん戦って構いません。すでに重要
な働き方がわかっていてそれを実践していれば、それが
できるはずです。


あなたは会社からカネをもらっているのではありません。会社
の経営に参画しているのです。その役割もはっきりとわかって
いるはずです。その観点で議論すればいいのです。


働くことに対して、こうした考えになれば過労自死などという
こともなくなるでしょうし、もうひとつ見落とせないメリットが
あります。


それは、サラリーマンが副業ビジネスを始めるときの障壁が
なくなるということです。


サラリーマンが副業や脱サラをしても大半は挫折してしまい
ます。それは、これと同じようにサラリーマンのお金の稼ぐこと
に対する意識によるためです。


お金は自分で稼ぐものではなく、お上が払ってくれるものと
いうのでは、自分で事業などできるわけがありませんし、
やっても他力本願から抜け出せないのは当然です。


あなたがサラリーマンで、これからも生き残りたいと思うので
あれば、まず働くことへの意識を変えていくことが大切です。
それが副業ビジネスだけでなく、あなたの健康や命さえも
守る源になるのです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

日露首脳会談、結局あれっていったい何だったんでしょうか

2016年12月19日(月)

先週、日露首脳会談が日本で行われました。終わってみれば
あれって一体何だったんでしょうか。


念願の北方領土はまったく動かず、ただ巨額の経済資金援助
を取り付けられただけ。しいて言えば、北方領土に入れる自由
度がいくらか大きくなることくらいでしょうか。


とりわけ、元島民の方々の落胆ぶりは、さぞ大きいものであった
ことでしょう。事前に総理に嘆願書まで托されていたのですから。


だいたい開催前に大統領は北方領土は絶対返さないと言って
いた一方で、わが国総理は返還は難しいだろうと。もう始まる
前に勝敗は決まったようなものでした。


でその結果北方領土は案の定帰らず、経済援助3000億円を
払うだけの結果に。当の大統領は3時間もの遅刻でいったい
何をしに日本に来たのかもわからずじまい。


ただ、温泉につかって旨いものを食べて柔道演武を楽しんだ
だけじゃなかったんでしょうか。


で、国外に目を向けるとこの会談の行方に神経をピリピリさせ
ていた中国はホッと胸をなでおろし、欧米は日本はただ3000億
円を差し上げただけだと論評。いい笑いものですよ。


首相に申し上げたい。
この会談にかかったカネ、経済協力に拠出するカネ、いったい
誰が払うと思っているんですか。少なくとも国民の大多数は
今回の結果にガッカリしていますよ。


このカネを税金から引っ張るのはやめて欲しい。あんたの財布
から払ってください。税金は国民の利益になるような使い方を
しなければなりません。海外からの要人を招くのはいいですが、
ただそれだけなら税金を使われる言われはありません。


まして、あなたは会談の直後、自信たっぷりに大きな成果が
あったとおっしゃっていましたよね。あなたがそこまで自信を
持たれた成果とはいったい何だったのですか。


嘆願書まで託された元島民の方々にどのようにご報告される
おつもりなんですか。


成果があったとおっしゃるなら、いつまでに何をどうする、それを
どうやってチェックするというストーリーで国民の前でご報告
願いたい。


ちゃんとPDCAを回した国の運営や外交を徹底してくださいよ。
そうでなくとも、20年以上世界でただひとつ失い続けている
んですよ、この日本は。どれだけ国民を裏切ったら気が
済むんですか、あなたは。


本当に、虚しさだけが残りました。そして今日も買い物
をしたレシートを見て、8%課税されているのを見て、
思わずため息がもれました。


今日はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

サラリーマンをめざすあなたに、ぜひ知っておいてほしいこと

2016年12月18日(日)

わたしも還暦を迎え、サラリーマンとしては第一線を退く
立場になりました。そのとたん、重責からは外れる立場になり
給料は減ったのですが、却って気は楽になっています。


と同時に、今までサラリーマンとして働いてきてサラリーマン
は自分に向いていたのかどうか考えるようになりました。


結果から言うと、こういうことを考えること自体、あまり自分
には向いていなかったのではないかと心のどこかで思って
いるということです。


一線を退いて気楽になるということは、今までが重荷だった
ということも言えるわけです。


会社という限られた組織の中で、お金を手にするために働く
ところに、自分に適したところかどうかを追求するのはかなり
限界がありますよ。


会社の中でうまくやっていこうとすれば自分が合っているかと
いうより、自分を会社に合わせていかなければならないことが
ずっと多いわけです。


そうすると、どこかで妥協する癖がついたり、自分の思っている
ことと違うことがあっても、「まっ、そんなもんだろ」 と簡単に
物分りが良くなったりしてしまうのです。


いまさらながら、いままで何十年も過ごしてきて本当に楽しかった
のかと思います。会社の仕事で成功した体験もあります。でも
それは決して良い思い出とは限りません。会社の中では成功でも
社会的にはどうということはないわけで。


わたしは50も後半になってアフィリエイトを始めました。始めた
きっかけは給料が少なくなってきたので、副業を始めようと
思ったことです。


初めてでしたね、自分の考えに従って自分で実行してお金を
稼いだのは。今まで給料でお金をもらったのとはまったく違う
感覚です。と同時にいろいろなことを知りました。たとえば
お金は労働で稼ぐことのほかに、仕組みを作って稼げること、
そのほうが効率よく稼げること。


もっと早く始めておくべきだったと本当に心底から思いました。


これからサラリーマンになられる方々に申し上げたいこと。
必ずやって来ます、自分はサラリーマンに向いているんだろう
かと、この会社に向いているんだろうかと悩むときが。


でも、これだけはハッキリしています。あなたに合ったサラリー
マン、あなたに合った会社などありえないのです。サラリーマン
になった以上、あなたはあなた自身をサラリーマンに、また会社
に合わせていかなければならないのです。


その上で、あなたの生きがいなり働く目的なり見出していかな
ければなりません。それに抵抗があるなら、あなたはサラリー
マンには向いていません。今のうちにそれ以外の進む道を
捜す方が後悔しなくてすみますよ。


多くの精神的な病にかかったり、場合によっては命を落とす
ことさえある過酷な職業、それがサラリーマンの一面でもある
わけです。


サラリーマンをめざすのであれば、こういう一面もあるという
ことを是非とも考えておいてくださいね。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

投資と聞くとどうしても億劫に、こんなときコレが役立ちます

2016年12月17日(土)

アフィリエイトは投資が少なくて済むのが特徴です。特に
パソコン1台あれば初期投資もゼロ円で始めることが
可能です。数あるビジネスの中で、これはアフィリエイト
以外にはないと言っていいでしょう。


ところが、規模がだんだん大きくなってくるとさすがに投資
を避けて通ることはできません。最初のうちは投資を必要
としなくても、遅かれ早かれ投資をしなければならないとき
は必ずやってきます。


しかし、わたしもそうなのですが投資と聞くと尻込みして
しまい、なかなか決断できません。ともすれば機を逸して
しまい、後悔することにもなってしまいます。


なぜ投資と聞くと躊躇してしまうのでしょうか。やはり、投下
した金額に対して、それだけの効果があるのかどうかが
未知数だからです。なけなしの小遣いを削って支払う価値
があるのか考えてしまうのです。


投資するには当然ですが資金源が必要です。そこに、なけ
なしの、という思いがあることが問題です。ですから、そこは
稼いだ金額のうち、何割かを投資の資金に充てるといった
ような予算設定が必要です。予め予算を組んでおけば躊躇
することもなくなります。


でも、まだ大して稼いでいないうちはどうすればいいのか、
そういう場合でもどこからか調達しなければなりません。
やはり、なけなしの小遣いの中から捻出しなければならない
のでしょうか。


やはり小遣いから捻出するのは考えた方がいいでしょう。
わたしは自己アフィリで資金調達しました。自己アフィリでは
5万円くらいなら、そんなに大きな負担もなく機械的なパソコン
操作だけで稼げます。ただし、入金されるまで最長3ヶ月程度
かかるため、場合によっては立替えるなど必要になります。


わたしの場合、全額を資金に充てましたが、5万円となると
結構重宝しました。情報商材を買うにしても2~3万円ほど
ですので十分です。


5万円というと結構な金額ですが、それを稼ぐのに要した時間
は2時間もありません。ですから投資の資金に使うことには
特に何の抵抗もありませんでした。これが、稼ぐのに何日も
かかったということになれば、そういうわけにもいかなかった
かもしれませんが。


目には目をというワケではありませんが、アフィリエイトの
投資資金はアフィリエイトで調達するというのがもっとも自然で
抵抗なくできます。


そこへ持ってきて自己アフィリというのは、別にノウハウが必要
なわけでもなく、機械的な作業だけでお金が入るのですから
やらない手はありません。


投資するためには資金が必要です。投資に二の足を踏むのは
資金源がないからです。それならば調達するしかありません。
どこから調達すればいいのか、アフィリエイトの投資であるなら
調達もアフィリエイトでというのが理想です。


機械的な作業だけで、アルバイトなどとはケタ違いに稼ぐことが
できる自己アフィリ。コレを活用しないのは、あまりにもったいない
ことですよ。


ただそこは、お金を払っているのですから、払った分は取り返して
やるという意地は見せていただきたいところでもありますけど。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

無料レポート紹介~MAGICAL AFFILIATE COLLEGE

2016年12月16日(金)

今回ご紹介します無料レポート、MAGICAL AFFIRIATE COLLEGE
特におすすめしたいのは、このレポートには

アフィリエイトの全てが凝縮されている

ということです。


動画数が110本以上に及ぶ力作なんですが、コンテンツを
見渡すだけでアフィリエイトがどういうものか、わかって
しまいます。

  1.ツール環境
  2.マインドセット
  3.キャッシュポイント
  4.自己アフィリ
  5.ワードプレス構築
  6.デザイン
  7.アドセンス(グーグル)
  8.ブログ攻略上・下
  9.外注化
 10.無料レポート
 11.コピー
 12.情報発信


このコンテンツが、まさにアフィリエイトのプロセスを表して
いるのです。最後の情報発信こそ、アフィリエイトの完成
された姿といいますか、ここに到達することをめざすことが
アフィリエイトの目標になるのです。


つまり、自分で重ねてきた実績を集大成してそれを発信する
ことで大きな成果を上げることになるのです。アフィリエイトで
稼ぐためにはその仕組み作りが必要だといわれます。その
仕組みの最終形がここにあるわけです。


このレポートでは、アフィリエイトを始めるところから、そこに
到達するまでを110本の動画に凝縮されているんです。
もちろんこれは、膨大な数です。


しかし、アフィリエイトの全てを110本の動画に仕立てたことが
このレポートのすばらしいところのひとつです。これから、
アフィリエイトを始めようという方が、この110本の動画を実践
すれば、頂点を極められるのです。


110本の動画の情報は確かに多いです。しかし、それは長い
人生の中で、どれほどのものであるでしょうか。これさえ実践
すればアフィリエイトを極めることができる。その価値は本当に
大きいものです。


もうひとつ、わたしがこれはすごいと思ったのはマインドセット
です。このレポートにおけるマインドセットは、人間が人間と
して進歩、発展していくための本質を鋭く突いています。


アフィリエイトだけに限らず、一度きりの人生を本当に悔いの
ないものにするためのエッセンスがここにあります。


わたしも数多くのレポートに接してきました。特にマインドセット
は、多くの作者さんがしのぎを削る項目でもあります。わたしは
初めて見ました。それは、

ハインリッヒの法則を展開されている

ということです。


これは、もともと作業時の安全確保のために提唱されたもので
1つの大事故の影に30の重大未発災害があり、さらにその影に
300のヒヤリ・ハットがあるというものです。つまり、重大事故と
いうのは唐突に発生するのではなく、そうした小さな不具合を
ないがしろにした結果だというものです。


ほんの小さな 「あれっ」 ということをキャッチできるか見逃すか
で、その結末は大きく変わるのです。どんなに小さなことでも
ムダだということはないのです。だからこそ、小さな一歩を重ねる
ことの重要さと尊さをこのレポートは教えてくれているのです。


作者のユーマさんご自身も、そのことを十分心得ていらっしゃる
のでしょう。だからこそ、アフィリエイトの全てを110本の動画に
すっきりと、しかし一点の漏れもなくまとめあげることができた
のです。


おそらく、アフィリエイトの全体像をこれ以上にコンパクトに、
しかも確実に取りまとめられたレポートは、当面出てこない
でしょう。


110本の動画情報はとても多いです。でも、あなたはこの
たった110本の動画をマスターするだけでアフィリエイトの全て
を制覇することができるのです。


ダウンロードはこちらからお願いします。


それでは今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

サラリーマンもアフィリエイトも、コレがあれば仕事は万全!

2016年12月15日(木)

アフィリエイトでもサラリーマンでも共通して仕事で必要な
ものがあります。これさえ身につけておけば、どんな仕事も
向かうところ敵なしで、バンバンこなすことができます。


それが 「段取り力」 といわれるものです。


仕事を進めるときに慣れ不慣れ、知っている知らない、好き
嫌いなどということは一切関係ありません。その仕事に不慣れ
だろうが知識がなかろうが嫌いだろうが、関係ありません。


逆に言えば、不慣れでも知識がなくても嫌いでもスムーズに
こなせるもの、それが段取り力です。仕事は段取りだとよく
言われます。それはこういうところによるものなのです。


やらなければならない仕事があるときに、それをいつまでに
やらなければならないか、ということが必ずあります。
それから逆算して、今日から何をどのように進めていくのか、
瞬時に構築できる能力です。


仕事をする上でわからないことがあるのであれば、わからない
項目を列挙し、それをいつまでに片付けて先に進めることが
できるようにすることもそのプロセスに含まれます。


不慣れなのであれば、それなりに自分のペースで進めるよう
に構築します。それが嫌いな仕事であれば、なるべく手間を
かけないことを重点的に配慮します。


こうして、仕事を始めるときに予定通り終わらせることができる
プランを無理なく組むことができる力が段取り力です。


これはサラリーマンの仕事だけでなく、アフィリエイトを始めと
したビジネスにおいても必要です。行き当たりばったりで目の前
のことを追いかけるやり方では、効率的に進められないばかり
か、現時点であとどれだけの工数をかけたらよいか、今日どこ
まで仕上げておけばいいかということも把握できません。


また、いわゆる仕事がデキる人というのは必ずこの力が備わって
います。段取りが組めるから周囲への適切な配慮もできます。
だから、周囲から仕事がデキると評価されるのです。


たとえば、あなたの上司で終業間際になってからいきなり、
「これ、今日中に」 とドカッと指示されたらいかがなもので
しょうか。そんなタイミングで指示しても、おいおい突然の
残業になり、良い結果など得られるはずはありません。


よほどの事情がない限り、このような指示を出す上司がいた
としたら、残念ながらその人は段取り力に欠けるダメ上司
です。


もし、デキる上司がそのような指示を出すとしたら、本当に
やむをえない措置だということを知りつつ指示しているはず
なので、ちゃんとした説明があるでしょう。また、そういう指示
も、異例中の異例のはずです。


段取り力を磨くには、仕事を進めるときにちゃんと納期を守る
ように進めることをめざしつつ、それをムリ、ムラ、ムダのない
ように進めることに努めることです。いままでにうまくいかな
かったことは、ちゃんと対策して次回に活かしましょう。


また、こういう進め方をしていくと上司や同僚にもこの力がある
かどうかを評価できます。その上で周囲の参考になるところを
どんどん取り込んでいけばいいのです。


それは段取り力は特殊な技能や知識を必要とするのではなく、
仕事を客観的に見つめて正しく評価できること、あるいはそう
いう姿勢で仕事を進めることををベースにしているからです。


気が付けば、あなたも仕事をどんどんこなせるデキる人の仲間
入りになります。


これがアフィリエイトの場合だと、もっと気楽にできますよ。
進めるのもあなたしだい、仕事の納期もあなたしだいですから。


目標を稼げることにおいて、目標達成プラス段取り力強化という
一石二鳥をめざしてはいかがでしょうか。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

無料レポート紹介~MASAMUNE

2016年12月14日(水)

今回ご紹介しますレポートも、スゴい、スゴすぎます。
このレポートは物販ビジネスのノウハウをまとめられた
ものなのですが。


本来、わたしは物販には積極的ではないんです。と言う
のは物販はモノを直接取り扱います。転売でもそれは
同じです。


大変ですよ。仕入れは要るわ、在庫管理は要るわ、梱包
や出荷は要るわ、アフターケアは要るわ。そうした手間を
軽減した無在庫転売というビジネスもありますが、結局は
アマゾンなどと組んで販売を行う、ある意味でヒトの
フンドシで相撲を取るやり方です。


当然、そこに新たなリスクも発生するわけです。省力化する
にしてもモノを直接扱う限りそのプロセスは動きませんから、
外注などにより分業化せざるを得ません。


ですからわたしはアフィリエイトを主体に進めてきたという
経緯があります。


でももし、物販のこうしたマイナス面をマイナス面として
とらえるのではなく、

心底楽しんでビジネスに取込んでしまうことができたら

そういう一面がこのレポートに垣間見えるのです。


ビジネスという視点だけで考えたとき、物販はアフィリエイト
よりも取り組みやすく、結果も出しやすいのです。なぜならば
モノを直接取り扱うからです。だから、お客様にも扱うモノの
良さが伝わり易いのです。


ところがそれを進めるときに、先に申し上げましたモノを直接
取り扱うデメリットが大きいのもまた事実です。しかし、その
デメリットをメリットに変えてしまうことができるとしたら。

  物販は向かうところ敵なしの
 ビジネスになってしまいます


それをやってしまったレポートこそ、今回ご紹介する
MASAMUNEなのです。





前置きが非常に長くなってしまいました。
それだけ、このMASAMUNEがスゴいレポートだという証左です。


元来、自分の好きなことや趣味でビジネスを展開するのは
ヒジョーに難しいことです。どのテキストやセミナーでも、
自分の好みをビジネスに展開することを薦めません。


その理由は、自分の好きなことでは何かと自分の好みが
先行してお客さまの意向を汲みにくくなるからです。


ですから、お客さまに過度な押し付けになったり、
排他的になったりしがちになり易いのです。


ところが、ビジネスとして取り組んだアイテムを、その後で
自分の好みにしてしまうのは一向に問題はありません。
その場合はすでにビジネスマインドが先行していますので、
むしろプラスに作用します。


このレポートを拝見しますと、作者の伊達さんはeBAYと
カメラ転売は利益が出易いとおっしゃってます。だから、
この2つのアイテムで転売を進めましょう、と。


ここまでは一般的な物販ビジネステキストと同じです。


ところが、このMASAMUNEでは、
動画総数210本、そう再生時間1700分以上という、
到底無料レポートでは類例を見ないほど膨大な
コンテンツの中で、


eBAYとカメラ転売、それ自体がいきなり冒頭に陣取り、
しかもそのコンテンツが、


eBAYで52本!
カメラ転売で39本!
なんと両方合わせて91本!
膨大なコンテンツの4割近くを占めるメインコンテンツに
なっているのです!!!。


ふつうなら、「ここで体得したことを踏まえて、まずは
取り扱うアイテムを決めましょう」 となりますよ。


ところがここでは、最初からいきなりeBAYとカメラ転売に
強引と思えるほどアイテムを決め打ちして、幅広く
コンテンツを展開しているのです。その幅広さもまた半端
じゃないんです。


たとえば
カメラ転売においては、
準備 → 出品 → 仕入れ → 検品 撮影 → ツール → 管理
→ 知識 戦略
と、すべての販売プロセスを網羅、独自の視点と経験をもとに
展開されています。単なる転売ではありません。


とりわけ、「品質管理を導入して作業を効率化しよう」 には
まさに、「転売でここまでやるか。脱帽です。」 の境地です。


これらのコンテンツを拝見して、また、伊達さんと何度か
メールのやり取りをさせていただいて気が付いたんですよ。


作者の伊達さん、利益が出し易いからとカメラ転売
を始められて、いまではカメラが三度の飯よりお好き
なんだと。


コンテンツの至るところにそのこだわりがにじみ出て
いますから。ここに取り上げられているのは、まさに
ノウハウ中のノウハウなのです。本来ならば無料
レポートでここまで開示はしませんよ。


好きになってそれで自分も楽しむというコンセプトがある
から、eBAYとカメラというジャンルに限定、無料にも
かかわらず惜しげもなく公開されているのです。


また、その後に続くマインドセットを拝見しても、その
根底にあるのは一言で言えば、「 せっかくやるビジネス
なんだから、それを好きになって楽しくやろうよ 」という
ことだというのがよくわかるんですよ。


好きになれば、一見煩わしい事も楽しくできる。楽しくできる
からビジネスをより良く、お客さまにより信頼してもらえる
ように変えていくことができる。


eBAYとカメラという2つのアイテムで最初から進めていくこと
で、伊達さんはこのことを教えてくれているのです。その点で
このレポートは従来の物販ビジネスのレポートやテキストとは
まったく一線を画すものです。まさに画期的な1編です。


とにかく、確実に成果を出せるビジネスはないものかとお考え
の方。このレポートに書かれてある通りに実践されてみること
です。いつの間にか、取り扱う商品に愛着がわいて仕事が
好きになっているはずです。気が付けばあなたは成功者に
なっているのです。


最後に、このレポートのメインコンテンツをご紹介します。

  ・eBAY輸出     52本
  ・カメラ転売     39本
  ・マインドセット   37本
  ・インフォビジネス 39本
  ・外注化        8本
  ・ツール       12本


さらに


メルマガ登録により、最新情報を教えてもらえます。
また、スカイプによる相談にものってもらえます。


MASAMUNEであなたも成功への近道を歩みましょう。


ダウンロードはコチラからどうぞ。


今回はここまで。
お読み頂き、どうもありがとうございます。       

プレミアムフライデーだって?、なにそれ?、オイシイの?

2016年12月13日(火)

このニュースを聞いて、みなさんはどう思われたでしょうか。
経済産業省などが主体となって、来年2月よりプレミアム
フライデーが実施されることになったそうです。


これは毎月末の金曜日の終業時刻を15時に繰り上げて、
消費の喚起を図るというものです。


無理ですよ、やり方が。今までから何回も申し上げて
きていますが、この人たち、ホント何考えているんで
しょうか。


こんなことやったって、絶対消費の伸びにはつながり
ません。というより、消費を伸ばすためにこんな発想
しかできないこと自体、あまりに稚拙で遅れてますよ。


だいいち、土曜日も勤務の人が金曜日に早く会社が
引けても嬉しくもなんともないでしょう。また、変則勤務
の人とのバランスを取るためには、この早く終わった
時間を、どこかで埋め合わせなければなりません。


別に時短が目的ではないのですし、だからといって給料
が増えるわけでもないので、サラリーマンにとっては、
どちらかといえば迷惑な話です。


まして、こんなことで消費が増えると思っているのです
から、本当にオメデタい限りです。米国のブラックフライデー
にでも感化されたとしか思えません。


消費を喚起するなら、消費者が安心できるような仕組みを
つくるしかないんですよ。それがコレだというなら、あまりに
情けないです。


わたしも長年サラリーマンをやっていますが、もっと早い
時間に仕事が終わっていたら、もっとたくさん買い物
したり、どこかで食事したりできたなどと思ったことは一度
もありません。


まして月末の金曜日ですよ、どこの会社だって棚卸し集計
などで大わらわでしょう。なぜそんなときにやらねばなら
ないんでしょうか。意味不明です。


こんなことの実施やPRにわたしたちの税金が使われる
のなら、悲しくもなります。


こういうことで消費が増えると思っているということは、
ただただ国民やサラリーマンをバカにしているのでは
ないかと思えてきます。


こういう人たちに、PDCAを回転させて現状を変えてくれ
と言う方が無理なんじゃないか、そういうふうにも思えて
きます。


こんないい加減なことがまかり通る世の中、早く終わって
欲しいですよ、本当に。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございました。

旧国鉄時代の車両が人気急上昇中、そのわけは希少性だけ?

2016年12月12日(月)

国鉄が民営化されてから、早いもので四半世紀以上が
経ちました。いま全国各地でわずかに残っている国鉄時代
の車両が大人気だそうです。


確かにJR以降に製作された車両は、性能や乗り心地はいい
のですがどこか画一的で、あたかもコストをかけずに作りました
というのが何となくわかります。その中で少数派になった国鉄
車両は、かえって存在感が目立って、特に外装が当時のままの
ものはより引き立ちます。


でも、国鉄時代の車両の人気のモトはそれだけなのでしょうか。


当時の国鉄を知る方は記憶にあるでしょうが、評判は最悪
でした。相次ぐ料金の値上げ、サービスの悪さ、違法なストなど
悪評の見本市のようなものでした。


特に、大手私鉄と競合する京阪神地区ではそれが顕著でした。
京阪神を行き来する人で国鉄を利用する人は少なかったです。
車両も陳腐で、料金も高いのですから当然です。


さすがに国鉄も巻き返しを図り、新快速を走らせます。京都、大阪
間を30分を切るスピードで結びました。で、乗客が増えたかと思い
きや。現在と違って新大阪に停車しない不便さと、料金の高さが
ネックでした。京都、大阪間で500円以上に対し、阪急だと280円
で、ほぼ半額でした。


もっとスゴいのが、あの事故のあった福知山線です。大阪から
伊丹、川西、宝塚といった都市を結んでいるにもかかわらず、
かつては未電化単線のローカル線で1時間に1~2本、気動車や
機関車牽引の列車がのんびり走っていました。宝塚に国鉄で
行く人はよほどの物好きかマニアだけでした。


ただ、阪急がストで動かなくなると乗客が殺到して、その混み
ようは想像を絶するものでした。それでも国鉄は増便などで
便宜を図ることもなく、知らん顔でした。


伊勢志摩に観光で旅するときも、ほぼ100%近鉄を利用して
いました。これは今でも近鉄が有利ですけど。特に三重県に
入るとその差は顕著で、国鉄だと蒸気機関車に牽引される
列車がのんびり走る隣の線路を、近鉄のビスタカーがあっと
いう間に追い越して行きました。


そんなわけで関西では誰も国鉄を嫌うどころか、ほとんど
ソッポを向いていたのです。


国鉄の車両がここに来て人気を呼ぶというのは、その希少性
に加えて、最近のJRに対する不信感も背景にあるのではないで
しょうか。


福知山線の事故に端を発し、その対応のまずさと対策を取るの
はいいのですが、トラブルがあるたびに列車が大幅に遅れたり
運休することも増えました。


当時の国鉄は悪評の中でも、時間の正確さは世界に冠たる
ものでしたが、現在ではそれが揺らいでいると思います。
当時と比べてスピードも運転本数も増えているのですから
仕方がない面もあると言えば、それまでですが。


また、JRがブラック企業にノミネートされることもあり、そう
いうところも気になります。


デキの悪い子ほど今思えば可愛かったなんてことは、よく
言われます。でも、悪評高かった国鉄の車両が今になって
人気急上昇しているというのは、現在のJRにも原因がある
のではないかと思ってしまいます。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

この世の中で唯一正しいもの、それは神ではない。コレです。

2016年12月11日(日)

世の中にはいくつもの正義があります。一つの正義が他の
正義を否定することもあり、全ての正義が同じものだという
ことはありません。


正義と正義がぶつかりあうと戦争など、摩擦を引き起こし
ます。正義がその字の通りに、常に正しいとは限りません。


しかしその中でただひとつ、正しいものが存在します。


それが、「事実」 です。


何かを話すとき、これが事実かどうかを知るのは話した本人
だけです。話す人に悪意があれば、事実に反することも話す
ことができます。それを事実と偽っても、その時点ではそれが
まかり通ります。


しかしそれが事実と異なるものであれば、しだいに矛盾が
生じてきます。矛盾が生じてくると聞く人々はだんだんと話す
人を信用しなくなります。


イソップのオオカミ少年がまさにそれです。社会でも、それは
いくらでも目にすることができます。


たとえば原発問題。


いま原発の再稼動が全国で揉め事のタネになっています。
発端は東日本大震災の福島第一、第二原発事故でした。
発生当初の、事実と異なる発表が大きな混乱を招きました。


原発がある限り、どんなに安全対策を施しても必ず事故は
起こります。事故が起こったときに、周囲への被害を最小限
に抑えることのできる本当の対策が取られているか。


それから、
事故が発生したときに、その経緯と状況を正しく発表できる
のか。


今取りうる最大限の対策に加えて、この2つの条件が維持
されていることが原発再稼動には必要です。


現状ではこれに対して誰もが疑いの目を持っています。
ですから、管轄の電力会社がどれだけ対策の万全さを
訴えても火種は消えることがありません。


ところが電力会社も政府も、それすらも事実かどうかの疑い
も晴れないにもかかわらず、対策の万全さだけを積極的に
発言するだけで、この2つの条件の確保には消極的です。


ですから、その疑いは解消するどころかますます大きく
なっています。


どういう理由があれ、事実と反することをやったり、発言
することは簡単です。しかし事実と少しでも反していれば、
いずれ必ず人々の信用を損ないます。


一度損なった信用を回復するのは大変です。それが重大
になればなるほど、回復不可能にもなりかねません。


もし、わけあって事実と異なる話をしなければならない
ときには、このことを十分覚悟して話さねばなりません。
一度貼られた 「ウソつき」 のレッテルはなかなか剥して
もらえません。


事実と異なることを言う、つまりウソをつくことが全て悪い
とは限りません。「嘘も方便」 といわれるように、人々を
笑わせ、何もしこりを残さない程度のウソはかえって
人間関係を円滑にしたりします。


ですが、内容によっては何気なく話した一言のウソが
かけがえのない大切な財産である信用を失うことにも
つながります。まして最初から悪意があれば、信用回復
など不可能です。


この世の中で唯一正しいもの、それは 「事実」 です。
これを偽ると、あなたの大切なものを失うのです。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトのためのパソコンスキル、心配ご無用です!

2016年12月10日(土)

アフィリエイトとパソコンは切っても切れない関係にあります。
ですから、パソコンを使わずにアフィリエイトをすることは、
できません。正確にはネット上での操作ということになります。
最近ではパソコンではなく、スマホなどから操作することも
可能ですので。


そのためアフィリエイトに興味があってもパソコン操作が苦手
という人は、どうしてもアフィリエイトについても敬遠しがちに
なってしまいます。


実際、アフィリエイトではどのくらいのパソコンスキルが必要
なのでしょうか。結論から言えば、

 1.ネットからショッピングができる。
 2.預金口座の残高をネット上で確認したり、振込み
   などを行っている。
 3.ネットオークションで入札、出品、取引ができる。
 4.メールの送受信、ファイル添付などができる。
 
これらの中でひとつでも不自由なくできるというのであれば
十分です。さらに、

 1.インターネットサイトを作成、アップロードできる。
 2.サイトやブログを運営している。
 3.画像や映像もアップロードできる。

こうしたことができるというのであれば、アフィリエイトをする
からといって、問題になることはありません。


こちらの3項目のご経験がある方はご存知でしょうが、アフィリ
エイトではネットを媒体として情報提供しなければなりません。
そのためにHTMLを使えなければならないのです。


ネット上にアップロードしたことがない方はあまりご存じない
かもしれませんが、アップロードするときに文章、画像、映像
いずれもHTMLという構文に置き換えてレイアウトを作成しな
ければなりません。


メールやワード文書などのように、ワープロ感覚で文章を
書けばよいというわけにはいかないのです。いわば、サイト
にアップロードするときにHTMLは必須なのです。アフィリ
エイトにおいてもこれは例外ではありません。


ところが、パソコンを通常使うときはHTMLを使う機会は
ほとんどないのです。わたしも、アフィリエイトを始める前に
パソコンを10年ほど使っていたのですが、HTMLなどという
ものがあることすら知りませんでした。


パソコンを使うに当たり、HTMLを使わなくてもいいように
配慮されている場合も結構多いのです。無料ブログの
記事も、通常の文章であればワードなどと同じように文章
を書けば、変換してくれます。


ヤフオクで出品するときの説明文も通常文とHTMLのいずれ
可を選択して作成できます。HTMLを知らない方は、通常文
を選択して書かれているはずです。ただ、アフィリエイトでは
HTMLを知らないとネット上でできることに大きな制約を受け
ざるを得ません。


しかしHTMLはパソコン言語のように複雑怪奇なものでは
なく、慣れればすぐに使えます。特に、テキストなどに付属
されているテンプレートを使うと、その日からでも使うことが
できます。


HTMLについては無料レポートでも詳しく解説して頂いている
ものもありますので、詳しい説明はそちらに譲ります。また、
インターネットから検索して頂いてもよろしいかと。


このようにアフィリエイトに要求されるパソコンスキルは、
ネット上にアップロードできること、すなわちHTMLを使うこと
ができることということになります。


ネットを情報源として使っておられるならば、HTMLに慣れて
いただく必要があるわけです。ただ、そのレベルは通常使う
ネットショッピングやメール送受信と同じ程度のものなのです。


そんなわけで、パソコンの操作が不慣れだからと言って
アフィリエイトを敬遠する心配はぜんぜんありません。
この点はご安心ください。


それよりもアフィリエイトの成否のカギを握るものは、お客さま
に共感、信用して頂くことなのです。こちらの方に注力して
いただくに越したことはありません。


以上、今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

あなた独自のノウハウがあれば、世界はあなた中心に回ります

2016年12月09日(金)

何かをやろうとするとき、必ずノウハウが必要になります。
ノウハウがあるからこそ、やることに満足感を感じたり
面白さを味わうことができます。


どんなことでも興味を持ったとき、やり方を学ぼうとします。
でも、案外それを学んでいる間は思ったほど面白くない
ものなのです。


面白くなってくるのは、一通りのやり方を学んだり練習
したりして、自分なりのやり方に目覚め手応えを実感
したときです。その自分なりのやり方こそがノウハウ
なのです。


たとえば楽器の演奏などがそうですよ。いきなり楽器を
手にして自由自在に演奏できる人などいません。演奏
できるようになるためには、基本練習や練習曲を地道に
マスターすることが不可欠です。


でも、それを繰り返している間というのは、ぜんぜん楽しく
ないんですよ。ところがそれをマスターして、楽譜を見れば
どんな曲なのか頭の中に描くことができて、自分なりの
曲想をつけてそれを楽器で表現できるようになれば、もう
楽しくて楽しくてしようがなくなるのです。


人間というのは、何かやりたいときにそれを通じて自分自身
を自由自在に表現できることがとても楽しいものなのです。
それができさえすれば、それをどんどん進化させていくことも
やぶさかではありません。


ただ、その域にまで達するまでには相応の訓練が必要なわけ
で、それは決して楽しいものではなく、どちらかといえば苦痛
を覚えることが多いものです。


仕事でも遊びでもスポーツでも趣味でも、ジャンルを問わず
これは全てのものに共通することです。好きこそ物の上手なれ
といいますが、訓練を重ねている間に、好きだという感覚も
失せてしまい、投げ出すことも少なくないのです。


ですから、オリンピックでメダルを取れるアスリートの方は、
人一倍訓練を積み重ねてきた証であり、その精神力や忍耐
力は並たいていのものではないでしょう。


サラリーマンの仕事だってそうです。あなたのオリジナルの
仕事が会社に認められれば、あなたの仕事は上司にヤイヤイ
いわれるのではなく、会社があなたを中心に回るようになる
のです。そうなれば、仕事も面白くて仕方ないものになるで
しょうし、給料や待遇だってうなぎのぼりですよ。


それを左右するのがノウハウを持っていることなのです。
ノウハウというのは世界中で唯一、あなただけが持っている
資質のことです。独自性が高ければ高いほど差別化が
できて、その価値や周囲への影響力は大きくなります。


これは言いかえればあなたの思うがままにコトを進めること
ができるわけで、周囲もそれを認めています。それができ
たら、面白くて笑いが止まらないでしょう。


アフィリエイトにおいても、稼ぐためには何らかのノウハウ
を持っていることが必要です。これは、テキストやセミナー
などで学んでいるだけでは決して身に付かず、あなた自身
で実践しなければ身に付きません。


他のケースとこの点で全く同じです。稼ぎたいなら、あなた
独自のノウハウを開拓すること、それは、ひたすら実践ある
のみです。そうなるまでは苦労の連続になりますけど。


しかし、これをつかみとって、ほしいままに稼ぐことを目指す
こともできない話では決してないのです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

払ってくれる人がいるからお金を稼げる、だからそれは難しい

2016年12月08日(木)

メルマガとか勧誘サイトで、大した時間や手間もかけることなく、
お金をラクに稼げますという広告を目にします。お金が欲しい
ときにこんな広告を見ると、つい見入ってちょっと考えて見よう
カナなんて気にもなったりします。


でも、そんな時ちょっと考えてみてください。そんなにカンタン
にお金が手に入る方法があるのなら、なぜ普及しないんで
しょうか。そんなにカンタンにお金が手に入るなら、もうみんな
やっているはずですよ。


ほとんどの人はすでにやっているんだけど、誰もそれを口に
出して言わないだけなのでしょうか。それとも、広告主が
言っているように簡単に稼ぐウラ技があって、それを誰も
知らないから簡単に稼げるんでしょうか。


答えはいずれも×です。そんなに簡単に稼げる方法など
最初から存在しません。これらは読者の気をひくための
仕掛けに過ぎないものなのです。


お金が手に入るということは、必ずそのお金を払う人が
いるハズです。その人はなぜあなたにお金を払うので
しょうか。それは、あなたがその人に対して何らかの奉仕
をして、その対価としてあなたに支払っているからです。


それ以外にお金が入るというのは宝くじに当たるか、お金
を拾得物として届けてその報酬を受け取るか、ギャンブル
で勝つかくらいしかありません。


そう考えると、ちょっと簡単なことをやっただけでガバッと
お金を稼ぐということ自体、ものすごく不自然だと気付く
でしょう。


そのように気付いて冷静に考えることができるあなたは
大正解です。お金を稼ぐことはとっても大変なことなの
です。


その中で、最も簡単にお金を稼ぐことができるのが、実は
サラリーマンやアルバイトですよ。もっとも金額は別として
のハナシですが。


とりあえず会社やバイト先に出向いて、そこで拘束されて
働いていれば、賃金がもらえるんですから。入社したて
で仕事のイロハもわからないうちからちゃんと給料は
支払われます。


バイトでも、作業に慣れていなくて戦力になっていないうち
からもバイト代はもらえます。これこそがもっともラクにお金
を稼ぐことができる唯一の方法です。


サラリーマンやアルバイトの方は、このことを改めて認識
したほうがいいでしょう。なぜかというとラクに稼げるから、
そんなシアワセな時間が長く続くわけがないのです。


いままで会社に定年までしっかりと面倒を見てもらえてきた
ことがむしろ異例だったわけですよ。そういう方々はみんな
口をそろえて、「自分は定年までずっと会社に貢献してきた。
だから、それは当たり前のことだ。」 とおっしゃいます。


そういう方々にお聞きしますが、具体的にあなたは在職中に
会社にいくら利益をもたらしましたか。また、定年で会社を
後にされて、今まで培ってきたことで、どういう社会貢献
ができて、どれくらいの報酬を見積もることができますか。


それが、今までもらってきた給料以上のものであれば、
何ら疑う余地はありません。しかし客観的に見積もって、
それが給料にも満たないのであれば、あなたは会社に
養ってもらってきただけに過ぎないのです。会社に心から
感謝しなければなりませんよ。


と、同時に今後あなたが生きていくためには、よほどの
蓄えでもない限り、地獄のような日々を送ることを覚悟
しなければなりません。もうあなたを養ってくれるところ
はどこにもないんですから。


お金を稼ぐというのは、あなたにお金を払ってくれる人
つまりお客さまを作るということです。いままで会社に
養ってもらってきただけの方に、それは簡単なことでは
ありません。


まして、カンタンにお金が手に入る話に乗ってしまうこと
など、危険極まりないことだというのは、もうおわかり
でしょう。


だから、サラリーマンを普通にやっていられる間に、
アルバイトが安定的にできている間に、お客さまを獲得
できる方法を身につけておくことは先々必ずあなたを
救います。


そういう意味合いで副業を考えていただきたいのです。
たとえばアフィリエイトは資金も少なくて済みますし、
誰でも始められます。その方法についてはテキスト商材、
セミナー、無料レポートなど、おそらくあらゆるビジネスの
中でもっとも教えるアイテムが整っています。


しかし、あなたにお金を払ってくれるお客さまをどうやって
見つけていくか、それはあなたが試行錯誤しながら実践
して獲得していく以外に方法はありません。


これがお金を稼ぐために避けて通ることのできないものだ
ということをご理解いただきたいところです。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

日本をダメにしているのはコレなんです。もうやめましょうよ

2016年12月07日(水)

先日、残業は諸悪の根源で百害あって一利なしとお話
しました。でも、残業の弊害はまだあります。


それは、ブラック企業の温床になること。


もし社会が残業を認めず、労働を労働契約に従うこと
を重視するようになれば、残業自体がそうそう簡単に
できることはなくなるのです。


労基法でもサブロク協定というのがあって、ある一定枠
の残業を認めつつ、条件によってはその枠を超えること
を認めるようなことを規定しているから、その線引きが
あいまいになるのを助長しています。


残業など基本禁止にしてくれたらいいんですけど。
ちゃんと週40時間までとしているのですから、それを労使
ともに徹底的に守ることを最優先にすべきです。


そうすればサビ残、ブラック企業なども存在しませんし、
過労死や過重労働で心身を破壊して自殺に追い込む
などということもなくなります。


残業手当がなくなれば収入はその分減ることになり生活を
圧迫します。でも、残業手当ありきの生活設計も無理が
ありますよ。根本的にマチガイです。


本当に、このあたりで皆一体になって残業をやめましょう。
労働契約書を確認して勤務時間を再認識し、働くのはその
時間のみ、これが本来あるべき姿だと考えましょう。


定時になればさっさと上がってください。それをとやかく言う
人は無視して構いませんし、雇用を不利な方向で操るような
ことがあれば、ウラを取って労基署に相談に行けばよろしい。


もちろん働くことに対する考え方も改める必要があります。
効率向上について今まで以上に努力することが求められ
ます。日本は今まで労働生産性の悪さを残業などの労働
時間の長さでカバーしてきた側面もあります。


学生のバイトだってそうですよ。ちゃんと時間を前もって
取り決めておくべきものです。それが休日はおろか、肝心
の学業にも影響が出て単位を落とすなどということが
許されるはずがありません。


予め働く時間をキチンと決めておいてそれに従って働く、
いわば当たり前のことなのですが、改めてそれを守ること
を優先的に考えなければなりません。


そうすると当然給料はさらに減る方向になるでしょう。
でも、残業をやめた分だけ空いた時間が手に入ります。
この時間を使って生活を補填する方法を考えることが
よっぽど理にかなっています。


生活の向上を会社に求めること自体がもう無理なの
です。仕事は契約書を忠実に守り、空いた時間を生活
を支えるようなことに活用するのです。


そういうような考え方に切り替えることで、新たな展望も
開けてくるでしょうし、政府もそういうことを促進する政策
を積極的に進めるべきです。それが本当の一億総活躍
ですよ。


そうすることで、日本全体に活力が戻ってくるはずなの
です。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

私はアフィリエイトに向いていない、実はそれはありえない!

2016年12月06日(火)

アフィリエイトをやってみて必ずこういう疑問にぶち当たり
ます。それは自分は本当にアフィリエイトに向いているのか
ということ。


こういう疑問を持つということは、やったもののぜんぜん
成果が現れないとか、考えていたほどおもしろくないなど
と、ネガティブな状態に陥っているということです。


結果から言うと、アフィリエイトに向いていない人という
のは、この世にいません。いたとしたらそれは人間では
ないと断じてもいいでしょう。


なぜならばアフィリエイトというのは難しい学問など必要
とせず、資格も要りません。お金がかかるわけでもあり
ません。確かに億から稼ぐようになるには事業家として
の資質が要るかもしれません。


でも5万とか10万稼ぐようになるなら、ちゃんと学んだ
ことを守って実践していけば問題ないのです。
アフィリエイトでは95%の人が5000円も稼いでいないと
言われたりします。


でもそれは5000円稼ぐのが競争率にして20倍もの狭き
門であるのではなく、多くの人が正しい方法を踏まえて
実践していないということだけなのです。


たとえば、自己アフィリをちょっとやれば5000円くらい
確実に手に入ります。それで、5%の中に入ってしまう
のです。ということはアフィリエイトをやろうという人の
ほとんどは、自己アフィリをちょっとだけかじってみる
ことすらやっていないのです。


正しくやってさえいれば、必ず結果がついてくる、それ
がアフィリエイトです。だから向き不向きなどありえない
のです。


ですから、自分はアフィリエイトに向いているのかなど
ということで悩むのは、杞憂もいいトコですよ。最初から
ありえないことで悩んでいるわけですよ。


豚まんを買ってきて、食べもしないうちから自分は豚まん
を食べたいから買ってきたのに、間違えてあんまんを
買っていたらどうしようと悩んでいるのと同じです。


もしそういう悩みを友達から相談されたら、「そんなこと
四の五の悩んでいるヒマがあるなら、さっさと食え。
何なら俺が代りに食って確かめてやろうか。」 と答える
でしょう。


同じようにアフィリエイトで向き不向きで悩む人に対しても、
「四の五の悩むヒマがあるなら、さっさとやり方を考えろ。
何なら俺がやっても稼ぎは分けてやらないぞ」 ということ
くらいしか答えられないんですよ。


確かにアフィリエイトで稼ぐには必ずお客さまは必要です。
そう言うと、「そうでしょそうでしょ、私、お客さまを相手に
することが苦手なんですよ。だから向いていないんですよ」
と、してやったりと言い返してくる人もいます。


だけど、お客さまと直接会って話をしたり、まして販売したり
することはありません。あなたが語りかけることに好感が
持てて信用してもらえたら、自然とお客さまは増えます。


教わったとおりのことだけやって稼ぐことができたとしても、
それはもう誰かがすでにやったことの後追いに過ぎません。
すぐに飽和して長続きすることはないでしょう。


だから、自分で工夫して試行錯誤しながら実践し続けること
が必要なのです。向き不向きなど関係ありません。しいて
言うのであれば、人間なら誰でも皆向いています。


本当にそんなことで四の五の悩んでいるヒマがあるなら、
さっさと違う方法を考えて実行に移してください。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

ノウハウコレクターは時間とお金のムダ。こんな人が陥るぞ!

2016年12月05日(月)

アフィリエイトを始める方が特に注意しなければならない
ことは、ノウハウコレクターにならないこと。


ノウハウコレクターとは、アフィリエイトを始めようと意を
決して大枚はたいてテキスト商材を買ったり、受講料を
払ってセミナーに参加したものの、行動が伴わずに、
挫折してしまうことです。


テキストやセミナーの資料がむなしく手元に残ることに
なり、これを揶揄してこう呼ばれます。中には、懲りずに
別のテキストやセミナーに手を出して、正真正銘の
コレクター的存在になる人もいます。


テキストやセミナーで学んだその結果、この先どうして
いいかわからずモヤッとしているならば、ノウハウ
コレクターになった証拠ですよ。


もったいないですよ、ノウハウコレクターになってしまう
のは。お金も時間も。ノウハウコレクターになるのか
ならないのかを別けるのは、行動するかしないかです。


行動することによって、何か問題があれば改善する
糸口はあるんですが、行動しないと全く先に進むことが
できません。


アフィリエイトに限らず、なぜかサラリーマンに多いん
ですよ、こういう人。たとえば仕事をするにしても、誰か
に具体的な指示をもらわないとできない人。自分から
率先して提案して改善を試みない人。いつまでたっても
やり方を変えず進歩のない人。


こういう人が組織の中にいて給料がもらえるというのは
サラリーマンだけでしょう。サラリーマン以外では仕事に
ならないですよ。仕事にならないということは稼ぐことも
ままならないということです。


サラリーマンでもこういう人が周りにいると、ただ迷惑な
だけなんですが、本人はまったくそれに気付いていない
ことが多く、本当にタチが悪いです。


一度自分自身を客観的に見て、少しでも当てはまるところ
があると思う方はアフィリエイトなどに手を出す前に、会社
の仕事を満足にやって、周囲に喜ばれる存在になることが
先ですよ。


アフィリエイトをはじめとしたビジネスは行動しなければ
成果は得られません。テキストを一通り読んで理解した、
セミナーに参加して一通り修了したというのは、単に準備
が整ったに過ぎないのです。それだけではまだスタート
ラインにも立っていません。


習得したことを踏まえて行動してみないと何も起こり
ません。まして稼げるはずなどありません。習得しただけ
では何もないのと同じです。


習ったことを忠実に守りながら自分で行動することが
できないというならば、まずは現職のサラリーマン稼業で
それを実践して何らかの成果を上げてください。


これは、サラリーマンの仕事でも十分に実証できます。
それで成果を上げることができてからアフィリエイトを
始めるといいでしょう。


副業を始めるにしても脱サラするにしても、サラリーマン
でいる間にできることは結構あります。まずはあなたが、
周囲からいてもらわないと困る人になることですよ。


そうでなければあなたもノウハウコレクターになる可能性
は大きいですよ。くれぐれも注意してくださいね。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

サラリーマンの諸悪の根源、それが残業、やらない癖をつけよ

2016年12月04日(日)

最近何かと話題になっています。


残業。


過重な残業で健康を害したり、自殺に追いやることさえある
ものです。サラリーマンの方で引退するまで一度も残業を
したことがないという方がいたら、幸せです。


本来、わたしたちが会社で働くとき、基本契約を取り交わし
ます。そこで、勤務時間は何時から何時と規定されています。
そのときに、会社はあなたに時間外労働をさせることがある
とも規定されます。


そのときに時間外の賃金や深夜に及んだとき、休日に労働
するときの割り増しも規定されます。ここでは、時間外労働
すなわち残業は 「させることがある」 と明記されていて、
これは、日常的にさせるものではなく、やむをえない事情が
ある場合に限りさせるという意味合いのものです。


ですから、普通に働く限り残業というのは異例のものである
わけです。まして連日終電まで働いたり、サビ残などという
ことがあるのは異常です。


ところが、少々の残業ならみんな進んでやりますよね。それ
は、給料だけだと生活が苦しいから残業をやって生活費の
足しにしているからに他なりません。


実は、こういうことって企業にとっては好都合なのです。
業務量が増えたら、増員するのがいいのですが社員がそこ
そこ残業してくれるため、増員を抑えることができるのです。


増員したら、人件費は高くつきますからね。それに比べて
残業の割り増しなどタガが知れています。それにもまして
サビ残などやってくれるとなると、もう笑いが止まらない
でしょう。


それにもまして昨今では、人件費も削りに削って、増員どこ
ろか、残業代もカットしてきます。最近の残業カットの流れに
乗って、一方的に残業禁止にしながら、業務改善などまったく
しないひどい経営者だっていますから。


サラリーマンの皆さん、残業代で生活費の足しにするという
のは誤っています。直ちにやめるべきです。だいたい、サラ
リーマンというのはもはや給料だけで生活することはできない
ものなのです。サラリーマンになるときに、このことを認識して
おくべきです。


生活費の不足を残業で補うのは、間違いである上にこれから
はどんどんできなくなります。労働者から進んで残業をやると
いうのは、サビ残や過重労働などの温床になるだけです。


ですから、今後は残業をきっぱりやめる習慣をつけてください。
どうすればいいのか。こうすればいいです。

1.まずあなたの労働契約をチェックし、勤務形態や時間、
  残業に関する内容をチェック。残業に関する規定があり、
  「させることがある」 と記されていることを確認してください。

2.まず、1週間残業を一切せず、定時速攻で帰宅します。
  誰が何と言おうと実行すること。

3.この間に自分が定時内でこなせる仕事量を把握します。
  それで、その仕事量の110%を当面の1日の仕事量と
  します。

4.あとはそれを実践するのみ。残業はしない。その範囲で
  10%増やした仕事量をこなすようにしていきます。それが
  できたら、また10%殖やすという具合に自分の仕事の
  効率アップを図ります。

5.こういうことを実践することで、あなたは残業グセがなく
  なり、上司が残業を依頼してきても納得できる理由で
  断ることができます。ただし、緊急事態のときは適切に
  判断してください。


では、給料だけでは足りない生活費をどうやって補填すれば
いいのでしょうか。それはもう決まっているでしょう、副業しか
考えられません。ただし、あなたが公務員ならばぜったいに
できません。一般企業のサラリーマンであれば就業規則等
で禁止されていても、法的には問題ありません。


残業を一切やめて、空いた時間を副業に当てる。これがこれ
からのサラリーマン像だといっていいでしょう。残業をやめたら
空いた時間をもてあますという人もいるようですが、そういう人
こそ、社会からドロップアウトする危険性が大きいですよ。


まずは、とにかく残業を一切やめる。これがスタートライン
ですよ。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトが持つ二つの顔、それはまるでジキルとハイド

2016年12月03日(土)

アフィリエイトには2つの顔があります。その2つの顔はこれ
からアフィリエイトを始めようとする人の前に姿を見せます。


一つ目の顔は、「アフィリエイトはカンタンに稼げますよ。
たった5分だけコピペ作業をするだけで10万円!」 といって
あなたを誘惑します。


二つ目の顔は、「アフィリエイトは決して甘くない。稼ぎ
たかったらひたすら諦めずに粘ること。稼ぎたいなら、
とことん実践あるのみ。」 と厳しさを突きつけます。


この、全く正反対とも思える二つの顔、いったいどちらが
本当の顔なんでしょうか。だいたいメルマガなんかで
勧誘するものは一つ目の顔、無料レポートで指導する
ものは二つ目の顔が多いです。


疑い深い方は、一つ目の顔は詐欺だと思われて、アフィリ
エイト自体に良いイメージを持っておられないかもしれ
ません。


答えを先に言ってしまうと、これ、両方とも正しいんです。
アフィリエイトで稼ぐとき、時間単価にすると、大変大きい
のです。本当に的を射た作業の場合、時給1万円なんて
ごく当たり前のハナシです。


だから、1日5分の作業で10万円稼ぐことは十分あり得る
のです。ただ、それができるようになるまでが一筋縄では
いかないんですよ。


不撓不屈の精神力でやりぬく覚悟がないと、挫折しても
仕方ない世界です。1時間あたり1万円稼げる反面、月に
5,000円も稼げない人は95%もいると言われているのです
から。


稼げる仕組みを作るのは大変難しいのですが、その仕組み
さえ作り上げて、それを維持、成長させていけば稼げます、
ということですよ。


結局、アフィリエイトというのは別に特別なものでもウラ技
があって、ごく一部のそれを使いこなせる人だけが稼げる
というものではありません。


いわゆるビジネスのひとつということです。アフィリエイト
を始めるということは、アフィリエイトというアイテムを
習得してビジネスを手掛けるということです。


アフィリエイトはパソコンさえあれば取り掛かることができる
ので、副業にも適しているのです。しかし、その場合でも
アフィリエイトを始めるということはビジネスを始めるという
のと等価です。


ですから、アフィリエイトを始めるということはビジネスを
始めるんだということを認識して頂けたら正解ということ
です。


ビジネスを始めるということになると、今までと違う新しい
世界に飛び込むとか、甘い考えではとてもついていけない
というイメージがあるでしょう。


それと同じ感覚で始めることができたら、それなりの覚悟
で始めるわけで、そうそう簡単に挫折することもなく、稼ぐ
まで粘り強く続けることもできるでしょう。


アフィリエイトとは、稼げるけれどもそうなるまでが大変な
ビジネスだと思っていただけたらいいのではないかと
いうことです。


そう思っていただいたうえで、この二つの顔とお付き合い
いただけたらきっと、とっつきやすくなることでしょう。


今回はここまで。
お読み頂き、どうもありがとうございます。

3.9 + 5.1 = 9 だって?おい文部科学省、ウソを教えるな!

2016年12月02日(金)

3.9 + 5.1 = 9.0 これは文部科学省に言わせると、不正解では
なくても減点になるそうです。正しい答えは 「9.0」 ではなく
「9」 だとのこと。


皆さんに申し上げます。
これ、正解は「9.0」 ですからね。文部科学省の言ってること、
大間違いです。こんなことを教わっている子供たちがかわい
そうです。


文部科学省では9.0も9も同じですが、コンマ・ゼロというのは
意味がないので、こういうときは書く必要がないという見解
なのです。


こんなことを平気で言っている文部科学省の役人は頭が
狂っているとしか言いようがありません。3.9 + 5.1 では、
少なくとも小数点下一桁まで判別した数字を足している
のです。ですから出てくる答えも小数点下一桁まで判別
したものでなければなりません。


ですからこの答えは誰がなんと言おうと 9.0 なのです。
9 は誤りとはいえないにしても不十分です。もし、お子さん
が文部科学省の誤った見解で減点されていたら、ぜひ
正しい答えを教えてあげてください。


で、これが計測や品質管理の場合はもっと深刻になって
きます。たとえば陸上100m走の計測は、小数点下二桁
の秒数で行います。10秒ジャストでゴールしたら、計測
結果は 10.00秒となります。決して10秒とは記録され
ません。


また、品質記録である部位の寸法の規格値が、
10.0±0.5mm以内と規定されていたとします。その計測
値を報告するとき、10mmと報告したら、まず間違いなく
受理されません。10mmちょうどだったら10.0mmとしな
ければなりません。


これらの例も先に書いたのと同じ理由からきています。
コンマ・ゼロは無意味なのではなく、大変重要な意味を
持っているのです。


もし、文部科学省の言うことが正しいとするならば
3.25 + 2.5 とか 3.35 + 2.4 だと答えはどうなるんで
しょうか。


どちらも 5.75 ということになるんでしょうが、厳密には
これは誤りです。いずれも第一項は下二桁、第二項
は下一桁です。こういうときは第一項も下一桁に丸めて
下一桁にそろえた上で計算しなければなりません。
答えも下一桁になります。


このとき、第一項の下二桁目はちょうど 5 です。この
ときは5捨5入によって丸めます。4捨5入じゃないんです。
5捨5入とはその前の数字、つまりここでは下一桁の数字
に注目します。ここが偶数なら切捨て、奇数なら切り上げ
ます。


したがって5捨5入すると、3.25 は 3.2 に、3.35 は 3.4 に
なります。ですから 3.25 + 2.5 = 5.7、3.35 + 2.4 = 5.8 に
なり、結果は異なるのです。


5捨5入は丸める数字がちょうど 5 の場合のみに行います。
これ以外のときはふつうに4捨5入します。3.24 とか 3.26 の
ときは4捨5入でいいのです。


このように単なる四則計算でも、小数点以下の数字が絡んで
くると、それに対する配慮が大事になります。これは記録や
取引などでも同じことです。知らないでは済まされません。


ですから文部科学省には、こんないいかげんなことを言って
教わる方を惑わしてもらっては困るのです。この際ですので
クギを刺しておきます。


今日はここまで。
お読み頂き、どうもありがとうございます。

プロフィール

cumple

Author:cumple

くんぷりです。
ようこそおいで頂き、どうも
ありがとうございます。

あなた様は

番目のご訪問者です。

詳しいプロフィールは
こちらをご覧下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。