FC2ブログ

情報商材 アフィリエイト 副業 サラリーマン

情報商材アフィリエイト サラリーマンが副業で成功する秘訣

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人手不足→機械化→失業、このルートから貴方を救う方法とは

2016年08月31日(水)

日本では既に人口が減少しており、それに対して高齢化が
急速に進んでいるため、労働力人口はさらに大きく減少して
います。そのためあらゆる産業で人手不足が危惧されて
います。


その対策として自動化や機械化の推進が掲げられており、
将来的には現在の職種の半数近くが機械化されると言われて
います。機械化は人手不足の大部分を解決できると期待され、
人件費圧縮の柱にもなっています。


では、どういう職種が機械化される運命にあるでしょうか。
画一化、単純化した作業はその筆頭にあげられるでしょう。
工場や倉庫などでの作業はほとんどが機械化される運命に
あると思われます。


その場合、機械化されたらそこで働いていた作業者は失業
してしまうのでしょうか。生き残るすべはないのでしょうか。
生き残る可能性は実は十分あります。


たとえば倉庫で、梱包された製品を仕分けてパレットに積載
する作業を考えてみましょう。私がその作業に従事していて、
真面目に監督者の指示に従って作業を滞りなく進めていたと
します。


しかし、それでは機械化される時に私は間違いなく失業します。
集積ロボットが入れば、わたしの何倍もの作業を正確にこなし、
しかも寸分違わずきれいにパレットに集積します。


ところが、私がただ指示通りに作業を進めていただけでは
なく、梱包に破損や汚れなどの不具合をチェックしながら、
そしてそれが見つかったときに前工程にフィードバックして
その再発防止を図っていたとしたらどうでしょうか。


その決め手になるのは、指示通りに作業を進めるだけでなく、
不具合品をお客さまに入れて迷惑をかけないよう配慮する
ことです。


そのように配慮しながら作業を進めることができたら、失業
するリスクは大幅に減少します。


集積ロボットは集積を効率よく進めることができます。しかし
こうした配慮を臨機応変に取り入れながら作業することは
できません。ただ、送られてきた製品梱包をプログラムに
従って作業するだけです。万一、不具合品が混入しても
そのまま集積してしまいます。


仮に、この能力をロボットに取り入れるにしても、プログラムは
複雑になり、対処できる不具合も予めインプットしておかねば
ならず、不測の事態には対処できません。まして再発防止まで
対応させるのは、前工程との連携も必要でさらに困難です。


つまり、作業において手順通りに進めるということに加えて、
お客さまへの配慮、不測の事態への対応、不具合再発防止
などを実践すればその作業全てを機械化することができない
のです。それだけ失業するリスクも減るわけです。


もしあなたが毎日の仕事を単なるルーチンワークだけで、
いつも右から左に流すことの繰り返しで作業していれば、
遅かれ早かれ失業の危機を迎えるでしょう。


その危機から逃れるために心がけることは次の3項目です。

  1.お客さまや次工程への配慮
  2.不測の事態への迅速な対応
  3.不具合チェックと再発防止

是非とも心の片隅に置いといてください。実践していれば
いつか必ずあなたを救います。


それでは、今日はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。
  

スポンサーサイト

アフィリエイトを始めたいけど、第一歩を踏み出せない方へ!

2016年08月30日(火)

アフィリエイトを始めるときに、どんなことが心配になるかと
いうと、次のものに集約されます。

 1.自分にも簡単にできるか。
 2.何か特殊なノウハウや技能が要るか。
 3.いくらくらい稼げるか。
 4.詐欺などに遭わないか。

これらのことについて、お答えしますので始めるかどうか
迷っていらっしゃる方のお役に立てば幸いです。


1.自分にも簡単にできるか。
「簡単」 と言っても非常にあいまいな意味を持っています。
ですから、ここでお答えするとすれば「簡単でもあり難しく
もある」 という回答になります。

物理的にはネット環境下のパソコンさえあればOKです。
ただ、アフィリエイトもネットビジネスの一環である以上、
ビジネスとしてのスタンスで事に当たる必要があります。
その点でビジネスとしての難しさは持っています。

ビジネスである以上、モノを言うのは実践と実績です。
これを認識していれば、その難しさのハードルは低くなり
ます。テキストやセミナーで習ったことだけを実践する
だけでは一発屋で終わります。こうしたことは他の
ビジネスと同様です。

入門者向けのレポートやセミナーなどでは、かなりの量を
割いてマインドについて言及しています。これもその表れ
と言えます。

こうしたことを踏まえていれば簡単に入れます。ただし、
ギャンブルのようにいきなり一山当てるようなことを考えて
いれば、難しいです。

つまり、ビジネスとして取り組む意志があれば簡単なのです。
副業の場合など、何時間くらいやればいいかということも
心配の種です。結局、時間をかけてやらねばならないところ
もあるのでそれを何時間ずつに分配できるか、ご自身で
決めていただければいい話です。

長時間集中できれば早く進みますし、分刻みにすれば長期間
かかるわけです。大事なのは、メリハリをつけて計画的に進める
ことです。気が向いた時にドカッとやるけど、それ以外の時は
放ったらかしというのは効果がありません。これはアフィリエイト
に限らず何事もそうですが。


2.何か特殊なノウハウや技能が要るか。
資格などは一切不要です。また指定業種の経験などもまったく
問われません。パソコンを使って文字や画像などを打ち込める
程度で十分です。その気になれば小学生にもできます。

お客さまに情報提供するという仕事になりますので、積極的な
知識欲は必要です。そのために報道や書籍に目を通す習慣を
つけておけばいいでしょう。

あと、一通りの学習や実践を行ったら、あとはあなた自身で戦略
を立てて事業を進化させる意欲も必要です。副業で始めるのに
もってこいですが、たとえ副業でも個人事業者になるという自覚
を持ってください。


3.いくらくらい稼げるか。
当たり前の話ですが、最初はゼロです。アフィリエイトは初期投資
が少ないのが特長の一つですが、それでもテキスト購入、セミナー
参加などで2~3万程度の出費が必要です。

厳密に言えば、その投資を行うことでマイナスからのスタートに
なりますが、自己アフィリなどで資金を集めてからスタートすれば
解決できます。

その後実際にいくら稼げるか、それは2項で回答したことに対する
あなたの取り組み方次第です。ただ、統計的には5000円以上を
稼ぐアフィリエイターは全体の5%程度と言われています。

これを弱肉強食の厳しい世界と解釈するか、稼げなくても誰から
責められるということもなく、悠々自適に取り組んでいる人もいる
と解釈するか、いろいろな見方ができます。

いずれにせよ稼いでいる人はかなりの少数派であることは事実
です。いきなり大きく稼ぐことを目標にせず、まず1万稼いて、それ
をもとに次は5万、10万というように段階的に成長させていくのが
確実です。


4.詐欺などに遭わないか。
以前よりは少なくなっていますが、安直に始めると詐欺に遭う
可能性はあります。一番やられるのがテキストなどの有料商材
やセミナー等の参加の時です。

これを防止するために、信頼できる先輩アフィリエイターの方と
相談できるようにしてください。最近は初心者向けの優秀な無料
レポートも数多く出されています。まずは、それを数多く読んで、
サポートなどを受けながら相談すればいいでしょう。

また、アフィリエイトにおいても守るべきルールがあります。それ
を知らずにいたために、あなたが詐欺まがいのことをやってしまう
こともあるかもしれません。そうした知識をつけるためにも無料
レポートの購読は役に立ちます。


普通に働いていても生活苦を訴える人は老若男女を問わず
増えています。そうしたことを受けて副業アフィリエイトは注目
されています。しかし、その一方で残念ながらネットビジネスや
アフィリエイトに対する偏見も多いです。


そのためにやってみたいと思うけれど躊躇する人も多いのでは
ないでしょうか。正しい方法で取り組む限りアフィリエイトも
ネットビジネスも立派なビジネスです。お客さまに信用と共感を
もってもらえる、お天道様の下で胸を張っていける正業です。


まずは、それについて正しく知ってもらうことが何よりです。
この記事が微力ながらそのお役に立てたら嬉しいところです。


以上、今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

ブログ記事は書き続けることが重要、ネタは問題ではないです

2016年08月29日(月)

わたしはだいたい1日1記事ずつ書いています。なぜこのペース
を維持しつつ書いているかというと、習慣化しようと考えている
からです。最初はネタがあったらその都度ごとにと思っていたん
ですが、それだと歯止めがききません。


歯止めがきかなくなるとだんだん書かなくなっていって、その
ブログが衰退してしまいます。別に1日1記事でなくても構わない
んですよ。2日ごとでも3日ごとでもいいんです。ただ1週間ごと
くらいになると、更新頻度が少なくなるので3日おきくらいが限度
だろうとは思いますが。


毎日書くより2日~3日おきに書くほうが楽なことはいうまでも
ありません。ただその場合、習慣化することが面倒になります。
「今日は記事を書く日だっけ?」 ということを毎日考えなければ
なりません。だから結果的に毎日書くほうが好都合なのです。


で、毎日書くとネタがあるときやないとき、いろいろです。ネタが
あるときは別段問題にはならないのですが、ないときにどうやって
書くかが心配だ、と思えますが実際は大したことはないです。


ネタがなくてもパソコンに向かえば記事は書けます。というより
記事というのは本来そういうものです。記事というのは読者に
情報提供するのが目的です。ネタは二の次です。


情報提供のモトはそこらへんにいくらでも転がっています。その
糸口をつかんで読者に伝えるというスタンスで書けば一丁上がり
ということです。


むしろ明確なネタがあって、それを記事にしようというときに
どうしてもネタ主体の文章になってしまいます。そうなったら、
情報提供という趣旨から外れてしまって独りよがりの文章に
なりがちです。


最初の頃はネタ備忘録みたいなものを作って、思いついたら
メモしていました。書き慣れないうちはそうした方がいいです。
でも今は、そんなものは作っていません。


面倒ですし、記事を書く目的がネタの紹介ではなく情報提供に
あると気付いたからです。記事を書く事において、読者に適切
に情報提供できることがネタに優先します。


読者にとって読みやすい、興味を持ってもらえたらどんどん
読み進んでもらえる文章を書けることが第一です。そんな時に、
どんな読者に読んでもらえるか考えながら書く事が大事です。


「だったら、コピーライティングの本を読んで書けばいいだろ」
と思われるでしょう。確かにそれもアリですがそれでは不十分
なのです。


読者に読んでもらえるというのは知識でカバーするものではなく、
経験や気付きで蓄積していくものだからです。それは一朝一夕
ではできません。ではどうやればいいのか、それを可能にする
のが習慣化です。


ブログ記事を書き続けていくということは読んでもらえる文章を
書くことを目指した歴史でもあります。わたしも書き始めた頃の
記事を見て、「なんてギクシャクした読みにくいヘタな文章だ」 と
思います。


書く事に関してはまだまだ完成形にはなっていません。まだまだ
ヘタな文章しか書けません。でも、過去の文章を振り返って、この
ように思えることは大事なことです。そう思っている間はこの習慣
を続けるしかないのです。


それを無理なく続けられるのが1日1記事のペースではないかと
考えています。


記事を書く人の中には、いくつものブログを運営して1日に何十
記事を書ける人がいます。そこまで行き着くと1日に何件、という
ノルマなど全く考えていないでしょう。おそらくパソコンに向かうと
自動的に記事が書けるんでしょう。


そういう方に記事を書くコツを聞くと、たいていこう答えて頂けます。
「続けること、それからいい記事を書く事を目指すこと」 最初は
それができないから聞いているのに、と思っていました。でも
結局はこういう答えになるのだなと思うようになりました。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

懸命に働いても生活は苦しい、それが日本のサラリーマンだ!

2016年08月28日(日)

日本の国民ひとりあたりのGDPは欧米諸国に比較して大変
低くなっています。その一方で労働時間を見ると、一概には
断定できませんが日本よりも少ない国が目立ちます。


労働時間は昔に比べて短くなったとはいえ、今年のような
猛暑の中でもろくに夏休みも取れず、残業休出は当たり前、
有休だって満足に取れない人は多いです。それだけ頑張って
いるのに、GDPを見るとぜんぜん大したことがないのです。


夏はバカンスをガッツリ取り、1日に5~6時間程度しか働かず、
有休も全部消化する国と比べてもGDPは劣るのです。これ
は労働生産性が著しく低いことを示しています。


日本の労働者の質はそんなに悪いのでしょうか。仕事をサボる
ような風潮は見当たりませんし、わたしの知る限りみんなタスク
を黙々とこなしています。


ということは、労働者に対して利益が還元されていないと見る
のが妥当です。つまり、会社組織のごく一部で利益を総取り
されているような状態です。正規と非正規の格差や労働法を
無視しているブラック企業が蔓延している状況は、まさにこの
象徴と言えます。


ですから日本においては職場の最前線で汗水たらして働く
労働者は、働けど働けどわが暮らし楽にならざりという状態に
追い込まれているのです。


たとえば自己アフィリを始めると、わずか30分ほどの作業で
丸一日分のバイト料くらいすぐに稼ぐことができます。やった
ことのある方なら、その報酬の高さに驚きます。しかしこれは
自己アフィリの報酬が高いというのではなく、バイトの報酬が
あまりに低すぎるのです。


本格的に副業アフィリエイトが軌道に乗って、毎日8時間くらい
の作業を確保できるとすると、その報酬はサラリーマンの給料
など到底及ばない金額になるでしょう。これも同じで、アフィリ
エイトの報酬が高いのではなく、サラリーマンの給料が安すぎる
のです。


この違いは何なのか、なぜ日本の労働者は虐げられているのか
単純に考えて、我が国のシステムが労働者を守るようにできて
いないことによるものです。


労働者を守る法律は各国で制定されています。しかし、それに
違反するときに罰則を設けていないのが日本です。欧州など
では、届出なしで残業休出させたり、ましてサービス残業をさせ
たり、有給を消化させないと雇用者が罰せられます。


また日本の場合はそうした法律に罰則がない上に、組織に
忠実な国民性がそれに輪をかけています。


ですからまっとうに報酬を得られる仕事をしたいのなら、その
ような法律とは無関係な職業を選ぶしかありません。サラリー
マンや契約社員、アルバイトはもちろんのこと、農業でも農協
が関与しているのであればこれから逃れることはできません。


言ってみれば、日本は国を挙げて労働者を苦境に追い込んで
いるようなものなのです。せめてもの救いが副業になるわけ
です。副業アフィリエイトの場合はこのシステムがまったく
及ばないため、始めることでこのギャップを体感することが
できるのです。


ヨーロッパ諸国の労働者が満喫しているようなバカンスを
ゆっくり取れる生活をしたい。サラリーマンにとってそれを可能に
できるのはこの日本では副業ビジネスに頼る以外に方法は
ありません。


以上、今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

後発を思い知らされたら、アフィリエイトではチャンスの証!

2016年08月27日(土)

アフィリエイトのセミナーなどで 「後発組でも・・・」 などという
タイトルによくお目にかかります。後から始めたら誰でも後発
組になってしまいます。後発組というのはアフィリエイトに
とって重大な足かせになるのでしょうか。


もしそうだとすれば、これはアフィリエイトを始める者にとって
避けて通ることのできない関門ということになります。


結論から言いますと、アフィリエイトに関して 「後発」 ということ
を気にすることはまったく必要ありません。むしろ 「後発」 という
概念が存在しないと言ったほうが適切です。


後発というのはそれに対する先発があって初めて存在します。
アフィリエイトを学ぶときに、教材やセミナーなどで学んで、そこ
で実践して始める場合が多いです。その時に教材、セミナーで
教えられたことをそのまま実践したら、それは教えられたことを
そのままやっているに過ぎません。


教えるというのは既に実績があることをそのまま伝授している
わけですから、それは後発と言わざるを得ないでしょう。しかし、
その段階では教えられたことを実践したにすぎません。


本当のビジネスとしてのアフィリエイトはこれからです。自分で
どの分野に的を絞って、どんな人をお客さまに取り込んで、など
戦略を立ててお得意様をつかんでいかなければならないのです。


それは自力で市場を開拓するのですから後発もへったくれも
ありません。あえて言うならば、それはまぎれもなく 「先発」 に
なります。ビジネスとしてのアフィリエイト = 「先発」 なのです。


したがって、アフィリエイトをやっているけれど後発だと実感して
いるとすれば、それはビジネスとしてのアフィリエイトをやって
いないということです。


だからといって諦めることはありません。後発はやり方しだいで
いつでもすぐに 「先発」 に変われます。繰り返しますが、後発と
いうのは先発と同じことをやっているから 「後発」 なのです。


だから先発とちょっとだけ違ったことをやれば後発ではなくなる
のです。例えば、先発と違った視点で特典を付けるとか、品揃え
を変えるとか、ランキングを変えるとか、方法はいくらでもあります。


先発をヒントにして、一味変えた内容にしたらいいのです。ただし、
常にお客さまのメリットを第一に考えなければなりません。ただ、
先発だけを見てそれを強引にちょっと変えるというのは、決して
いただけません。


「どうせ後発だから」 と思うということは先発がわかっていると
いうことです。これはガッカリすることではなく、チャンスなのです。
先発を見て、お客さま目線でもっと受け入れてもらえるために
どうすればいいかを考えましょう。


こういう考え方が展開できるのは 「先発」 が存在していると思う
からです。後発を脱するためにやるコトはコレだけでいいのです。
他にやることはありません。まして今やっていることの本質を
変えてしまう必要もありません。違う方向に行ってしまうと泥沼
にはまり込むだけです。


「後発」 だと思うことは 「先発」 が見えているからです。非常に
いい位置にいるのです。腐ったり諦めたりすることなく、進軍
ラッパを高らかに鳴らして、ガンガン行くときなのです。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

最低賃金改訂!でもたった25円、しかも格差は却って拡大w

2016年08月26日(金)

先日厚生労働省より全国各都道府県の最低賃金改訂額が
発表になりました。全国平均で初の800円台を達成、また
前年度よりも25円引き上げられ、引き上げ額も前年より7円
上がったそうです。


そんなわけで発表した厚生労働省も鼻高々といった感じなん
ですが、その詳細を見ると 「えっ?、何コレいったい」 ですよ。
800円台といってもそれは都市部だけで、47ある都道府県の
過半数はまだ700円台のまま。


25円上げたといってもこれも都市部だけで、地方では21~22
円にとどまっているのです。驚くべきことに都市部と地方の
格差はかえって拡大しているのです。


政府は一億総活躍、同一労働同一賃金、都市部と地方の
格差是正を方針に掲げています。この改定内容を見れば
どう見たってその方針と矛盾しているようにしか見えない
のですが。


正規と非正規の格差をなくすために最低賃金を先進諸国
なみの1000円にするなんて言っていましたが、結局はまた
ダマされたわけです。これを守るならば全国一律1000円に
そろえなければなりません。


少なくとも都道府県によって金額に違いがあるというのは
ぜったいダメですよ。いきなり1000円はムリだというなら、
せめて全国850円くらいにして、段階的に1000円まで上げて
いくとかしなければなりません。


また、25円上がっても1日8時間働いて200円、月20日勤務
で4000円ですよ。消費税が10%になったらチャラでしょう。
これだけ見ても十分に国民をナメきっているということが
よくわかります。


25円でも上げて頂いたことは大変ありがたいことであるのは
事実です。でも、現在の格差などとの問題との比較、または
政府が推し進めている方針とどのように関わっているのか
全くわからないため、上げていただいたにも関わらず、不信感
ばかりが募るのです。


政府は一億総活躍、格差の是正を国民に約束しています。
それならばその約束を反映した金額にしてもらわねばなり
ません。


こんな、いままでの流れをズルズルと引きずったような改訂で
到底納得できるはずはありません。25円上げていただいたこと
に対しても、相応のご苦労があったはずなんですよ。それを
こんないい加減な内容にしてしまうと、その苦労すらまったく
報われなくなってしまいますよ。


政府は約束した以上それをしっかり守って、それを反映した内容
で改訂すべきではないでしょうか。目指す姿はこういうもので、
現状ではこんな問題があるため100%実現はできない。しかし、
この問題をこのように解決することにより、〇年後には実現できる
ようにする。


こういうシナリオで発表しなければ国民から信用を得ることは
できません。こうした考え方や実践をする政治家がいないという
のは、実に嘆かわしいものです。政治家こそ、国民の模範として
率先垂範すべきなのですが。いかがなものなんでしょうか。


まあ、残念ですが少なくとも今回改定された最低賃金で私たちの
生活が楽になることは期待できそうにはありません。


今日はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

賞味期限、棚の奥から取り出しても買うのが消費者心理です。

2016年08月25日(木)

コンビニやスーパーのオーナーから苦情が出ているそうです。
陳列棚に商品を並べるときに、「先入れ先出し」に則って、古い
商品を前に、新しい商品を後ろに並べます。


そうすると、多くのお客は棚の奥から新しいものを取り出して
カゴの中に入れます。結局棚の前にある古いものは売れ残って
廃棄されることになってしまうのです。


オーナーいわく、「なんでわざわざ棚の奥から商品を取り出して
持っていくのか。これでは古いものが売れ残って損失になって
しまうではないか。」と怒り心頭だとか。


この問題、こんな感じだといつまでたっても解決しません。その
うちオーナーとお客が衝突してケンカになるかもしれません。
そうなったらそのコンビニは最悪、閉店に追い込まれるなんて
ことも起こりえます。


同じ商品でも賞味期限が違えば別のものになります。という
のは賞味期限を気にしない人もいれば、1日でも新しい物で
なければ買わないという人もいるからです。


そうなれば、同じ商品であっても賞味期限がキーワードになって
違ったニーズが発生するのです。ニーズが異なる以上、同じ
価格で売ることに無理があるのです。


異なる賞味期限のものを置くならば、古い方は値引きする。それ
もできないならば商品棚の中を同じ賞味期限のものでそろえる
よう管理するしかありません。


どちらかといえばコンビニよりはスーパーの方がこうしたことに
円滑に対応しているようです。値引きシールを貼る時間が決まって
いて、それを目当てにやって来るお客にも対応しています。


値引き品は賞味期限が迫っているので、一度にたくさん買い込む
ことはできません。従ってそれを目当てに買い物に行くなら毎日
足繁く行かなければなりません。


足繁く通えば、値引き品だけではなく通常品でも目移りして、つい
カゴに入れてしまう商品がj一つや二つくらいあるでしょう。それが
決まった時間に値引きシールを貼るスーパーの作戦ですよ。


しかも、それで不平を言うお客はいません。お客は値引き品を
買えて、スーパーも目移りして通常価格品を買ってもらっています。
もちろん古くなった商品もちゃんと処理できているわけです。


お気づきでしょう。ちゃんとお客との間にwin-winをかたち作って
古い商品も廃棄することなく処理できているのです。


お客の中には猛者もいます。目当ての商品の賞味期限を予め
チェックしておき、賞味期限が切れる前日に買い物に出かける
のです。値引きシールが貼られた直後にすかさずゲットします。
しかし、それまでに売れてしまえば収穫なしです。そうなれば
それはそれできっぱりと諦めて次の獲物を探します。


このお客の場合でも、少なくとも2回は来店しなければなりません。
そうなれば店側もあの手この手で買ってもらおうとします。です
から、こうしたお客でも店とは持ちつ持たれつの関係になって
いるのです。


ですから、お客が賞味期限の新しいものからわざわざ取り出す
というのなら、そこに商機を見出す方向で考えるのが良い方法
ではないでしょうか。


もっとも、棚の奥から商品を取り出すために商品を散らかしたり
傷をつけたりするお客がいたら、それは見過ごすべきではない
ですが。


わたしだって賞味期限の新しい方から買いたいです。でも、値引き
してあれば古くても構いませんです、はい。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

年金分割の本当の目的とは、コレ聞いて怒らない人はいないぞ

2016年08月24日(水)

厚生年金など離婚により年金分割できる制度が一般化して
います。これは婚姻中に納付した年金を最大50%ずつに分割
できるというものです。


この制度の導入の目的として、離婚による年金収入を分割
することで、双方とも老後の生活にゆとりを持たせるためと
いったような説明がなされています。


でも、本当の理由は違うところにあるのをご存知でしょうか。
まず、離婚後に年金を分割してしまえばどちらかが
亡くなっても遺族年金を支払う必要がなくなります。


また、年金を分割することで個別に年金を受け取るために、
生活保護を受けにくくなるという狙いがあるのです。


つまりこの制度は国が国民に支払うお金を減らすのが目的
であって国民の福祉など全く眼中にないのです。もっとも
現状で分割しても満足に生活出来るだけの給付には程遠い
ため、根本的な解決にはなっていませんが。


この例でおわかりいただけるように、国は国民に財源不足を
一方的に押し付けているだけなのです。それをあたかも国民
にとって利益になるようにでっちあげています。


年金などの社会保険は納付はどんどん増やされていますが
給付は減額される一方です。その理由として赤字運営などを
挙げています。しかし、その改善策についてはなかなか実態
が見えません。高齢化も理由に挙げられていますが、これは
以前からわかりきっているので理由にはなりません。


税金だってそうですよ。何かと話題になる消費税だって、
本当に上げる必要があるのかどうか疑わしいです。消費税を
導入して、また税率を上げて何が変わったでしょうか。


私たちの生活や福祉が少しでも向上したでしょうか。せいぜい
消費が冷え込み、景気が悪くなったくらいではないかと。
そんな消費税を今後も上げるというのは道理に叶いません。


仮に10%になったとしても、ただ私たちの負担が増えるだけに
終わるのは火を見るよりも明らかです。いくら納税の義務が
あるといってもこれでは暴挙としか言いようがありません。


これ以上私たちがせっせと汗水流して作り上げた資産を国
に一方的に巻き上げられることは断じてあってはなりません。
また、ちゃんと納付した年金や保険は、ちゃんと耳を揃えて
払ってもらわねばなりません。


それをダメだと言うならば、政府はまず政府自体の改革に
ついて具体的に国民に説明する義務があります。そして
国民は政府の改善計画の進捗を監視しなければなりません。


消費税をどうするなど、それからの話です。それができない
間は消費税などさっさと凍結せよと言いたいです。本当に
悔しいです、せっせと稼いだお金を訳もわからずに国に
巻き上げられるのは。


私たちは、本当に真剣に稼いでいます。政府ももっと真剣
にやれ!と言いたいです。


以上、今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトの成否を決めるもの、結局はあなたの情熱です

2016年08月23日(火)

アフィリエイトで稼ぐことが次第に難しくなってきたというお話
を昨日しました。しかし、それでもアフィリエイトを始める魅力
は十分にあるのです。特にサラリーマンの副業においては
その魅力はたいへん大きなものです。


その魅力とは、初期投資が少なくて済むということもあるのです
が、何と言っても自己実現が自由自在にできるということです。
何をどのようにやろうが誰もとがめません。あなたが前向きで
取り組む限り、無限の可能性が拓けます。


これがサラリーマンの仕事となるとそういうわけにはいきません。
あなたがもっと給料をたくさんもらいたいと思ってあなたなりに
工夫して仕事の質を高めたとしても、会社がそれを認めなければ
1銭も増えません。あなたの処遇も向上しません。


しかも、余程のことがなければ会社があなたの功績を認めると
いうことはありません。さらにあなたの功績を認めるというのは
明文化された基準などがハッキリしているわけでもなく、あなたの
上司によっても左右されてしまいます。


仕事の結果や内容よりも、あなたが上司と表面的にうまくやって
いるということだけで評価されることだってありえます。極端な
話、それもサラリーマンの処世術なのかもしれません。でも、
それは仕事観を形成することにはならず、他では通用しません。


ですから、あなたが本当に社会に貢献したい、自分の力で稼ぐ
ことができるようになりたいと思うのでしたら副業アフィリエイトは
あなたの味方になります。そういう方には是非トライしていただく
価値は十分にあります。


ただし、アフィリエイトもビジネスであることには変わりありません。
たとえ会社が評価してくれなくとも、あなたが明確な仕事観を
持っているかどうかが影響します。


会社が自分を評価してくれない。だからサラリーマンがイヤに
なった。だからそんなサラリーマンとはおさらばしてアフィリエイト
をやろう、というような逃避型の姿勢ではほぼ100%挫折します。


会社は評価してくれないけれど、自分にはこういうことで成果を
上げる自信がある。それによって社会に貢献できることを自分の
目で確かめたい。だからアフィリエイトで私はそれを実現したい、
というような志があれば、きっとそれは実現できます。


これは現在のサラリーマンの問題でもあるのです。サラリーマン
には、自己実現における満足感を得られる機会が少なくなって
きていることが実感されます。結局それは会社にとっても不利益
なはずなのです。


だからこそ生き残っていくためにはあなた自身の仕事観を形づくる
ことが必要なのです。ところが今の会社にはそれを個人レベルで
発掘、育成、評価する力がありません。


ですから、あなた自身がいち早くその必要性に気付いて、自力で
形づくっていかねばならないのです。もしあなたが、今後もサラリー
マンを続けると言うならば、その力があればレベルアップできる
転職も可能です。自信があるならば、それを評価しない会社に
いる意味はないでしょう。


また、自分の力で直接社会貢献してガンガン稼いでいきたいと
いうならば、ネットビジネスを目指して副業アフィリエイトから始める
ことです。


成否を決めるのはあなたの情熱です。それさえあれば、アフィリ
エイトが稼ぎにくくなることなど問題にはなりません。サラリーマン
を続けようが副業アフィリエイトを始めようが向かうところに敵は
ありません。


以上、今回はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトは進化し続けます。あなたはついていけるか!

2016年08月22日(月)

最近、思うようになったのですがアフィリエイトで継続的に稼ぐ
ことが難しくなってきました。一発屋でちょっと稼ぐことは簡単
にできますが、継続的に稼ぎ続けることは難しくなってきました。


それだけお客さまのニーズが高く、またニッチになってきている
ことでもあります。そうなってくると稼ぐために要求されることは
お客さまに共感してもらえるためのアンテナの感度を上げるしか
方法はありません。


これは目まぐるしく変化します。昨日うまくいったことが今日も
使えるという保証はありません。こうなってくると、テキスト教材や
セミナーで習ったことだけで長く稼ぎ続けることは難しくなります。
決め手はあなたの、お客さまからの共感力になります。


これについてはテキストやセミナーでは教えてくれるにしても
限界があります。一通り習得、実行してそれなりに手応えが
あれば、あとはあなた自身の問題です。テキストやセミナーで
実行したことが基礎編なら、あとはあなた自身で応用していく
ことになります。


その一方で、無料レポートの質の向上も目覚しいものがあります。
これは、いわば応用して稼ぎ続けることができた方が、その
ノウハウをまとめられたものです。


優秀な無料レポートがどんどん出てくるということは、それだけ
アフィリエイト自体もどんどん進化している証拠です。ですから、
そうしたレポートを数多く読んで、それを実践するだけでなく、
そこにあなた独自のやり方を加えて、お客さまから認められ
ないと、成功することはできないのです。


応用編としてのレポートが公開されたら、そのノウハウはその
瞬間に応用編ではなくなります。そこに応用編を導き出すのは
あなたです。それができなければ稼げなくなっているのです。


もともとアフィリエイトで稼ぐ人はアフィリエイター全体の数%に
満たないといわれてきました。ただでさえ少ない比率ですが、
最近はさらに少なくなっているのではないでしょうか。


それ以上に、稼げる人とそうでない人の格差も大きくなって
きているように感じます。


アフィリエイトも基本的なことを学んだら、それ以降はその人
自身によるところが非常に大きくなっている、そんなところ
です。


誰かに教えを乞いながら進めていくのでは先行きが非常に
厳しくなっているということです。これは本当の意味で、自己
責任で進めることが要求されてきているということです。


教材やセミナーも一通りこなした。無料レポートも数多く実践
してきた。それだけでは稼ぎ続けることはできません。そこから
先は、そこまでやってきたことをどのように活用していくかと
いうことに尽きるのです。


これは、言うのはカンタンですが実行するのは大変難しいこと
です。わたしだってどこまで 「やった!」 と言えるのか考えて
しまいます。


当然のことですが、なかなか思うようにはいきません。1000の
ことを実行しても、そこそこ手応えのある結果につながるのは
そのうち2つか3つくらいの話です。


つまり結果を出すためには1000のトライアルが必要なのです。
アフィリエイトで成功したい。それならば、これだけのトライアル
を粘り強く実行できる強い意志が必要です。


アフィリエイトを始めるならば、それをやり通す覚悟があるか。
是非あなたご自身と相談されたほうがいいでしょう。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

文章が苦手、コレを意識するだけであなたの文章は見違える!

2016年08月21日(日)

アフィリエイトの仕事をするのに文章を書くことは避けられません。
最近のレポートなどは映像が主体になっていますが、それでも
カギになるのは文章です。


ところがアフィリエイトをやっていても文章を書くのが苦手だという
人は多いんですよ。私だって苦手です。そうなると文章書くのが
得意な人っているんだろうかと思えてきます。


ところがなかなかいないんですよ、そういう人って。そんな人という
のはなかなか表に出てこないんでしょうか。私の知っている人は
たまたま文章を書くのが苦手な人ばかりなのでしょうか。


現在、世に名をとどろかせていらっしゃるスーパーアフィリエイター
の方でも 「書くのは苦手だ」 とおっしゃる方は多いですよ。また、
ライティングを教えている方でも、「自分はもともと苦手だった」 と
おっしゃいます。


ということは、人間というのはもともと
文章を書くのが苦手なもの
なのです。ということは、文章を書く事が苦手だということで悩む
というのは実にバカバカしいことだということになります。


そもそも文章は何のために書くのか、それは自分のことを他人に
伝えるためです。伝達以外の機能を持った文章ってありますか。
つまり、文章を書くというのは人に物事を伝えるための一手段と
いうわけです。


この 「伝える」 ということがキーワードです。文章を書くのは苦手
だけど、SNSなどで話したりするのは好きだという人は多いでしょう。
この違いは 「伝える」 ということの重みの違いです。


「伝える」 事のウエイトが大きくなればなるほど、みんな尻込み
してしまいます。 「伝える」 ことがみんな苦手なのです。だから、
伝えるのが苦手 → 文章を書くのが苦手、ということになるのです。


ということは文章を書くのが上手くなりたい、というときに文章を
書くトレーニングをいくらやっても効果はないでしょう。それは横に
置いといて、「伝える」 ことをうまくできるようにすることが先です。


これをせずにいくら文章を書く練習をしても効果はないわけです
から、文章に対する苦手意識ばかりがどんどん増殖してしまいます。


では、文章を上手く書く事につながる上手な伝え方のコツとは
どういうものでしょうか。ズバリ、コレだという決め手はないです。が、
あなたもサラリーマンでしたら一度は言われたことがあるでしょう。


結論を先に簡潔に、5W1Hで報告しろ
さしあたり、これ、使えます。これって報告を受けた上司が聞いて
すぐに状況を把握できるように部下に教育するものです。


これこそが上手に伝えることへのヒントです。 「伝える」 というのは
必ずそれを聞いてくれる相手が存在します。しかも 「伝える」 の
ですから、あなたの言いたいことを正確につかんでもらわないと困り
ます。


そのためには伝えるときにあなたが主人公になるのではなく、あく
まで伝えられる相手が主人公です。あなたが言いたいことが何か、
あなた自身は痛いほどわかりきっています。それを相手に少しでも
正確に伝えるためには相手にとってわかりやすいように気配りする
ことが必要です。だから相手が主人公なのです。


その端的な例が、結論を先に簡潔に、5W1Hで報告しろ です。
これを意識するだけでも、あなたの文章はスマートになりますよ。
文章が苦手だからといって、文章自体をイジる必要はありません。
せいぜい誤字脱字を直す程度で十分です。


ぜひぜひお試し下さい。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

副業ネットビジネスで成功したい、ならば現職でプロになれ!

2016年08月20日(土)

サラリーマンの方で副業アフィリエイトを始めて、そちらの方が
本業になった方は結構いらっしゃいます。また、副業で始めて
サラリーマンの給料を遥かに凌いて稼いでおられる方もいらっ
しゃいます。


そういう方のブログや記事を拝見すると、あることが見えて
きます。副業を始められたきっかけは、それまでサラリーマン
として過ごされてこられたことに問題があるということです。


「サラリーマンのままでは自分は決して幸せになれない」 と
思ったことがきっかけになっています。しかし、そういう方々の
プロフィールを拝見すると、だからといって決してサラリーマン
の仕事をないがしろにしておられるわけではありません。


むしろその逆です。仕事に対する考え方や姿勢は一般的な
サラリーマンなど足元にも及ばないくらい立派なものなのです。
早い話が、彼らを雇っている会社は、彼らの仕事観を満足
させるものになっていないということです。


そうなると彼らは、「会社は自分を正当に評価してくれない、
評価してくれないから正当な報酬も貰えない」 という不満を
持ちます。その会社に限定した問題ならば転職すればいい
わけなのですが、企業体制そのものに不信感を持ってしまうと、
自力で稼ぐことを考え始めるのです。


彼らは企業で使いこなせないほど洗練された仕事観を持って
います。だから副業ビジネスを始めてもそつなく成功して、
あっという間に給料以上の稼ぎを達成してしまいます。


彼らが副業で成功しているのは、彼らの高い自己実現能力の
賜物であることはいうまでもありません。ですから、私たちが
それを真に受けて、「俺にだってできるだろう」 と安易な気持ち
で始めると、どん底が口を開けて待っているわけです。


副業でアフィリエイトなどのネットビジネスを始めるのは大変
良いことです。リスクも少ないですし。でも、成功したいと本気で
願っているのでしたら、同じように始められて成功された方の
プロフィールをよく読まれることです。


そこには彼らの非凡とも言える仕事観というかモチベーション
の鋭さがにじみ出ているはずです。それを把握していただき、
そのうえで現状の仕事の状況を振り返ってみてください。


仕事に追いまくられているだけ、とか、とにかくサラリーマンに
嫌気がさしていてできるならさっさと辞めたい。だけど代わりに
食っていける術もないというのでは、あまりに心もとないです。
それでは副業を始めてもすぐに挫折するのが関の山です。


副業を始めたい、本気でそう思うのでしたらまず今の仕事を
徹底的にレベルアップしてください。そしてそれを会社に
アピールしてください。客観的に自己評価して会社への貢献度
も格段に上がっているのに会社からの評価はサッパリ、と
言うならば、いよいよ行動を起こす時です。


この時、会社が評価してくれなくともあなたの仕事観は見違える
ほど進化しています。それは副業ビジネスおいてもあなたを
素早く成功へと導いてくれるはずです。


サラリーマンである以上、ある意味でプロのサラリーマンでなけ
れば副業を始めても成功することはまずありえません。副業
ビジネスを始めたい。ならばその前にサラリーマンのプロに
なってください。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

消費増税、ゼロ金利、これらは皆私たちに襲いかかるのです!

2016年08月19日(金)

この時期になると、過去に日本が戦争をした過ちについて
議論されることが多いです。なぜ日本は戦争の道を選んだ
のか。なぜ最悪の結末を回避することができなかったのか。
今後も戦争をしないために何をすればいいのか。そういう
ことがポイントです。


でも、ここでひとつだけ私たちが絶対に忘れてはならない
ことがあります。国や政府は切羽詰まった状態になった時、
平気で国民を欺いたり騙したりするということです。


あの戦争だって、最前線では青息吐息になっていて日本軍は
後退するだけだったときに、政府は国民に戦況は極めて有利
に展開していると報じました。おかげで国民の大半は日本の
各都市が空襲で破壊されていても必ず勝つと信じていました。


その結果、戦争で一番の被害者は無辜の国民に他ならなかった
のです。あの戦争の最大の過ちは、国が国民を騙し続けたこと
なのです。


ですからあの過ちを繰り返さないと誓うのであれば、国が国民
を騙さないようにすることであって、国民には何の罪もありません。
しかし日本国憲法でも、戦後制定された法律でも、政府は国民に
ウソをついてはいけないということには全く触れていません。


そして今に至り、政府は相変わらず密室政治が大好きです。なぜ
密室で政治をするのか、国民を騙すのに都合がいい以外にどんな
理由が考えられるでしょうか。


私たちは、戦後も相変わらず騙され続けているのです。その最たる
モノが税金です。消費税が導入され、今は8%も取られていて近々
10%に上げられます。よーく考えてください。ここまでの消費税を
払った代償に、私たちの暮らしはどれだけよくなりましたか。


「消費税があるから、この程度で済んでいるんだ」 という人も
います。でも、そう思うのは騙されている証拠ですよ。なぜなら、
消費税を徴収して、徴収前と何がどう変わった、今後はこれを
さらにどうするのかといった報告が一切ないからです。


サラリーマンなどというのは、まさに一番のカモですよ。税金と
社会保険を払うために存在しているといってもいいくらいです。
だから、企業がこんなに弱体化しているにも関わらず、相変わらず
国民にはサラリーマンになるための教育しかしません。こんな国が
ほかにありますか。


ネットビジネスを含む自営業の方だって例外ではありません。
税制面ではサラリーマンより融通が利く代わりに、社会保険や
年金はひどいものです。老後に国民年金だけで食って行ける人
はどのくらいいるでしょうか。


最近の例では、日銀によるマイナス金利です。これは金融機関
に影響があって国民には直接影響しないと言われます。そんな
ことはぜったいありません。金融機関の損失は預入金利や、
手数料負担増などの形でちゃんと私たちにのしかかります。


わたしたちが生きていく上で忘れてはならないこと、それは私たち
はいつも国に騙され続けて生きているということです。私たちが
日本で生きていく限り、これは宿命です。これを認識することで
どのように騙されているから、それを軽減するためにどうすれば
いいか、という思考が生まれます。


とりわけサラリーマンは国に騙されるための存在と言って過言
ではありません。副業をやれば騙されていることに気付きます。
まずは気付くことが大切です。気付くから、どうすればいいだろう
と考えて行動することができます。


この行動こそが今後のあなたの人生を大きく変えると言っても
決して言い過ぎではありません。あなたはどうしますか。


今回はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

ウソ~、こんなんで稼げるの、ほ、欲しい その前に〇〇せよ

2016年08月18日(木)

なんとなく最近また増えてきたように思います。欲情を刺激
されるようなタイトルのついた商材とかセミナー。「寝ている間
に稼げる」 「コピペするだけ」 「クリックするだけ」 などなど。


確かにコレ、それなりにベースができたら不可能ではないん
ですが、始めたての人が突然やってできるというものでは
ありません。


何かのサイトを開いたら、クリックのボタンだけがついていて
クリックしたらあなたの指定口座にどんどんお金が振込まれて
いく。こんなこと、冷静に考えてありうると思いますか。


魅力的なタイトルに惹かれたら、最初にこれをやってください。
作者またはタイトルを検索エンジンで検索するのです。それ
だけでいいです。


たいてい、コレでもかというくらいケチョンケチョンに酷評されて
ませんか。だいたい、このテの検索というのはサクラが多いので
わざとらしく褒めちぎっている場合が多いものです。


それがケチョンケチョンにけなされていたというなら、それ、結構
その通りかもしれません。いずれにせよ魅力的なタイトルに酔って
いるときに、こういう酷評を見ると少しは酔いが覚めて冷静になる
ものです。


ここ数年、こういうたぐいのものは影を潜めていたのですが、最近
再び出てきたということは、アフィリエイトの市場も厳しくなって
きたのかもしれません。


考えてみたら最近の日本は、少数の富裕層と大多数の貧困層に
分かれてしまい、中間層がいなくなっているんです。アフィリエイト
でお客さまになってくれる人というのはほとんど中間層ですよ。
つまり市場の層がどんどん薄くなってきているということです。


ですから、アフィリエイターの中にも、扱うものがなくなってしまうと
こういう方面に走ってしまう人もいるんではないでしょうか。


しかしアフィリエイトというのは環境が追い風になろうと逆風に
なろうと、市場の層が厚くなろうと薄くなろうとやることは変わり
ません。環境や市場の状況を鑑みて成果を収めるのはまさに腕
の見せ所というものです。


事実、環境や市場の変化にかかわらず稼ぐ人はガッツリ稼いで
いるわけですから。私たちにできることというのは、最初に決めた
教材やセミナーを信用して、それに没頭して方向性が見えるまで
他の物に手を出さないことです。


どうしても気になって気になって仕方がないものが現れたら、検索
してみてください。そこでボロカスに酷評されているのを見たら、
目が覚めますよ。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

チカラをつける最強のマインド、それは楽しむことにつきます

2016年08月17日(水)

あなたは何か自分が没頭して楽しめるものを持っていますか。
趣味でもスポーツでもなんでもいいんですが。そんな時って、
時間が経つのがやたら早くないですか。


始まったと思ったらあっという間におしまいの時間になった、と
いうぐあいに。まるでタイムスリップでもして、時間が何十倍にも
早く進んだように感じたりして。そう感じたら、本当に楽しく
過ごした証拠です。


あっという間に時間が経ったと感じるというのは、ほかのことを
一切忘れて、そのことに没頭していたということです。それが
楽しむという状態です。


たとえば仕事がギュッと詰まった1週間と、長期休暇の1週間と
どちらの方が長く感じますか。長く感じる方はきっとそれを楽しい
と思っていないんですよ。


アフィリエイトの作業にもそれはあてはまります。アフィリエイトは
必ず相手がいて、その相手に信用されないと成立しません。
あなたが楽しんでいるかいないかは、相手にも伝わります。


もし、いやいやながら作業を進めているのなら、相手に共感して
もらうことも難しくなります。文章一つにしても、楽しんで書いて
いるのとそうでないのとでは出来上がりが違います。


ひとりよがりになってはいけませんが、書いている時に、読んで
くれる相手に、こうすれば喜んでもらえるだろうな、とか考えながら
書くことができたら、それはそれは楽しく書くことにつながります。


書き始めたら、いつの間にか書く事に没頭していて書き上げる
まで他のことをすっかり忘れていたなんてこと、ないですか。
「ある!」 という方、あなたの文章はきっと生き生きとして、読み手
をグイグイ惹きつける文章になっています。


ビジネス文章をマスターするためにはライティング技術が必要とか
言われます。それはその通りなんですが、それよりも自分が楽しんで
書けることが、読み手の共感を得る早道です。


わたしもよくあるのですが、文章をひとつ書いていたらけっこう没頭
して時間が経つのも忘れてしまって、約束の時間に遅れたなんて
いうことが。ですから、約束の時間を控えているときはなるべく書か
ないようにしているのですが、思いついたらやっぱりその時に書く
のが一番ですからね。


私はもともと書く事が苦手で、書く事がイヤでイヤで仕方が
なかったんですけど、それではアフィリエイトになりません。
とにかく慣れるしかないと思って書いていました。その甲斐
あって最近では、そんなに深く悩まなくても書けるようになり
ました。


また、時々読んでいただいた方からメールなどをいただくことも
あったりして、書く事を楽しませてもらっています。まずは楽しんで
できるようになることですね。そうすれば、ライティングの学習も
より前向きに出来るでしょうから。楽しむことが効果を上げる
秘訣といえます。


ぜひぜひ、楽しめるように工夫してみてください。


今回はこの辺で。
お読み頂き、どうもありがとうございます。

記事ネタがない、それならイモヅル式に連想すればザックザク

2016年08月16日(火)

ブログ記事を書いていると、必ず記事ネタが枯渇してキーボード
を打つ手の動きが悪くなります。そんなときどうしたらいいで
しょうか。


そういうときは、進んで記事を書く事がいちばんです。ネタがなくて
困っているのにじゃんじゃん書けなんて、ぜんぜん答えになって
いないように思えますが、実は、これ結構イケます。


ネタがないなと思っているときは、かなり焦って 「ネタがどこかに
転がっていないか」 とやっきになります。そんな時に、何か一つ
無理やり書いていると、その内容がヒントになって次の記事の
ネタを発見、なんてことがよくあるんです。


で、次の記事を書いていて、またその次のネタを発掘して、という
具合にいつのまにかイモヅル式に記事が書けてしまうんです。
私もけっこう記事ネタが枯れた時に、このテでつないでいます。


コツなどというものが特にあるわけではないですが、やはり自分
が直接関連しているところから一つ引っ張ることができたら、次
の記事へとつながりやすいです。たとえば、ここでは副業アフィリ
エイトということになります。


ほかの報道とか記事から引用したネタの場合は、ほとんどそこで
終わることが多いです。そういう内容だと、次から次へと連想する
ことが難しいですからね。いいとこ続いても2つか3つくらいじゃない
でしょうか。


それからイモヅル式に記事が書けるときは、書ききるまでどんどん
書いてしまうことです。途中で中断すると再開するときにたいてい
忘れています。そうなったら、また記事枯渇モードに逆戻りして
しまいます。


メモして残しておくという手もありますが、後でそのメモを見ると、
少しニュアンスが違ったりして、なんとなくシャキッとしません。
まあ、メモを取るヒマがあるんだったら直接記事にしてしまった方
がいいです。


そうすると始めは記事ネタがなくて悩んでいたのに、気が付けば
1時間の間に5記事くらいスラスラスラと書いていた、なんてことも
よくあります。


ブログというのは記事が命です。鋭い記事を3日に一度書くよりも、
そんなに鋭くない記事でも毎日書くほうがそのブログの価値を
高めます。ただし、あくまで記事の目的、例えば情報提供とか、を
満足していなければなりませんが。


ですから記事ネタに困ったとき、今一度身の回りを振り返ってみて
ください。最近困ったことはないか、目からウロコが出たことはないか、
喜怒哀楽にさらされたことはないか、などなど。そういうところから
なにか記事を作って、書いているうちに次のネタがそこから見つかる
のです。記事の枯渇を記事にしてもいいんです。


勘の鋭い方はもうおわかりでしょう。いま私が書いている、まさにこの
記事もそういう観点で書いているわけです。そう考えると、記事ネタと
いうのは、けっこうそのへんにゴロゴロ転がっています。案外それに、
気が付かないことが多いんですよ。次はどんな記事を書こうカナ。


今日はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

毎晩残業でクタクタ、それでは副業アフィリエイトは無理です

2016年08月15日(月)

わたしは、副業でアフィリエイトをやるなら、まず本業のサラリー
マンの仕事を安定させた状態でやることをお薦めしています。
サラリーマンの方が副業アフィリエイトをやるということは、
初めて起業を手がけるのに等しいのです。


アフィリエイトというと、なんとなく取り掛かりやすく聞こえますが、
起業というと思わず身構えてしまうでしょう。でも本質的にアフィリ
エイトは起業です。ただ、先行投資や大掛かりな設備などを必要
としないために副業でもできるということなのです。


まして、起業などサラリーマンが単身で取り組まれた経験は、まず
ないでしょう。だから、それなりに集中して取り組まなければなり
ません。


給料はさておいて仕事が安定していない、毎日残業が慢性化して
いて休日出勤も当たり前。また、勤務中も過度のストレスやハラス
メントにさらされて心身ともにボロボロ。こんな状態で副業アフィリ
エイトをやっても、うまくいくはずはありません。


しかも、アフィリエイトも全く未経験なら、稼げるまでに時間もかかり
ます。それまでは給料でなんとかしのがなければなりません。


私の場合でも、仕事でゴタゴタがあるとそちらの方に気を取られて
ブログ記事一つまともに書けません。ですからサラリーマンの副業
アフィリエイトに関して、本業が安定していることがまず何よりです。


アフィリエイトの作業をするときには集中してやること、その時に
サラリーマンの仕事のゴタゴタの影響があると進むものも進み
ません。


ですから、副業アフィリエイトを始めるときには、それに先立って
今の本業をスムーズに進めることができるよう改善してください。
そういった改善もできないほどのブラックな企業なら、いっそ
のこと転職も辞さないことです。あくまで、最後の手段ですよ。


辞めてしまってアフィリエイトに集中する、それが自らを奮い立た
せることになってうまくいく人もいます。でも、そうやってみたもの
の、失敗してどん底に落ち込む人はその比ではないでしょう。


なぜなら、アフィリエイトはビジネスだからです。上を見るのは
いいことですが、下を見てそれに対する備えも欠かせません。
その備えについて、サラリーマンが仕事以外に糧を確保できる
手立てがありますか。


だから、当面はサラリーマンの仕事を続け、その仕事を安定
させることで心身ともに健全な状態で副業アフィリエイトに臨む、
これがベストなのです。


できることなら、会社にしがみつくほうがいい。でも、それでも
やむをえず転職も考えなければならないこともあるのです。
転職市況も大変厳しいです。でもそうなったときよく考えてください。
転職することは応募先企業にあなたを売り込むことです。


これは、副業アフィリエイトにも十分通用することでもあります。
応募先があなたを採用したくなるような応募書類を書く事が
できたら、アフィリエイトでもそれは役立ちます。


そういう選択肢を取らざるを得ない場合でも、その経験は必ず
役に立つのです。ですから、客観的に考えて、サラリーマンの
仕事を安定化することから始めて行ってください。


それがアフィリエイトを成功に導く秘訣と言えるのです。


以上、今回はここまで。
お読みいただきどうもありがとうございます。

良い副業アフィリエイトは良いサラリーマン環境からですよ!

2016年08月14日(日)

サラリーマンが副業で安心してアフィリエイトをやるために必要
なこと、それはとりあえずでもいいからサラリーマンでいること
です。サラリーマンを辞めてアフィリエイトをやる、その決意は
頭が下がりますが、それは余りにも無謀です。


もし、リストラなどで会社を辞めなければならなくなっても、いったん
転職して、そこで落ち着いてから副業アフィリエイトを再開するのが
一番確実です。それはなぜか、あなたはサラリーマンしか知らない
からです。


これはリストラに限らず、今の職場がブラックで過重な労働や待遇
を強いられている場合でも同じです。本当にブラックなら、まず転職
して、転職先で落ち着いてから副業を始めてください。


実は私も何回か転職歴がありまして、今回は良い転職先を探す
ノウハウを公開しましょう。


1.内定は必ず複数取る
内定を一つ取るのは大変なことです。しかし、一つだけの内定で
就活を終了して、そこに入社するのは実はアブナイです。

そこがブラックでないという保証がありますか。入社前でもそれ
を見極めることはできるのです。例えば面接の時に、社内の
雰囲気を見ても察しはつきます。

でも、最初から一つの内定にすがりついてしまうと舞い上がって
しまい、面接の時でもそういうところまで観察することができません。

ですから、内定は必ず複数取るつもりで行ってください。複数
取っても実際に入社できるのは1社だけです、当たり前ですが。
ということはどこに入社するか選ぶということが必然になります。

この、選ぶことによって内定先を冷静に比較できます。それが
大事なことなのです。行きたくない方は辞退して構いません。

選ぶときに、面接の時雰囲気はどうだったとか、面接官の態度
はどうだった、とか思い起こすでしょう。そうしたことを洗い出して
比較するわけです。そうすることでブラックに捕まる確率はグン
と下がります。

場合によっては内定を受けたときに返答を保留することです。
1週間程度なら待ってもらえます。これをダメだというなら、即辞退
ですよ。

「複数取れって言われても、一つ取るのに100社も応募したんだぞ」
だったら、もう100社応募してもう一つ内定を取ってください。その
気になればできますよ。ハローワークに来ている案件全部に応募
するくらいの気構えで行ってください。


2.内定時に通知書をもらえ
内定時に内定通知書や労働条件通知書の提出を申し出てください。
内定通知書はともかく、条件通知書が重要です。これは法令でも
提出は義務付けられています。雇用条件を詳細に示す書類です。

特に、最近は募集時と入社後に給与等が違ってトラブルになる
ことが非常に多くなっています。実際、要請しても入社時にしか
出さないというところも多く、内定の時点では出さないということを
言われるかもしれません。

でも、雇用条件は求職者にとって何よりも重要なものであるはず
です。わたしなら内定時に提出してくれないところは、迷わず辞退
します。

条件面でのトラブルを避けるために、キチンと書面でもらうこと
が肝なのです。逆に提出してくれる会社は、雇用がしっかりして
いるという証ということです。

まして、内定の連絡と同時に条件も明かさずにいきなり明日から
来いなんて言うのは論外です。


以上、この2つを守って就活を進めたら、安心して働くことができる
会社に就職できるでしょう。副業アフィリエイトを落ち着いてやろう
という時に、何より大事なことは本業のサラリーマンも安心して
働いていられることです。


ブラック企業でクタクタに働いて、副業をやれといってもしょせん
ムリな話です。まずは、転職してでもブラックから脱出することが
先ですよ。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

ビジネスで差をつけるあなたの「強み」、誰にだってあります

2016年08月13日(土)

突然ですが、
「あなたの強みは何ですか?」


強みとは、他者と比べてどういうセールスポイントを持っているか
ということです。ビジネスにおいて顧客の信頼を得るために、この
セールスポイントは大きなアドバンテージになります。アフィリ
エイトにおいてもそれは同じです。


実際にアフィリエイトをガンガン進めていて、報酬が誰よりも多い、
つまり売上がダントツだとか、誰よりも幅広い商品群を網羅している
などというのであれば、もはやここで申し上げるまでもありません。


ほとんどの方は、自分の強みを明確に把握されていないでしょう。
把握どころか 「そんなものあったら、苦労しないよ」 とお思いでは
ないでしょうか。でも、あなたがアフィリエイトを少しでもやっている
ならば、そこには必ず 「強み」 は存在します。「そんなののあるわけ
ない」 のではなく、気付いていないだけです。


アフィリエイトに限らず、何か得意なものはないですか。また他の
人より、こんなところが優れていると思うところはないですか。
例えば、人よりメシを食べるのが早いというなら、それだけ作業に
当てる時間を多く取れるじゃないですか。


細かいところが気になってしようがないというなら、マメに気の利く
記事が書けるでしょう。粘り強いというなら、まさにアフィリエイトを
続けていくのにうってつけです。こんな具合に、自分のこんなところ
が人より得意だというところをピックアップして、それを作業に連携
させればいいのです。


そういうポイントはあなたの強みとして生きていきます。それを作業
に活かしていくこともスムーズにできるでしょう。それを蓄積して
いけばそれはあなたの、他の追随を許さない 「強み」 になります。


そういう時に、別に 「俺の強みはコレだ」 とひけらかす必要はあり
ません。あなたご自身で意識してそれを伸ばしていくように進めたら
いいだけです。それは、あなたの特質として表に出ます。そうすると
必ずそれに共感してくれるお客さまが現れます。だから、わざわざ
ひけらかす必要はないのです。


またこの場合、やってみて自分で発見する強みというのもアリです。
やってみて、「意外と自分はこういうことが得意なんだな」 と気付くこと
です。そういうことからも実行することは大事なのです。アフィリエイト
は実践だ、と言われますが、それは自分の強みを発見することにも
つながります。


ビジネスにセールスポイント、すなわち 「強み」 は最大の武器です。
それはビジネスをやる者であれば必ず持っています。その 「強み」
を早く見つけて、それをビジネスに利用していくこと、これがあなたの
「強み」 を活用する方法なのです。


まずはあなたの得意なことを何でもいいので挙げてみてください。
それが[強み発見」 の第一歩です。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

副業アフィリエイト、始めてトクすることは稼ぐだけじゃない

2016年08月12日(金)

わたしはアフィリエイトを副業で始めました。少しでも給料のタシ
になればと思って始めたのですが、やってみるとそれがいろいろ
なところにも良い方向で影響しています。


お金を稼ぐことだけでなく、アフィリエイト以外のことに対しても
良い副作用をもたらしているのです。


まず、会社の仕事に対して。アフィリエイトでも会社の仕事でも
「書く」 という作業は必ずあります。書く文章が変わりました。
アフィリエイトではお客さまにアピールする文章力が必要です。


わたしは根っから文章を書くのが苦手です。しかし、アピール
する文章を四苦八苦しながら追求していくうちに、実際に
アピールできているかどうかはさておき、以前に比べて整然と
した文章が書けるようになりました。


例えば、報告書1枚書くにしても、以前は長々クドクドとなって
いましたが、いまはA4、1枚にたいていのことは収まります。
同じ内容の文章が、より短く書けるようになりました。


アピールできる文章というのは、何より読みやすい文章で
なければなりません。ならば、長々とした文章よりもサクッと
短く書いて伝わるならばそれに越したことはありません。


報告書を手短かに書けるということは、書くための工数を
減らすことにもつながります。そうすると書くこと自体が重荷
にならなくなります。


また、仕事や趣味などでほかの人と接する機会は多いもの
ですが、そういう人との付き合い方も、より円滑になりました。
アフィリエイトは、常にお客さまのメリットに配慮しなければ
なりません。


それを考えると、アフィリエイトとは関係のない場合の人との
接し方にも変化が出てきます。やはり人との付き合い方を
円滑にするために、どういう接し方をしたら」いいだろうか、
自然に考えるようになりました。


アフィリエイトをやろうと思って実際にやってみて、やったこと
が今までのサラリーマンの仕事や人との付き合い方にも
変化をもたらしてくれるのです。


これは、始めるにあたって全く予想もしなかったことです。
でも、そういう変化は大歓迎しています。そちらの変化で
「これはプラスになる」 と思えば、今度はそれをアフィリエイト
にもフィードバックすることもできます。


そういうところも副業アフィリエイトのメリットということが
できるのです。そういう効果をもたらすように進めていくのも
一興かと思います。


以上、今回はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトに向いてないから辞めた、それは勝手ですけど

2016年08月11日(木)

アフィリエイトで5000円稼ぐ人はアフィリエイターの中で上位5%
にすぎない、こういうことが言われて久しいです。最近はこの
数字がどう変化しているか、よく知りませんが多分そんなに
大きく変わっていることはないでしょう。


やってみたけど稼げない、こういう人が大多数を占めている
のです。稼げない、そんな時あなたはどう考えてどうしますか。


最悪なのは、短絡的に 「自分には向いていない」 「やってる
のに稼げない、やっぱりアフィリエイトは詐欺だ」 とか決め
つけてしまうことです。おそらく95%の人が5000円も稼いで
いない一因は、ここにもあるでしょう。


物事をそういうように短絡的に帰結する人は、アフィリエイトに
限らず、何事においても満足のいく結果を得にくいでしょう。
サラリーマンならば、会社の仕事だってうまくいかないのでは
ないでしょうか。


あなたがサラリーマンで不幸にもリストラに遭ったとします。
さしあたり、あなたは職を見つけなければなりません。
どうしますか、そんな短絡的な判断しかできなかったら、
その時点であなたは社会からドロップアウトしかねません。


あなたはきっと必死で、求人に応募するために精一杯
自分をアピールする履歴書や経歴書を作って何社にも
応募したりするでしょう。


それと同じことなんですよ、アフィリエイトで稼ぐということは。
副業の場合だと、「どうせ副業だし」 と甘く考えるかもしれ
ませんが、それでは稼ぐのは無理です。


稼げないなら、なぜ稼げないのか客観的に考えることです。
決して自分に非があるとか、向いていないというような
ところに持っていかないこと。


考えに考えてもあなたの力不足だと言う結論になるなら、
そこで終わるのではなく、ではどうすれば力がつくのか、
というところに展開しなければなりません。


こうしてとことん原因を突き詰めていくと、「それではこう
こうことをやってみよう」 という結論に行き着きます。
結論に行き着いたら、迷わずそれを実行したらいいの
です。うまくいけばそれでよし。ダメならば、再び原因を
考えることから繰り返します。


人間が生きていくこと自体もこの繰り返しです。完成された
姿というのもありません。それを目指していくのが人生です。
ただ一つ確かなことは、こういう生き方こそが人間と獣を
分けているのです。


はっきりと申し上げて、向いていない、とかやってるのに、
なんてのは単なる逃げに過ぎません。そういうことを
考えるクセがついてしまうと、本当に何もできなくなって
しまいます。今すぐに改めてください。


その歯止めとして、アフィリエイトを始めたら、ぜったいに
「向いていないから」 と 「やったのに稼げないから」 という
理由で辞めないことです。この理由で辞めたら、その時点
で、人生負け組一直線ですよ。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトにも旬がある。コレをナメたら売れませんよ。

2016年08月10日(水)

スーパーなどに出かけておかずに生鮮品を買うことは、誰に
でも日常的にありますよね。で、その時にチェックすることと
いうと、できるだけ旬のもので、新鮮なものということになり
ます。


新しいものを買いたいあまりに、陳列してある商品の中から
わざわざ奥に入れてあるものを取り出してカゴに入れたりも
するでしょう。商品は先入れ先出しを徹底していますから、
1日でも新しいものを、ということで、それを逆手に取るわけ
です。


また、できるだけ安く買いたい場合は少しくらい古くても消費
期限内ならば、割引されたものを買うという選択肢もあります。
こういう場合、2割引きより3割引、3割引より半額、という具合
に、とことん値引き率にこだわります。値引きされる時間帯を
狙って出かけたりもします。


同じ商品でも、ニーズの違いによっていろいろな買い方がある
わけです。


アフィリエイトで扱う商品でも、これと同じことは起こります。
どんなに良い商品、人気商品でもいつかは陳腐化します。
当然、同じ価格では売れにくくなります。そうすると価格を
下げるとかしないと売れません。


ところが、アフィリエイトでは直接商品を売るわけではないので、
価格の変更は売り手に任せるしかありません。売り手が頑なに
値下げをしないなら、売上は減って、あなたの報酬も少なく
なってしまいます。


そうなると、アフィリエイターとしては売上の動向を見ながら、
特典を充実させるとか、とりあえずその案件は置いといて、別の
案件を探すとかしなければなりません。


これは情報商材などにも言えることです。優れた商材は多くの
アフィリエイターに支持されています。しかも、優れたものほど
価格を下げるといったことはやりません。


そういう商材は息が長いので内容自体が陳腐化することはない
のですが、多くの人に行き渡って、売上はやはり下がります。
そうすると報酬も得にくくなります。


ならばアンテナを張り巡らして、新しくデビューした優良商材を
キャッチしてすかさず紹介用のサイトを作成しなければなりません。


アフィリエイトをやっているんだけどなかなか稼げない、そんな
とき、こういったことに思い当たることはありませんか。売れる
商品というのは、流行り廃れに左右されて目まぐるしく変わります。
アフィリエイトで稼ぎたいなら、この流れに乗ることは避ける
わけにはいきません。


これから売れ筋になるものを人より早く察知できること。この
力がなければアフィリエイトで稼いでいくことは難しいでしょう。
どうやってそれを察知するか、人に聞くのか、ネットなどで
売れ筋をチェックするのか、それも間違いではありません。


でも、人に聞いた、ネットで調べた、そしたら売れていることが
わかった、それではその商品はすでに2匹目のドジョウです。
すぐに売れなくなって、またすぐに売れ筋を探しまわらねば
なりません。


一番有効な方法は、あまり注目されていないものを見て、
あなたが新しい価値を見出してアピールすることです。
例えば、これって地味で目立たない商品だけど、じっくりと
取り組めばこういう効果がある、というような流れで。


こういうことをやるのが面白いと感じるならば、あなたは
きっとアフィリエイトに向いています。人よりも早く良い商品
を発掘して、あなたが皮切りになって売れ筋にする。これ
が最も効率的に稼ぐ手段なのですから。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトビジネスとは、今回はちょっとカタい記事です

2016年08月09日(火)

「ビジネス」 という言葉からどういうことを連想されますか?
資産形成、利益を生み出す事業、商取引、経済活動など
でしょうか。


ウィキペディアより要約すると営利・非営利を問わず、また
組織形態を問わず、その事業目的を実現するための活動の
総称、とあります。そして、その実現のために人・物・金・情報
などの諸資源を活用して活動全体を意味する、ともあります。


つまりビジネスとは事業の目的があって、それを実現するため
にいろいろな資源を使った活動ということになるわけです。
「目的」 「実現」 「活動」 というのがキーワードです。それは
計画とか戦略があって、管理された状態でなければなりません。


アフィリエイトはネットビジネスの一つであり、それを実践する
にあたっては、こうしたビジネスに則って行うものなのです。
いきなり大儲けするとか、一山当てるなどといったバクチの
ようなものとは異なります。


とりわけ副業でアフィリエイトを始める場合は、生活の維持の
ためにお金を稼ぐことが目的になるのですが、たとえそんな
場合であってもアフィリエイトを始めることはビジネスを始める
ということなのです。


ですから、やる以上はここで書いたことを念頭に置いて始め
なければなりません。ですから、「今すぐにでも、まとまった
カネが欲しいんだ」、という方には不向きです。


また、少しの時間でコピペのような簡単な作業で何十万も
稼げることを期待して始めるというのもダメなのです。だいたい、
そんな楽してお金が手に入ること自体ありえません。そういう
キャッチフレーズを見ても、そこにはかならず伏線があると
理解すべきです。


そういう軽い気持ちで始めると、たいていは挫折するか、
ノウハウコレクターで終わります。ですから、副業でもアフィリ
エイトを始めるなら、ビジネスを手がけるという認識を持って
ください。つまり、ここで冒頭に書いたことを噛み砕いた上で
始めるということです。


「アフィリエイトって、簡単にできると聞いていたけど、そんなに
仰々しいものなの?」 とお思いの方も、そう思われている間は
始めない方がよろしいかと。そうです、ビジネスという視点で
考える限り、アフィリエイトは仰々しいものなのですよ、他の
ビジネスと同じように。


ビジネスとして考えるということは、計画とか戦略を伴って目的
を達成しようとすることですから、アフィリエイトとは何かを学ぶ
だけでなく、学んだことをどのように実践するかということが
最も重要になるわけです。さらに、進捗を評価してそれをもとに
戦略を練りなおす行動も必要になります。


どうですか、この記事をここまで読んで頭が痛くなったかも
しれませんね。でも、これ読んで頭が痛くなった、面倒で読む
気にもならなかったというのなら、アフィリエイトを始めるのは
やめたほうがいいですよ。


ここに書いたことは、あくまでビジネスを展開するという観点
で書いています。読み通せないというのは、まだビジネスと
しての考え方ができていないということです。それならば、
アフィリエイトを始めない方が無難です。


アフィリエイトを始める前に、ビジネスを始めるということは
何をどうすることなのか、それを理解することが先ですよ。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

食料自給率39%で変わらず、これって非常事態じゃないですか

2016年08月08日(月)

報道によると食料の自給率が、この6年間39%で全く変化して
いないそうです。国は25年までに45%まで上げることを目指して
いるそうですが、その傾向も表れていません。


この半世紀の間、自給率は減少の傾向をたどり続けていて、
それが、この6年間横ばいになっているということです。この
変化を見る限り、一旦低下した自給率を回復させるのは、
かなり困難だということが伺えます。


で、ここでもわからないことが山積しています。これは報道
されないからなのか、政府が何もしていないからなのかわかり
ませんが。


まず、目標45%ですが、どういう経緯でこの目標を立てて、それ
に対して、どんな進捗管理をしているのか。これがわからない
ので、単に数字だけがひとり歩きしているようにしか見えません。


コメ離れがどうとか、肉の消費が増えて飼料の輸入が増えた
とか、天候不順で野菜価格が高止まりしているとか言われて
ますけど、それがこの結果とどう結びつくのか。


コメ離れや肉の消費増など、今に始まった現象でもないでしょう。
そもそも、自給率を増やすために、どんなことをやっているのか
それすらもわかりません。


農業関連ではJAの改革などを進めておられますが、それとこれ
とは問題の本質が異なります。食料の大半を海外に頼らなけ
ればならないというのは、国難につながります。まして、天候不順
が世界的な問題になっており、いつまで安定的に輸入できるか
全く予断を許しません。


諸外国の例では、かつて英国も40%程度しかありませんでした。
それがいまや70%以上にまで向上しています。これをどう分析
しているんでしょうか。


まさか、英国では日本のコメ離れのようなことが起こってないとか、
国土が平坦で農地を確保しやすく、山しかない日本とは異なる
なんてことを言わないでしょうね。かつては日本だって70%程度
あったわけですよ。


また、人口減少や高齢化は農業にも深刻な影響を与えている
はずです。それをどのように受け止めて対策を講じようとして
いるのか。これも全く見えません。


肉の消費が増えていると言いますが畜産農家は人手不足で
疲弊していますけど。消費が増えた分、飼料よりも肉の輸入が
増えているんじゃないんでしょうか。


何か、手を打っているというより無策で放置されているように
しか思えないのですが。


この問題は放置してはならない問題です。こうした現状を見る
限り、毎年1%ずつでも確実に上げる施策を実行しなければなら
ないんじゃないでしょうか。


そのために、現状をどう分析して、その結果、こういうことが
わかったので、こういう施策を実行する、こういうことをマメに
取り組んでいって欲しいのですが。


天候不順による野菜価格の高止まり、これって明日の食料
事情を先取りしてますよ。そうしたら自給率39%で変わらずと
いうのは緊急事態じゃないんですか。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

「失敗を恐れるな」、この言葉にはウラがあることを見逃すな

2016年08月07日(日)

いま、人口減少、活字離れ、ネット普及の影響で新聞や週刊誌
も不況に喘いでいます。でも、その中である週刊誌だけは順調
に売上を伸ばしているそうです。


その週刊誌とは、芸能人や大物政治家などのスキャンダルを
とことんスクープして白日のもとにさらけ出してしまう、「あの」
週刊誌ですよ。もうおわかりでしょう。


そちらの編集長の談話によると、事実をとことん追求して、
それをスクープすることで他誌との差別化を図っているとの
ことです。


ところが、これをあからさまにやると反発も起こります。当事者
から裁判を起こされるというのも日常茶飯事だそうです。
しかし取材記者には、訴訟を恐れるなということを徹底して指導
しているとのことです。


でも、ここまでスッパ抜いてしまうと訴訟を恐れるなと言われても
怖いのが本音だと思うのですが、どうなんでしょうか。


それには伏線もあって、スクープするときに重要視しているのが
「事実に基づく」 ということだそうです。つまり、事実に正しく則って
いる限り、裁判を起こされても負けることはないという信念に
基づいているのです。


そのためには証言を取る場合にも、単なる匿名のものや、噂的に
伝え聞かされたものでは不十分だということだそうです。きちんと
した証拠があって、仮に訴訟となった時でも証言台で堂々と証言
出来る証言者からの情報でなければならないということです。


また、訴訟に発展した場合もその担当記者を取材から外して、
訴訟に専念させるほどの徹底ぶりです。しかも、その間も、常に
事実を正しく把握することを怠らず、それに少しでも疑いがあれば
撤収もいとわないとのことです。


ここまでを簡単に言い表すとすれば、「リスクを恐れない。しかし、
単に恐れないのではなく、恐れないための裏を固く押える」 という
ことになります。


「リスクを恐れるな」 というのはビジネスでもサラリーマンでも
よく言われることです。しかし、これはリスクを気にせずにやりたい
放題やってもいいということではありません。


やりたい放題では、リスクからの逆襲を受けて手も足も出せなく
なるのがオチですからね。それではビジネスには通用しません。


リスクを恐れないということは、必ず伏線があってリスクをリスク
にしないようにガードを固めろという意味が込められているのです。
そうしないとリスクを恐れないことで差別化など図れるワケは
ありません。


つまり、「リスクを恐れるな」 と言われてそのまま素直にやりたい
放題やってしまうのはビジネスマンとして失格なのです。そのため
にどういう伏線を張って、リスクをリスクでないようにするノウハウ
を身につけることを常に考えて行動することが要求されるのです。


それを編集部が一丸となって実践し、リスクを恐れないことで
差別化に成功したのが、あの週刊誌というわけです。


物事にはかならず裏があって、それをモノにするためにはその裏
を押えることが勝利につながる。こういうところまで深読みして
行動することがノウハウ蓄積、ひいては成功するためのカギに
なるということです。


今回はこの辺で。
お読みいただきどうもありがとうございます。

ネットビジネス発展をもたらすもの、それは小さな記録から

2016年08月06日(土)

突然、タイトルとは全く関係ないと思われる内容で始まります。


夏休みで観光にお出かけされる方も大勢いらしゃるでしょう。
そんなとき、イベントとして蒸気機関車が復活して走る姿を
見ることができる観光地が増えています。


蒸気機関車が走ると大人も子供も大喜びで鉄道ファンも
交えて大賑わいになります。北海道から九州まで、今では
各地で復活して煙を上げて活躍しています。なぜ、こんなに
復活できたんでしょうか。


蒸気機関車はかつて日本のどこでも走っていました。1960
年代から急速に置き換えられて1976年には保存機を除いて
姿を消しました。


その後、保存機を使って大井川鉄道や山口線で復活運転
が始まります。しかし保存機も寿命が来て、走り続けることが
次第に困難になります。すると今度は。一度引退して保管
された機関車が蘇って走り出すようになり、それがいま
あちこちで活躍しています。


蒸気機関車の構造は原始的なもので、例えば車輪の軸受
にはベアリングなど使われていません。蒸気機関車が作ら
れた時代には、まだベアリングがなかったからです。


そのため、軸はすべて摺動部品が使われ、回転を妨げたり
発熱しないために、その部品には特殊な合金が使われます。
蒸気機関車が廃止されたとき、その合金の作り方もいらなく
なるわけで、そうした技術や設備も一緒に廃棄されました。


廃止後に残された保存機関車も、メンテナンスを受けられ
ないため、火を落とすのは時間の問題だったのです。まして、
一度火を落とした機関車が復活するなど、ありえないこと
でした。


ところがその後、蒸気機関車の整備保全から、部品の製造
方法までの全てが詳細に書かれた手順書が見つかります。
すべてが廃棄される中で、熱心な保全マンが密かに残して
いたのです。


それによって、火を落とす運命にあった保存機は命脈を保つ
ことができ、一度は火を落とした機関車も復活が可能になり
ました。


いま、旅客列車は電車やディーゼルに置き換えられて、機関車
に牽引されるものはこくわずかしかありません。その中で、蒸気
機関車は今後も観光のイベントに貢献し続けると言われます。


その一方で、かつては蒸気機関車を駆逐するために作られた
電気機関車やディーゼル機関車が姿を消すという皮肉なこと
が起こっています。


たった一冊の手順書が発見されたことによって、蒸気機関車の
運命は大きく変わりました。ここに一つの教訓があります。
それは、記録を残すということです。


わたしたちがネットビジネスを手がけていて規模を大きくしたい
と考えるときに、その基準となるのは現状、とりわけ今の姿に
なるまでの経緯です。そういう時に今までの経緯を正しく把握
していることが必要です。


それが記憶だけに頼るというのでは、これほど心もとないものは
ないと言っていいでしょう。その時に拠り所となるのが正確な
記録です。


何かをやった時に、成果の良否にかかわらず、何を何のために
どのようにやってどうなった、これを時系列的に克明に書き残す
ことは、今後のビジネス発展のために欠く事のできないもの
なのです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトの肝は続けること、コレしないと稼げません!

2016年08月05日(金)

アフィリエイトは、というよりアフィリエイトも、と言ったほうがいい
かもしれません。アフィリエイトで成果を上げていくためには、
さしあたり、継続することがカギになります。


気が向いた時にまとめて、というのではダメなのです。特に
安定して稼ぐことのできる仕組みができあがっていないうちは。
この点で、ほかの事業や仕事と全く同じです。


よく、商材やセミナーなどの勧誘サイトで、 「寝ている間に」
とか 「パソコンが勝手に」 というフレーズで紹介されていて、
ホンマかいな?と思ったりしますが、それはあくまで稼げる
仕組みが出来上がっていたら、のハナシです。


ゼロから始める方は絶対に本気にしないでくださいね。
仕組みを作りあげるまでは、普通の事業と同じです。計画を
立てて継続的に実行していかないと進みませんので。


そこは、あなたにお金をもたらす仕組みなので、よほど戦略的
かつ継続的に進めていかないとそうそう簡単に結果を出しては
くれませんよ。継続的に稼げるまでは、ただひたすらに努力と
忍耐です。


アフィリエイトは決して即金性のあるビジネスではありません。
一般的な事業と同じく、土台が必要なのです。「何だよ、アフィリ
エイトって、すぐに何十万も稼げるって聞いたから始めようと
思ったのに」 そう思われる方は、この時点で降りたほうがいい
です。宝くじでも買い続けていってください。


アフィリエイトを続けるというのは、日記を書き続けるとか、
ブログを運営するのと通じるところがあります。日記もブログも
続けることに意味があります。書く事をやめたら、その時点で
終わりです。


私のこのブログもそうですが、アフィリエイターの多くの方は
ブログを運営されています。これはアフィリエイトに欠かせない
情報提供をブログ形式にして、継続的に提供しようという意図
があることによります。


いかにして多くの人に読んでもらえるか、そのためにどんな情報
をどのようにして書くか、皆さんこういったことにしのぎを削って
います。それがアフィリエイトの土台作りにつながるわけです。


これを怠ったら、道具の手入れをサボッたら錆びて動かなくなる
のと同様、ブログとして機能しなくなってしまいます。そういうわけ
で、アフィリエイトを始めるなら、まずブログを運営せよと言われ
ます。結局は続けることの実践手段ということです。


「何だよ、それじゃアフィリエイトのオイシイところってどこに
あるんだよ」 ということになります。オイシイところ、ちゃんと
あります。それはほかの事業ではぜったいにありえないほどの、
超オイシイところが。


それは、始めるのに資金や大掛かりな道具を必要としないこと
です。ネット接続したパソコンと、始める上でのテキストがあれば
他には何もいりません。


パソコンがあったら、あとはテキスト代が2~3万というところです。
このお金もないというのなら、自己アフィリで調達できます。その
方法は無料レポートが教えてくれます。


数あるビジネスの中で、始めるためにこれほどお金がいらない
ものはアフィリエイトをおいて他にはないと断言できます。


お金がかからないので、とにかく始めたらいいんですよ。ただ、
そこはやはりビジネスなので、地道に続けることは必要なワケ
なのです。


難しく考えるより、とにかく始めたら如何でしょうか。まさに
やったもん勝ちのビジネス、それがアフィリエイトです。


今日はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

「めだかの兄妹」という唄、これサラリーマンのことですよね

2016年08月04日(木)

もう30年以上前の話ですが、「めだかの兄妹」 という唄が、
テレビ番組を皮切りにヒットしました。これは童謡か流行歌か
とか、何かと物議を巻き起こした唄でもありました。


最近、ふとしたきっかけでこの唄を聴いて気がつきました。
これって童謡とも取れるカワイイ唄ですが、よく聞いてみると
まさに、サラリーマンのことを表した唄なんですよ。


特に、歌詞の最後のところで それを如実に表しています。
サラリーマンになって、サラリーマンとして成長して巨大な
名声や財産をモノにした (もちろん、それがサラリーマンの
目標だとは言いませんが) 人はいません。


世の中で成功した人を見ると、皆 「元サラリーマン」 なんです。
つまり、人生で成功を収めたいならサラリーマンのままでは
まずムリなのです。


考えてみたらそれは当然のことで、サラリーマンであるという
ことは、必ずどこかの組織に従属していることを意味します。
人生で成功するためには、自分自身で考えて行動することが
前提なわけですから、この時点ですでに外れているわけです。


サラリーマンとして成功するなら、その組織の中で認められる
ことが前提になります。でも人生で成功することが、組織の中で
認められることだとは考えられないですよね。


例えば、あなたが業務の中で素晴らしい発見や発明をしても
会社がそれを認めなければ、何のタシのもなりません。とこ
ろが、会社の中では全く認められなかった発明が、世間で
大きくクローズアップされて一躍、有名になった人だっています。


あの、青色ダイオードを発明した方や、サラリーマンでノーベル賞
を受賞された方がそうですよ。でも、それは特異な例です。
サラリーマンの場合、サラリーマンでどんなに頑張っても人生で
成功を収めるほどの成果はまずムリです。


逆に人生で成功したいなら、サラリーマンと決別する覚悟が必要
なのです。でも、それもまた実際は無謀と言っていいものです。
サラリーマンは所詮サラリーマンでしか生きていけないようにしか
できていないからです。それは、組織に縛られているサラリーマン
の宿命と言えるものです。


いったんサラリーマンになったら、そう簡単に抜け出して成功する
ことは難しいのです。それを 「めだかの兄妹」 という唄は、ものの
見事に例えています。


これからサラリーマンになりたい方は、是非一度お聞きください。
ネットで、 「めだかの兄妹」 と検索すれば聞くことができますよ。
サラリーマンの実態は何か、それはこの唄の歌詞がズバリ解き
明かしています。


唄っている雰囲気と歌詞の内容のギャップが、聞きようによっては
スゴいです。聞かれたことがないという方には、あえて 「閲覧注意」
と申しておきましょう。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

サラリーマンが副業、それって幸せですか?せめて効率よく。

2016年08月03日(水)

サラリーマンの副業が何かと話題になって、実際に手がけて
おられる方も増えてきました。アフィリエイトもそのひとつに
なりますけど。


でも、サラリーマンが副業をやるというのは、幸せなことなのか、
どうなんでしょうか。副業アフィリエイトの案内文などを見ると
ラクにできるとあります。確かにラクですが、給料以上に稼ぐ
のは、実績を積まないと難しいかも。


5~10万くらいなら自己アフィリという方法もあって大抵の人
なら稼げますけど、それ以上を望むならやはり本格的に
やらないとキツいでしょう。


やるならば給料以上稼ぐのが目標になると思いますが、そこ
まで稼げるようになるのは相応に努力が必要です。どうか
すると本業との両立がアヤフヤになって、どっちつかずになんて
ことにもなってしまうので自己管理能力も試されるところです。


わたしもやってみてつくづく思いましたけど、副業なんかに元々
向いてないんですよサラリーマンというのは。残業がないとしても
平日朝から夕方まで拘束されます。


それ以外の時間帯で、フツーのバイトとかやっても給料以上なんて
不可能です。アフィリエイトだと可能性はあっても、そこまでの土台
を作るのはなかなかです。


いずれにしても、そこまでやるためには自分の時間をかなり犠牲に
しなければなりません。「1日たったの15分」 なんてのも、しっかり
した土台を作った上での話ですから。


自分の時間を取られるというのが、幸せなことなのか・・・。


早い話、最初からサラリーマンになんかならずに最初からアフィリ
エイトに突き進んだ方がよっぽどマシですよ。最初は稼げないのは
副業でも同じです。でも、大きな違いは最初からやる人にとっては
こっちが本業です。稼げない間はバイトで食いつないでコツコツと
土台を築いていくことが可能です。


アフィリエイトで稼ぎを増やすというのは、しっかりした土台を作り
続けていくことです。それは商売人の、お得意様リストを拡充する
ことに通じます。


サラリーマンにとって不利なのは、やはり時間拘束が大きいこと
ですよ。週40時間拘束ということは、「あんたら副業なんてやってる
ヒマなんてないですよ」 と言っているに等しいです。


そこまで拘束するのですから、それならサラリーマンだけで食って
いけるのがスジなんですが、現実はそうではなくなってきています。
「だったら、サラリーマンなんてなる意味ないだろ」 ということに
なるんですが、相変わらずみんなサラリーマンになりたがります。


で、いったんサラリーマンになると他のビジネスでツブシが効き
にくいものですから、サラリーマン以外の職につくのは難しいです。
サラリーマンであっても正社員ではなく、非正規にしかなれず、
生活はどんどん苦しくなる一方です。


こんなに融通が利きにくく稼げない職業なのにみんななりたがる、
その上、いったんなったら極貧に喘いでも足を洗うのは難しい、
ホント、ヘンな職業ですサラリーマンというのは。


ですからサラリーマンのみなさん、給料が増えなくて生活に
困ってもサラリーマンを辞めないことです。辞めてもほかに生きる
道などないんですよ。


せめてもの救いは副業です。給料の足しくらいなら、副業
アフィリエイトはあなたの味方です。数ある副業の中でも、アフィリ
エイトは正しい選択です。


給料の足しくらいなら何とかなって、それも自分の時間を
すべて食いつぶすこともなく、給料以上に稼ぐことも方法次第
では可能性があるわけですから。


副業をやるなら、やはり効率が一番、そしてアフィリエイトは
類を見ない効率をもたらすんですよ。よ~く考えて、実行して
くださいね。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

win10無料アップデート騒動が終了、やっと落ち着きました

2016年08月02日(火)

先月末でウインドウズ10の無料ダウンロードキャンペーンが
終了しました。わたしはこれでホッとして、しばらく今のシステム
を使い続けることができます。やれやれです。


これでウインドウズ10は従来とおり20000円くらいで販売される
わけですが、当然ここしばらくは売上もかんばしくないでしょう。
ここまでしてあれだけ過激にキャンペーンをかましたのはなぜ
なんでしょうか。こんなこと前例もないと思いますよ。


単純に考えて、マイクロソフト側にメリットがあるからです。
たとえキャンペーン後に発売して売上が落ちてもそれをカバー
できるメリットがあるからです。そのメリットを顧客と win-win を
維持するために無料キャンペーンを行ったわけです。


背景にはウインドウズXPのサポート終了の際にもドタバタが
あって、未だに一部の国と組織でサポートを継続しなければ
ならないということだそうなので、こういうことはもうゴメンだ
ということがあるんでしょう。


それで、現在もっとも作動性や安全性に優れたウインドウズ10
のシェアを拡大してシステムをそれに統一してサポート終了を
スムーズに運びたい。これ以外には考えられないです。


キャンペーン期間は1年半くらいありましたが、進捗が思わしく
なく、それで強引とも言えるようなアップデートで無理やりダウン
ロードをさせようとしたのではないでしょうか。


ところがこれがユーザーの反感を買うことになってしまいます。
「ウインドウズ10はウイルスか」 とまで揶揄されていました。
わたしもダウンロードする気はありませんでしたので、実際、
迷惑しました。


ただ、システムの更新の方法にいろいろな手順があることを
知るきっかけになったのはメリットだと思いますけど。


ユーザーにサービスを提供する、特に無料などで一方的に
ユーザーにメリットがあると思われるようなサービスでも、
それを提供する側にもちゃんとメリットはあります。無料の
サービスでも、ちゃんと win-win を見込んで実施しています。


今回、不評を買ったダウンロードはこの win-win のバランス
をマイクロソフト側がくずしてしまったことによるものです。
ダウンロードの進捗が思ったより進まないので、強引に
進めてしまった、ということです。


どういう事情があるにせよ、「ダウンロードします」 というタグ
をユーザーにクリックさせるようにしなければならなかったの
です。進捗がかんばしくないなら、キャンペーン期限を変える
とか、時期を限ってさらに特典をつけるとか、そういうような
方法もあったはずなんですが。


サービスも諸刃の剣と言えるところがあって、ユーザーの
了解なしに勝手に進めてしまうと、それはもはやサービスでは
なく、押し売り、迷惑メール、ワンクリック詐欺などと同じに
なってしまいます。


お役さまに 「良かれと思ってやった」 というのはいっさい通用
しません。あくまでお客さまが了承しないと、どんなに素晴らしい
サービスも単なる押し売りなのです。


アフィリエイトはお客さまに商品やサービスを推薦するビジネス
です。サービスの提供のしかたを学ぶことは不可欠です。これを
誤るとビジネスが成立しなくなってしまうほど基本的なことです。


今回のウインドウズアップデート騒動の顛末を考えることは
アフィリエイトを進める上で教訓となってくれるのではない
でしょうか。


お客さまへのサービスを図る時に、「ウインドウズ10を思出せ」
ですよ。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

プロフィール

cumple

Author:cumple

くんぷりです。
ようこそおいで頂き、どうも
ありがとうございます。

あなた様は

番目のご訪問者です。

詳しいプロフィールは
こちらをご覧下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。