FC2ブログ

情報商材 アフィリエイト 副業 サラリーマン

情報商材アフィリエイト サラリーマンが副業で成功する秘訣

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参議院議員通常選挙、誰に入れるか?ポイントはココを見よ!

2016年06月30日(木)

7月10日に参議院選挙が行われます。特に今回は選挙権が18歳に
引き下げられたこともあって、多くの方が関心を持っておられること
でしょう。


選ぶといっても誰に投票すればいいのか、どうやって選ぶ人を見つけ
たらいいのか、悩んでおられる方も多いと思います。そこで、今回は
そのコツをお教えしましょう。


まず、国会議員、つまり政治家にとって一番必要な資質は何かと
いうことをつかんでおく必要があります。名前が有名だとか、
何となくやってくれそうだからとか、演説が素晴らしいとか、そういう
ことは全て当てはまりません。はっきり言って、そんなものは
どうでもいいです。党派とかうわべの公約も、全く関係ありません。


政治家にとって必要なもの、それは

問題解決能力

それだけです。政策とか公約とか、それはあてになりません。反故
にされたらどうすることもできないですから。それよりも、仮にそう
したことを反故にされたとしても、問題解決能力のある人が何か行動
を起こせば、それなりに結果が残ります。結果を残せる、それが
いま、政治家に最も要求される資質です。


では、候補者に問題解決能力があるかどうかどうやって見極めれば
いいでしょうか。それは、選挙演説などで、ココを見てください。

 1.現状の問題点は何かをしっかりと抑えている。

 2.その問題に対する原因は何か分析している。

 3.あるべき姿をちゃんと捉えていて、現状とのギャップを
   説明できている。

 4.解決方法について説明があり、いつまでに何をやるか
   はっきりしている。

 5.これらを踏まえて、行動目標を設定している。

 6.進捗に遅れ等が発生したときの処置についても説明がある。

こうしたところをチェックしていただけたらいいでしょう。「わたしは、
こういうことをやります!」 と声高に言うだけなら誰にでもできます。
また、言ったことを確実に実行しているならば、今、日本はこんなに
元気のない国にはなっていません。


ただ、これを正しく評価できるためにはあなたご自身もこうしたこと
を常日頃から実践して、それなりの結果を出していることが望ましい
のですが。私だって、そこまでコトを突き詰めているのか、と言われたら
口ごもってしまいます。


しかし、こうしたことを念頭に置きながら日々生活していると、見る目
も変わります。この考え方に完成形はありません。あなたご自身でも
実践していけば成長できます。ですから、あなたご自身のレベルに
合わせて、あなたご自身の目で、こうしたことを踏まえて候補者を
選んで頂くことがベストだと考えます。


チェックするときの判断基準として、こういうところが参考になるでしょう。

 1.問題の捉え方や分析評価などが公平で客観的であるか。

 2.状況説明や目標設定の根拠が数値化されるなどしていて
   定量的であるか。


 3.現状把握、原因究明、問題点抽出、あるべき姿の提示、解決方法
   進捗管理といったことが、ちゃんとストーリーになっているか。


選挙というのは国民一人ひとりが政治参加できる唯一の機会です。
そのための選挙権です。選挙権というのは先人たちが政治参加を
一般化するために苦労に苦労を重ねて勝ち取った権利です。


この機会を無駄にすることなく、あなたの一票が日本を良い方向
に導くのだという信念を持って、投票に臨んでいただきたいと
思います。


最後に、なぜわたしがこういうことに気づいたのか。
それはわたしがアフィリエイトを始めたことがきっかけだからです。
アフィリエイトというのも、問題解決能力がなければ成功しません。
「いまのままではいけない。じゃあどうすればいいのか」 こう
考えることが出発点なのです。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

スポンサーサイト

無料レポート紹介~アフィリの一歩

2016年06月29日(水)

アフィリエイトを始めて、一番厳しいのは初めて報酬を手にする
ことができるまでです。挫折する人のすべてはここで脱落すると
申し上げていいでしょう。


ただ一つ確実に言えるのは挫折するのは、あなたに能力がない
とか、向いていないということではないのです。アフィリエイトは
能力とか向き不向きというものはいっさい関係がないのです。


それは、やらなければならないことを正しくやっているかどうかに
かかっています。そのための 「正しいこと」 が何なのか、これを
理解できていなければ、いつまで経っても、どれだけやっても
成果が出ないのは当たり前のことです。


その 「正しいこと」 が何なのか、これを手を取るようにわかり易く
教えてくれるのが、今回ご紹介します、アフィリの一歩です。


そのわかり易さの秘訣は、すべてが作者、りょうたろうさんの
実体験に基づいていることです。


コンテンツはいい話ばかりではないのです。失敗されたことに
ついても、反面教師として経験を丸裸にされています。これを
読んだら、途中で投げ出すことができなくなります。「自分には
向いていない」 などということを、あなたに言わせません。


そこには、りょうたろうさんが今日アフィリエイターとして活躍
されるまでの経験の積み重ねが赤裸々に綴られています。


そのコンテンツをご紹介しましょう。動画でまとめられていて
その数150本、延べ1700分以上にのぼります。その構成は、

 ・用語説明         16本
 ・PC環境基礎スキル   10本
 ・マインドセット       54本
 ・トレンドアフィリエイト  56本
 ・コピーライティング    7本
 ・マーケティング     10本


とにかく大変多いです。これだけ全部見ようとすれば、倍速
で眺めるだけでも丸2~3日かかってしまいます。


りょうたろうさんもおっしゃっていますが、全部見ることが必ず
しも適切ということではありません。このレポートの趣旨は、
アフィリエイトが初めてで、まだ成果が出ていない人や、
つまずいて挫折しそうになっている人に役立つものでありたい
というものです。


ただ、各構成の中で、最初に設置された動画に、その構成の
エッセンスとなることをまとめていただいていますので、これ
だけは必ずご覧くださいね。


ここで、この構成を見たときに目を引くのが、マインドセット
の本数が飛び抜けて多いこと。 「なんで、こんなに多いんだろう」
と思って、そのページを開いたんですよ。そしたら・・・。


「な、なにぃ?」 と思わず声をあげましたね。この54本のタイトル、
すべて 「思ってました」 「してました」 「〇〇でした」 で統一されて
いるんです。正確には最初の動画だけが当てはまりません。そこでは
その構成の概略や趣旨が説明されていますので、そりゃそうですよね。


それで、このマインドセットでは、コンセプトが 「昔の俺見て、我が振り
直せ」 なんです。ここにはりょうたろうさんの足跡が赤裸々に晒されて
いるんですよ。


で、マインドセットなんていうと、結構かっこいいこと書いてあって、
読んだら 「こんなこと出来たら苦労しないよ」 なんて却って反感を
持ったりするんですが、このレポートは違います!。


わたし初めて見ましたよ。マインドセットのレポート見て、何かが心に
響くというものを。ここでは、「挫折しないために〇〇しなさい」 という
ようなことは一言も言ってないんですよ。むしろ、その逆です。


たとえば、「モチベーションが上がらない。そりゃそうだよね、人間なん
だから当たり前だよね」 という具合です。ヘコんでいたり、後ろ向きに
なっていることを決して否定しないんです。それが50本以上あるん
ですよ。


そこからどうやって、モチベーションをアップさせるようにするのか、
それがこのレポートの真髄です。気になる方はさっそくダウンロード
してくださいね。これ見たら、マインドがヘコむ言い訳ができません。
ヘコんでいたマインドが、自然に復活します。


それから、たいへんありがたいのが、このレポート、「無理して全部を
見る必要はないですよ」 と申し上げましたが、あなたが見たいものが
すぐピックアップできるようにタイトルや配置に配慮していただいて
いることです。目次ページを開けば、あなたの見たい動画をすぐに
拾うことができます。


人に語りかけるときに一番説得力のあるものとは何か、それは経験に
基づいて話すことです。しかも、あなたを否定したり押し付けたり
することがなければ、それはあなたを救うことさえできるのです。


このレポートを読めば何かがあなたの心に響きます。それが、今回
おすすめする、アフィリの一歩 です。


ダウンロードはこちらからどうぞ。


それでは、今回はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございました。

福祉がアブない、消費税率を上げろ!それって違うでしょ!!

2016年06月28日(火)

報道記事でよく目にするのですが。福祉、保険、年金などの
福利厚生は、これからの少子高齢化、人口減少、収入減など
が原因で窮地に立たされる。それを維持していくためには、
消費税率を30%以上にしても追いつかない。


この手の報道、やめてほしいんです。
福利厚生の運営に先々不安要素があることはわかります。
でも、なんでその穴埋めに消費税を引っ張ってくるのか。
まして30%なんて税率自体、当面ありえないでしょう。


もともと、消費税というのは確かに福利厚生の充実を目的
に導入されました。でもその結果、実際にどれだけ導入前と
比べて拡充されているでしょうか。消費税率をどうのこうの
議論するより、まずこれを明らかにすべきです。


だいたい、消費税の正体すらほとんどの方、特にサラリーマン
の方はご存知ないでしょう。消費税というのはモノを買ったとき
に、その価格に上乗せして払います。ここまでは誰でも知って
ますよね。


そのお金は売った人の売上に一旦入ります。で、その人が納付
するということになります。一方、売った人は売るために仕入れ
をしますが、仕入れの際に当然消費税を支払います。


売った人は売上から仕入れや経費などを差し引いたものが利益
となり、それで生計を立てます。納付する消費税は売上で手にした
金額から仕入れや経費で払った金額を差し引きます。これも、
納得できます。


しかし、差し引かれた残りの消費税相当分は売り手の手元に
残るのです。しかも、税込売上1,000万円以下の売り手は、
はなから消費税を納入する必要はありません。


サラリーマンの方、これを読まれてどう思いますか。給料には
消費税分が上乗せされてくるなんてこと、ありませんよね。なのに
収入の多少にかかわらず消費税は支払う一方なんですよ。
これって不公平だと思いませんか。税率うんぬん以前の問題です。


わたしがこれを 「おかしい」 と思うようになったきっかけがアフィリ
エイトです。報酬を手にしたとき、ASPから消費税を加算して振り
込まれたのです。わたしは消費税分をどうすればいいのかわからず
申告の時に担当者に尋ねました。その答えが上に書いたことです。


私が報酬を手にしても1,000万には及びません。またアフィリエイト
なので、報酬はほぼ収入になります。ということは消費税分もその
まま、手にすることができたわけです。


最初、わたしは喜びました。今まで払う一方の消費税が、今度は
入る方に変わったんですから。でも、それが疑問に思うようになる
まで、長い時間はかかりませんでした。「今まで払ってきた消費税、
全部が国に入っていたわけじゃないんだ」 と。


それにもかかわらず、サラリーマンは否応なく支払うだけの
消費税。しかも、その全てが国に入る、すなわち福祉を充実させる
目的のために使われるわけでない。こんな税制、おかしいです。


まして、こうした歪みを是正されることなく、税率を上げて福祉を
充実させるなどということ自体、矛盾に満ちています。だから、
安易に、福祉充実の引き合いに出すべきではないのです。
まずは今日までの消費税効果について議論すべきです。


諸外国の中には税率も高く、そのうえ消費税だって20%以上も
課されている国があります。だから我が国も、というのではなく、
その国でなぜ、その高い税負担が受け入れられているのか、
それを確認すべきです。


高い税負担が無理なく受け入れられるということは、納税者が
国家を信用していて、不公平がなく、払った税金が国民に目に
見える形で還元されている。これくらいのことは言うまでもなく
伺えます。


まして、直接税か間接税かも不明瞭な消費税、しかも福祉の
ための税であるなら、納税者にとって納税ではなく、老後の
ための積立としての側面を満足しなければなりません。これが
できなければ、即刻凍結、廃止すべきです。


副業アフィリエイトを始めることで、払う一方の消費税を手に
する経験ができました。でもそれは、決して喜んでいられる
ことではないのです。


まして、こんないい加減な税制そのままで、これ以上税率を
上げて財源の穴埋めをするというのは暴挙としかいいようが
ありません。


「財源がないじゃないか。このままでは福祉サービスも滞る。
それでもいいのか」 そういうことを言う人もいます。そのツケを
国民に負担させるというのも無責任で乱暴すぎます。脅迫と
言ってもいいですよ。


こういう状態を招いたのは誰ですか。国民ですか。違うでしょう。
だったら、それを招いた人がちゃんと責任を取ってくださいよ。
それすらもせず、国民に負担をなんて口にする資格なんてない
です。


アフィリエイトを始めることで、こうしたことがわかるというのは
本当に意外でした。サラリーマンが副業を手がける。これは
収入を確保するだけでなく、世の中を正しい方向に向かわせる
原動力にもなりうるのです。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

ノウハウコレクター、恐るるべからず それならそれでOKだ

2016年06月27日(月)

アフィリエイトを始めるときに陥りやすいもの、それがノウハウ
コレクターです。これは有料商材などお金を払って投資したにも
かかわらず、アフィリエイターとしての行動を起こさない状態の
ことをさします。


多くのアフィリエイターの方は、ノウハウコレクターに良い評価を
下しません。アフィリエイトもネットビジネスの一環ですので、行動
を起こさないと成果に結びつかないのです。情報商材を買って、
それを学習してからがスタートなのです。


あなたは、ノウハウコレクターですか?。


仮にそうだとしても、あなたは何も悪いことはありません。何かと
ノウハウコレクターはアフィリエイトの癌のように言われますが、
ノウハウコレクターというのはアフィリエイトを新たに始める人に
とって、通過点でもあるのです。


あなたは、何とかしてお金を稼ぎたいと思ってアフィリエイトなら
稼げると思い、情報商材を買ったわけですよね。この時点で、
「動機」 は既に出来上がっているわけです。


で、買った情報商材を開いたとたん、「何だコレ、結構難しいじゃ
ないか」 「簡単だと聞いてたけど、ややこしくて面倒くさそう」 とか、
もっと極端な場合だと 「コレぜんぜん話が違うじゃないか、詐欺
だぞ、これ」 ということに。


そんなわけで、情報商材を購入したことにメッチャ後悔しつつ、
二度と見なくなってしまいます。あれほどやろうと思っていた
アフィリエイトへの情熱も、いつの間にか冷めてしまって、もう
記憶の片隅にも残っていない、そんな状況でしょう。


これ、あなたがおかしいわけでも欠陥があるわけでも
ないんです。ごくごくフツーにあることなんですよ。けっこう
いますよ。脱サラやろうとして資金を貯めて、思い立った
ところで会社辞めて、夢に向かって立ち上がった。貯めた
資金もここでドカーンと大爆発。


と、そこまではいいんですが、同じような経過をたどって
どうすることもできず大失敗。「こんなハズじゃなかったのに」
と後悔しても後の祭り。何もかも失ってしまい、引き返す
こともできず、失望のどん底で極貧生活の始まりです。


このケースに比べたら、まだまだ上等ですよ。情報商材は
安くはないですが、買ったからといって全財産を失うという
ところまではいかないでしょう。


アフィリエイト始めようと思ったとしても、副業で始めること
にしていたら、現在の職を失うこともないでしょう。ですから
ノウハウコレクターになったからといって、人生を棒に振る
ようなことにはなりません。まずは安心してください。


で、あなたはアフィリエイトの誘いにダマされたと思っている
ハズですので、その間はアフィリエイトのこと、買った情報商材
のこと、すっかり忘れてしまってください。


ただ、情報商材をほかの人に譲ったり転売したりはダメですよ。
これは、状況はどうあれあなたとの個別契約に基づいて著作権
に関連する情報をあなたが買ったのです。あなたが勝手に譲渡、
売却、処分すれば処罰対象になります。同じ著作権でも、書籍や
ビデオと同じというわけにはいきません。


まあ、気分は良くないでしょうがあなたのパソコンの隅に、目に
つかないところに残しておくことです。で、あなたはアフィリエイト
のことは忘れて、普段の暮らしを送ればいいのです。


そうしているうちに、あなたはいつか収入の少ないことに悩む日
が再びやってくるはずなんですよ。あなたの給料がドーンと増える
ならいいのですが、そんなことまずないでしょうし。


そうすると、「そういえば、あの時アフィリエイトやろうとして、情報
商材買ったんだよな」 と思い出します。そうするとあの時に縮み
きってしまったモチベーションが再びムクムクと湧き上がってきて
火を噴きます。


そうなれば、貴方の思いに身を任せてもう一度やってみればいい
んですよ。この時点で、あなたは既に、新たに始める人と比べても
一歩先にいるわけです。なぜかというと、あなたはノウハウコレクター
を経験しているからです。この点であなたは有利なんですよ。


こういうとき、あなたがかつてアフィリエイトになろうと思った動機と
その時に買った情報商材が日の目を見ます。あなたのノウハウ
コレクターは、この時正しい方向へと動き始めるのです。


だから、ノウハウコレクターになることを避けようとか恐れることを
しないこと。なったらなったで、そのままにして忘れてしまって
ください。まして、焦って別の商材やセミナーなどに手を出しては
いけません。あなたは既にモチベーションが下がっているのです
から、ほかのモノに手を出しても結果は同じです。


あなたは、一度はお金が欲しくてアフィリエイトに興味を持って
情報商材を買ったのです。いったん挫折しても、いつか再び
それに火がつく時が必ずやってきます。その時が来るまでは
スッパリと潔く忘れてしまいましょう。


前に情報商材を買ったことを思い出したら、その日こそが
あなたの新たな出発の日なのです。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

目からウロコの記帳説明会 節税したい方は絶対に参加せよ!

2016年06月26日(日)

今日、税務署による記帳説明会に行ってきました。今年の確定
申告でアフィリエイト収入があったため、副業でやっていたので
雑収入として初めて申告しました。それを受けて税務署から
通知を受けていました。


内容は、白色申告、つまりアフィリエイト副業収入があった場合の
記帳や帳簿の記録保存の説明です。また、青色申告にすると、
より節税効果があるので、こちらのほうがオススメというものでした。


これ、サラリーマンの方も参加する価値があります。帳簿は一言で
いえば、売上ー経費=利益となるような明細を作るのですが、税金
は利益に対してかかります。従って経費をどのように設定するかが
ポイントになります。


また、青色申告は白色申告よりも控除枠が大きいので、節税効果も
大きくなるのですが、より精度の高い帳簿が要求されます。これに
参加すれば、あなたが会社で経費とどのように関わっているか、
一目瞭然です。減価償却の仕組みとか、経費精算するとき、なぜ
領収書提出をうるさく言われるか、固定資産と消耗品の違いなど。


会社はこういうことに関して、ほとんど説明しません。しかし、ここ
ではどのようにして節税できるかといった話になるので、サラリー
マンの立場で参加すると、ほとんどウラ話として聞けるんです。


当然、副業でアフィリ収入があった人は、必ず申告しなければ
ならないのですが、経費をどのように申告するかをおさえて
おかなければ過重に納税してしまいます。


パソコンや有料商材、ドメインの購入はもちろんのこと、作業に
使った消耗品、光熱費、交通費、居所の固定資産税や家賃など、
みんな対象になるのです。どうやって算定し、どうやって明細を
残すか、などといった説明があります。


話は変わりますが、サラリーマンでも医療費が10万円を超えたら
還付対象になりますが、その時でも通院交通費、薬店で購入した
薬代なども対象になること、知ってました? こんなこと、受動的
に教えてくれることってないですよね。


ですから、サラリーマンにとってはウラ話ですが、副業をやって
いる人にとっては、必須の話です。こういう説明会を無料で開催
してもらえるというのは実にありがたいです。それを税務署が
主催で開催してくれているのですから、驚きでもあります。
e-taxの制度といい、税務署を見直す機会にもなりました。


それにしても、個人事業者にはいろいろと節税の道が開けて
いるものだと改めて思います。サラリーマンに比べて自己責任の
度合いが大きいため、このシステムを知っておかなければ損を
するだけですが。説明の機会を与えてもらっているだけでも、
「サラリーマンとは違う!」 と思いますよ。


サラリーマンにも節税枠がないわけではなく、年末調整時に
特別減税枠として与えられています。でも、これは年を追う
ごとに縮小されていっていることはご存知のとおりです。「この
待遇の違いはなんだ!」 と言いたいです。


それから消費税に関する話もありました。まず、税込収入1,000万円
以下なら納税対象にはなりません。1,000万円を超えると、2年後の
売上に対して、納税義務が発生します。その時の売上に対する
消費税から、仕入れなどの支出にかかる消費税を差し引いた分を
納めます。


ここで、「おおっ!」 と思うのですが、ふつうなら売上より支出が
大きいということはありませんよね。ですから、消費税を納める場合
でも、いくらかは手元に残るんですよ。


驚いたことに消費税というのはサラリーマンにとっては払うもの
ですが、事業者にとっては残るものなんですね。本当に取られ
放題のサラリーマン。これからは 「サラリーマン」 とは呼ばず、
「自動納税装置」 とでも呼んだほうがいいです!。


いずれにせよ、わたしも副業収入があったので参加したわけ
ですが、本当にあちこちに節税のネタが転がっていて、しかも
消費税も手元に残ります。


これ、国が国民をどんどんサラリーマンにさせたがる理由が
よくわかりますよ。


サラリーマンの皆さん。まずは払う一方だった消費税をもらう
方向での体験だけでもしてみませんか。その関連記事も、
ココ に掲載しています。ぜひともご参考頂き、サラリーマン
だけでは絶対に味わえない体験をしていただきたいですね。


以上、今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

GDP世界第二位だったのに気が付けば圏外!これ、誰のせい?

2016年06月25日(土)

最近の暮らしの中で思うことですが、20~30年前に比べて、わたし
たちの生活は確実に貧しくなっています。当時もそんなに贅沢が
できたわけではないですが、週に一度は家族揃って外に食事に
でかけたり、年に1~2回は温泉に出かけるというようなことが、ごく
普通に行われていました。


また、普段の買い物も今ほど価格を気にすることもなく、たまには
ちょっと贅沢して1ランク上のものを買ったりとかしてました。いま、
こういう暮らしをしている人はいないわけではないでしょうが、少なく
なったように感じます。


わたしの場合も、ご多分に漏れず当時のようなゆとりはありません。
だから身にしみて感じるのかもしれませんが。でも、それはあながち
間違いではないんですよ。というのは、日本の経済状態は20年ほど
前にバブルがはじけてからというもの、良くて横ばいです。


しかし、この間諸外国は経済は2~3倍発展しているのです。つまり
日本だけが取り残されているわけです。これは日本の周辺国を見ても
一目瞭然です。当時、日本の経済力は米国について世界第二位
でした。いまは圏外にまで下がっています。


当時、海外旅行に行くとあちこちで爆買いして、帰りの空港では山の
ような荷物をカートに積み込んで家路に着いていました。それが今
では、外国から日本に爆買いされるようになりました。最近、それが
下火になって新たな不安のタネになっています。


サラリーマンの世帯収入は700万を超えていてサラリーマン家庭は
おしなべて中流の上と呼ばれていました。当時のサラリーマンで、
副業をやる人など聞いたこともありませんでした。


つまり、世界の中で日本だけが発展から取り残されてしまっている
のです。なぜこんなことになってしまったんでしょうか。わたしたちが
バブルに酔いしれて、真面目に働くことを忘れてしまったから
でしょうか。


そんなことはないでしょう。バブルのさなかでは多少浮かれることは
あったでしょうが、少なくともはじけて以降はみんな必死で頑張って
きました。


それなのに、経済の弱体化はそういう頑張りたい人からも頑張る
機会を奪い去ることになり、悪循環を招いてさらに弱体化を促進
する結果となっています。


これは国民に落ち度があったのではなく、政策のミスに他ならない
のです。これといった有効な政策は何一つなく、私たちは生活が
苦しくなるのに、ただ負担ばかりを押し付けられたわけです。


高齢化、人口減少に伴う労働力の低下、こうしたことは以前から
分かっているはずです。なのに今は経済の立て直しの兆しが
見られるどころか、それに振り回されてどうすることもできません。


わたしたちはこうした政治の怠慢に、自力で立ち上がろうとしても
負担増などで足を引っ張られているのです。これでは国を挙げて
経済を弱体化する方向に進めているといっても過言では
ありません。


今の状況を見ても、経済がV字回復するとはとても思えません。
また、政治が自己反省していきなりリーダーシップを取るとも
思えません。私たちの生活はどんどん苦しく、それに反して負担
は増える一方になるでしょう。


サラリーマンであるならば

 1.いまの職を大事にする。しがみつくこともいとわない。
 2.副業を進める。ただし雇われるものは意味がない。
 3.ローンを組んでマイホームを持つことは考えない。
 4.とにかく貯金。ある程度貯まれば運用も検討する。
 5.車もできる限り持たない。カーシェアも考える。
 6.教育、進学も費用対効果で考える。
 7.保険も徹底的に削る。大半は健康保険でOKのはず。
 8.退職金はないものと考えて人生設計を。


こうしたことで自衛することです。この中で、前向きな自衛策は
副業を検討すること これしかありません。


あとはここまで国民を苦しめ、国を貶めた政治家の怠慢を
これ以上許さないこと。少なくとも今のような政治では、これ
からの負担増は大事なお金をドブに捨てるに等しいです。
財源不足という言葉にダマされないこと。こうなったのは誰の
責任ですか。わたしたちに与えられた機会は選挙の時ですよ。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイトと宝くじ、稼ぐ秘訣に共通点!攻略法はコレだ

2016年06月24日(金)

宝くじとアフィリエイト、全く違うものです。アフィリエイトはラク
して稼げるものじゃない、ラクして大金を手にしたい、また不労
所得で悠々自適の暮らしがしたいなら、宝くじでも買え、と
言われます。


アフィリエイトはそれなりにスキルを身につけてノウハウを獲得
しないと稼げないよ、ということです。宝くじは当選さえすれば
ノウハウもへったくれもないわけで、大金を手にすることができる
ことは共通していても、その道筋は全く違います。


でも、その道筋においても共通することがあります。しかも、それ
は先々成功するために極めて重要なことなのです。それは、
続ける限り、絶対に道は開ける ということです。


宝くじの場合、
当然、くじを買わなければ当選しません。1枚買って、高額当選
する確率は何百万分の一以下の、限りなくゼロに近いものです。
でも、ゼロではないんです。たとえゼロに限りなく近くても、ゼロと
ゼロではないのとでは雲泥の差があります。


買わなかったら絶対に当選することはありえませんから。1枚ずつ
でも買い続けていけば、「ひょっとしたら、当たるかも」 という
ワクワク感を楽しむことができます。この違いは大きいですよね。


アフィリエイトの場合でも、
続ける限り、成功から遠ざかることは絶対にありません。

今、やっている作業でなかなか成果が得られなかったとき、「これ
じゃ、ダメだ何とかしよう」 と考えます。その 「何とかする」 ことは、
今までやってきたことが土台になって初めてできることなのです。
今までやってきたことが、たとえ何の結果を出すことがなかったと
してもそれは決してムダではありません。


ところが、やめてしまうと今までやってきたことすべてが水のアワ
になってしまい、それこそ人生を浪費したということになります。
とにかく続けることは結果が出ていないとしても、もっと続けること
で変化が起きるかもしれませんし、何かに気づいてやり方を変えて
みると、いい方向に行くかもしれません。


宝くじでは、当選を獲得するまではただひたすらに、くじを買うこと
を繰り返すことになります。これを機械的に繰り返すしかありません。
せいぜい、縁起をかついで大安の日に買うとか、良い方角や評判
の良いところで買うくらいしかできません。


そのかわり、あまりに当たらないから買うのをやめたとしても、
「いままで夢をみさせてもらったからなぁ」 と思うくらいで、よほど
突っ込んでいない限りさほど後悔することもないでしょう。


しかしアフィリエイトでは今やっている作業で結果が出ないならば、
それをもとに改善することができます。改善するというのは、いま
までやってきた積重ねがあるからできるわけで、これを繰り返して
いけば、確実に成功に近づくことになるのです。


アフィリエイトでは今までやってきたことが必然的に活きるのです。
続けるうえで、今までやってきたことは成果を出していなくとも財産に
なっています。だからやめてはいけないのです。


やめたら、今まで積み上げた財産がその瞬間、消え去ってしまい
ます。これこそ、本当にもったいない話です。いままでやって
きたことを後悔することで済まされるものではありません。


宝くじもアフィリエイトもとにかく続けること。これが成功する秘訣で
あることは同じです。でも今までやってきたことが役に立つかどうか、
ここに大きな違いがあります。


アフィリエイトでは、稼げてなくても今までやってきたことは絶対に
ムダではありません。とにかく、少しずつでもいいから続けてください。
続ける限り、いつか必ずブレイクします。そのときが成功にリーチ
を掛けるときなのです。


続ける限り、成功に近づく。宝くじでもアフィリエイトでも同じです。
宝くじは続けることで、かろうじてゼロではない確率を毎回手に
入れることの繰り返し。アフィリエイトは続けることで、確率を
徐々にでも上げていくのです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

耳にタコの政治家失言、もうそろそろみんなで切ろう、堪忍袋

2016年06月23日(木)

高齢者に向かって 「お前いくつまで生きてるつもりだ」 また、消費
が低迷していることに対して 「カネをため込んでどうするつもりだ」
こんなことを言う政治家がいます。


こういうバカなことを言うのが一人や二人ではないんですよ、政界
には。なぜこういうことになるのか。まして、いまは選挙前の時期で
こういう発言が反発を招くことくらいわかりそうなものですけど。


これは、政治家個人の問題ではなく政界そのものに問題があると
しか思えません。政界の中には、こういうことは口が裂けても言って
はならないとかいった空気がないのでしょう。だから、誰それとなく
こういう失言が後を絶たないわけですよ。


さぞかし、政界の中は緊張感や緊迫感などなく、なかよしクラブ
みたいななーなーとした雰囲気がただよっているんでしょう。でな
ければ、こんなことを言ったらマズいだろうと考えるまでもなく
わかりそうなことを、こうも立て続けに言ったりできませんよ。


失言だけじゃないですよ。ときどき、私たちの期待を背負って、この
人ならなんとかしてくれるだろうと送り出した人も、フタを開けたら
ぜんぜん大したことがない、むしろ問題を起こして去っていく人も
います。


これ見ていると、政界というのはよっぽどだらけたところなんだろうな
と思われても仕方ないですよ。だとすると、何でこんなことになるのか。
それは政界を監査する機能がないからです。


監査されなければ人間誰でも堕落しますよ。国家にとって最重要な
位置づけにあるはずの政界に、なぜ監査機能がないのか。そもそも
政界を誰が監査するのか。それ、国民でしょう。


政治家というのは、必ず国民に選ばれなければなれません。選ぶ
だけ選んで、あとはお任せします。これでは政治家が堕落して
当り前ですよ。選んだら選んだなりに責任が伴います。


選ぶからには選んだ理由が必ずあります。だったら、選んだ
理由に対して、政治家になった人がその通りに政策を実行して
いるか、チェックする責任が選んだ側にあるはずですよ。


それをきちんと踏まえて選ぶのが選挙です。選挙権を行使する
というのは、それに対して責任を持つことです。棄権するのは
その責任から逃げているだけで、それを繰り返すなら選挙権
など返上すべきです。これは国民でなくなることも意味しますが。


投票するにしても 「ただ、何となく」 「有名な人だから」
「テキトーに」 などという理由で選ぶのも、無責任極まりない
ですよ、本当は。あなたの選んだ人が 「やれ!」 と言ったことは、
理不尽なことであってもそれに従わなければならない。それくらい
重いものなんですよ、選挙権は。


政界を監査する、その第一歩が責任ある選挙権の行使、という
ことです。政治家にとって国民が怖い存在にならなければ、政治
は決して良くなりません。政治家が国民を怖いと思えば、こんな
とんでもない失言を連発するなどということはありません。


こんな失言が次から次に出てくるというのは、政治家が国民を
ナメきっている証拠です。国民をナメている政治家が国民に
プラスになるような政治をするはずがありません。なぜ政治家
が国民をナメるのか。監査されず、怖くないからです。こうなると
政治家は国民に監査されないよう、どんどん仕掛けてきます。


だから、不況にも関わらず増税をするなどということを平気でやり、
政治課題何一つとっても解決はおろか、進展が見られたものは
何もなく、これを憂うることもありません。結局、困るのはわたしたち
国民です。


これを放置すれば、若者の世代、子供たちの世代へと、どんどん
そのシワ寄せを押し付けるだけです。そんなことになって、いいん
ですか。次の世代を苦しめることになってもいいんですか。


日本を良い国にしていくために私たちにできること、それは政治を
正しく監査することです。それが機能し始めたら政治にメリハリ
が生まれて、手応えのある改革が進みます。


いま、喫緊でやらなければならないことは増税でも憲法改正でも
見掛け倒しの金融緩和でもありません。政治を正しく回すことです。
その主役は政治家ではなく、私たち国民です。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

迷惑メールを訴え100万円ゲット!これ見て何か思いませんか

2016年06月22日(水)

面白い記事を見つけました。
迷惑メールで 「500万当選!」 ふつうならそのまま削除して
しまうのですが、「払う気がないな」 と見るや起訴して、見事
100万円の支払いを被告に命ずる判決を勝ち取ったという
ものです。 「迷惑メール 判決」 でクグッてみてください。


しかもこの方は本人訴訟で出廷、相手は弁護士を立ててきた
そうです。だから、弁護士費用はゼロなんですね。しかも、
この方は、相手の所在を確かめて支払い能力まで勘案して
「500万よこせ!」 ではなく、「140万支払え」 と提訴したそうです。
その結果、100万で和解したとのこと。


この方は裁判事情に詳しい方だとは伺えますが、これを機に
こういう訴訟を起こす事例が増えてくるでしょうし、迷惑メール
も変わってくることは十分考えられます。おそらく、個人情報
を探り出すのにやっきになってくるでしょう。


私たちも、メルマガなど不特定の人に送ることがあります。
文面には細心の注意が必要です。私たちが送る文面も
500万とはいかないまでも金額で表現することは多いです。
この点で迷惑メールと紙一重とも言えるのです。


「あなたが選ばれました」 「当選しました」 「あなただけに
とっておきのご案内です」 などという表現は避けたほうが
いいかもしれません。やはり、真実を正しく伝えるというのが
基本です。


まして、メルマガには発行者の情報を記載しなければ
なりません。読み手から 「怪しい」 と思われたら、今回のような
事件になることだってありえます。


以前、悪質な訪問販売や勧誘が流行った時、こういうこと
を言ってセールスマンを撃退した大阪のオバちゃんが話題
になりました。 「そんなら兄ちゃん、あんた自分でやったら
ええやないの」 。これも根は同じです。


迷惑メールかどうかの分かれ目は、読み手に怪しまれるか
なるほどと思われるかです。情報源が同じでも伝え方次第で
どちらにもなってしまうのが怖いところです。しかも、どちらか
決めるのは読み手なんですよ。


同じ文面でも、ある人は迷惑メールとして即削除し、ある人は
貴重な情報だと思って熟読するでしょう。またある人は、これは
紛れもない詐欺だと、今回のように提訴してくるかもしれません。


そういったことに対して、私たちはどうすればいいか。基本は
ウソは書かない。紛らわしい表現はしない。事実をわかりやすく
伝える。これに限ります。とはいってもセールスの文面ですから
多少の誇張表現はあるでしょう。しかし、それも度を越してしまうと
今回のように提訴の対象になることもありえるのです。


この記事を見て、単なる迷惑メール撃退というだけではなく、
メールを媒体として使うアフィリエイトなどのネットビジネスにおいて
考えさせられるものでもあった、というところです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

消費増税先送りは心配?それはなぜ?先送りで何が変わるのか

2016年06月21日(火)

消費税の10%への増税の先送りがどうも濃厚になってきている
ようです。それに対して賛否が議論されています。先送りに
対して憂慮されているご意見の中で、国の借金が先送りにより
増えてしまうというものが結構あります。


借金をこれ以上膨らませて次世代にそれを押し付けるのは
しのびないというものです。でも、これは大変な勘違いをされて
いますよ。


まず第一に、国が借金を背負っているというなら、その原因は
消費税率が低かったためにそれを減らせなかったということなの
でしょうか。それが正しければ税率アップは正しい選択なの
ですが。この問いの答えは明らかにノーです。


消費税は福祉向上のために設けられてきました。国の借金とは
全く関係ありません。むしろ、今まで8%まで税率が上げられてきた
中で、福祉が本当に向上してきたのかを分析するべきです。


もっといえば、消費税の導入と税率アップによる負担に対して、
費用対効果が現れているかどうか、ということです。まして、
税率アップで借金を完済するとしたら税率を何%にすればいい
のか、多分100%でも足りないですよ。


次に、国が借金を背負っているとするならば、それは誰のせい
でしょうか。国民にその責任があると言うならば、その根拠を
示して、それが納得いくものであれば増税で穴埋めするのも
やむを得ないことかもしれません。


本気で借金を軽減したいなら、国の予算を監視している政府が
リーダーシップを取って、その内容を明確にして責任の所在を
明らかにし、改善目標を立ててそれに沿った改善活動を行なわ
なければなりません。


そこに国民がどういう形で参画するのか納得できる内容を示す
義務が政府にはあります。しかしそういった活動をするきざしすら、
今の政府には見えません。


そもそも消費税自体が不公平極まりないもので、制度にも欠陥
があることは再々申し上げてきました。先送りではなく、早々に
撤廃すべきです。


まして、景気が回復しているでもなしデフレからも脱却できて
いないのですから、こんな時に増税などというのは論外です。
増税と国の借金の軽減とは何の関係もありません。


その証拠に、いままで無理やり消費税を増税した結果、どう
なってきたでしょうか。景気はさらに減速し、税収も落ち込んだ
のです。政府はこの事実からいったい何を学んだのか。


国の借金を減らす、それを税収で賄うというのなら、増税では
なく、税収が増えるような仕組みを作ればいいわけです。
そのカギを握るのは、消費活動にほかなりません。


たとえば、一定期間消費税を凍結してその間に消費と税収が
どう変わるか、そういった実験もできるわけです。本当に国の
借金が心配なら、まず、政府が何をしようとしているか、それ
を監視していくことです。安易に国民の方から増税を認める
べきではありません。


もし、政府が消費増税先送りで借金をはじめとした財政面で
問題があるなどということを言えば、それは責任転嫁も
はなはだしいもので、決して受け入れられるものではありません。
次世代の人たちには、今度は高い消費税率という新たな重荷
が加わるだけです。


「借金が子々孫々に影響するから、消費増税先送りが心配だ」
国民にこういうことを思わせている実情。政府には 「恥を知れ」 と
言いたい気分ですよ。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

データバックアップ、win10インストールに関係なく大切です

2016年06月20日(月)

ウインドウズ10のインストール問題などでクローズアップされて
いるのがデータのバックアップです。インストールする場合は
データバックアップは必須です。インストールに支障があって、
大事なデータが帰らぬものになってしまったら大変です。


それ以前に、パソコンを扱う上でデータは最重要要素です。
パソコン本体よりも大切です。従ってデータを守るためにも
バックアップは必要欠くべからざるものです。


ですから、ウインドウズ10インストール以前にバックアップは
日頃から対策を講じていなければなりません。問題や不具合
は突如起こります。その時にデータがパーになっても後戻り
できません。後悔先に立たず、というやつですよ。


では、その膨大なデータをどこにバックアップすればいいで
しょうか。バックアップ先として思いつくのは次のものです。

 ・CD/DVDなどのディスク
 ・外付けHDD/SSD
 ・USBメモリ
 ・HDD/SSDの別ドライブ


他にネットに直接接続したHDDなどもあげられるでしょうが、
こちらは私自身で扱ったことがなく、詳しいことはわかりません。


で、この中で信頼性に劣るのがUSBなどで外部接続して使う
もの、つまりUSBめもりや外付けHDD/SSDです。特にUSBメモリ
はいままで認識できなくなったりデータの読み書きができなくなった
ことは一度や二度ではありません。


外付けHDDにしても、認識されなくなったり、保管中のデータが
破損したりというトラブルが結構起こります。また寿命も内蔵で5年
と言われるのに対して、使用状況にもよりますが1年程度と短く、
とてもバックアップにふさわしいものではありません。


そうなると、残りはDVDなどのディスクと内蔵HDD/SSD別ドライブと
いうことになります。ただ、内蔵ディスクの場合、寿命は5年程度と
言われます。中古のパソコンを使っている場合、要注意です。


でも、この5年の寿命の範囲で信頼性が高く、使いやすいのは何と
いっても内蔵ディスクです。ディスクにDドライブがあれば、積極的に
バックアップ先として使いましょう。


Dドライブがない、つまりCドライブしかない場合、ディスクの空容量
が100GBくらいあれば、作ってしまえばいいです。その作り方に
ついては、ここをご覧下さい。


さらに、作ったDドライブにどのようにしてバックアップするか、それは
こちら が参考になります。仮に、ウインドウズ10をダウンロードすると
した場合、それはCドライブにされますから、データをDドライブに取って
おけば、万一のことがあっても大丈夫です。


また、先ほどの こちら の記事では、システムをひっくるめてバックアップ
する方法も紹介されていますが、その場合、外付けHDDが必須です。です
から、外付けHDDは直接バックアップするのではなく、こうした操作の補佐
として使うのが妥当です。


Dドライブは使い勝手がいいわけですから、マイドキュメントなどの
データファイルをまるごとバックアップするのに好適です。ただし、
内蔵ディスクの寿命という問題は避けられません。


もう一つのバックアップ先はDVD/CDなどのディスクです。これも
当初は寿命5年程度と言われてきました。しかし、わたしの場合
では、20年以上前のCDや15年以上前のDVDもいまだ健在です。
50枚ドラム980円のディスクでも、無事に書き込めたものは全て
同じです。


これについても こちら によれば条件が良ければ2年程度は持つと
いうことです。バックアップ先としては、一番長持ちするわけです。
ただ、バックアップ作業は結構手間がかかるので、まるごと保存
よりも、単発的なデータ保存に向いているようです。


以上、ネットビジネスにおいてデータを滅失してしまうと、その損害
は計り知れないものになります。ウインドウズ10のインストールを
するしないにかかわらず、データ保全には万全の対応が必要です。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

アフィリエイト、自分にできるかな?そう思ったらコレを読め

2016年06月19日(日)

無料レポートを紹介することにより、わたし自身もそれについて
学ぶ機会が多くなりました。私が、このブログを始めて3年くらい
経つのですが、この間にもずいぶん進化しました。


優秀なレポートを見ることにより、ネットビジネスを始める
手がかりになることはもちろん、マニュアルとしても十分活用
できるようになりました。センスのある人なら、無料レポートだけ
で、そこそこの実績を獲得することもできるでしょう。


特に、最近のレポートの傾向としてツール関係の充実はめざましい
ものがあります。つまり、アフィリエイトをj始めるにあたり、何を
使って、どのようにそれを運用すればいいのか、それを知りたい
と思えば、ほぼ100%満足できる情報が得られます。


特に、最近の無料レポートは映像で解説してくれますので、目で
見た通りのことをやっていけばいいわけです。実に具体的で、
ツールの使い方の説明には最も理にかなった方法です。


ここまでをハードとするならば、これをどのように運用していくか、
どうやれば効率よく進められるか、ここはケースバイケースと
いうこともあるので、個別に対応する必要性も出てきます。


ここについても、メルマガ登録により指導してもらえるケースが
多くなりました。たいていはそれが、特典として掲げられています。
これについても、作者のアフィリエイターさんの実績に基づいた
指導になりますので、何らかの指標が得られます。


これにより、あなたがネットビジネスを成果のあるものにしていく
ことができます。作者の方にとっては、あなたを指導することで
あなたに実績が出たら、そのレポートが正しいということになり、
それを積み重ねていくことで作者の方への信頼が大きくなります。
ここに、win-winが成り立つのです。


だから、無料だからといって決して侮れないのです。私がアフィリ
エイトを始めたときに 「多くのブログを読め」 という指導をいただき
ました。しかし、いまでは無料レポートを数多く見ることを優先する
ほうが効果的です。


本当に、数多くの実力アフィリエイターの方がしのぎを削っています。
アフィリエイトに興味をもたれたら、まずは多くの無料レポートに目を
通してみてください。その中で 「自分にとってやりやすいのはコレだ」
というものが見つかれば、その作者の方にコンタクトを取ることです。


何といっても無料ですからね。とにかく、数多く見るべし。で、珠玉の
レポートが見つかれば登録して、さらに踏み込んだ指導を受ける
のもよし、とりあえずレポートに紹介されたツールなどを実践してみる
のもよし、使い方は無限大です。


そこで疑問が沸いてくるでしょう。 「有料商材の出番はどこ?」 という
ことです。有料商材の差別化しているところは、ツールをより効率的に
使いこなすノウハウを提供するというところにあります。


たとえば、サイトを作るときにSEOにサーチされやすいテンプレートとか、
集客力がよりアップするような記事の書き方、などです。こうしたところ
は、まだまだ無料レポートの手の届かない、差別化された領域です。


でもこうして見ると、無料レポートは以前は有料商材で扱っていた領域
にどんどん進出して、いまでは有料商材の方がどちらかといえばニッチ
な領域で展開しているような感じを受けます。そういう意味で、有料級の
無料レポートもたくさん公開されています。


これから無料レポートはどのように変化していくのか、大変興味ある
ところです。でもこれは、これから無料レポートを作る人にとっては大変
ですよ。映像仕立てにするというのはもはやあたりまえになっています。
どういうところをセールスポイントとして読者に訴えるのか、他と何が
違うのか、こういうことを前面に出さなければならないのですからね。


とにかく、これからネットビジネスを始めたい人、興味をもたれた人、まず
は無料レポートをご覧になることですよ。


以上、今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

プリンターが故障、でもヘッドの交換はキケンな賭けですよ!

2016年06月18日(土)

今日のお話は目新しいものではありませんので、すでにご存知の
方はスルーしてください。私の使っているプリンターの調子が悪く
なったというお話です。


もう、かれこれ9年近く使っているのですが、インクの出具合が急に
悪くなり、ヘッドクリーニングを頻繁にやらないと抜けたりかすれたり
するようになりました。「これは、プリントヘッドの交換だな」 と思って
調べたら、機種が古くメーカー修理不可。しかも、ヘッドの販売も
終了しているのこと。


結局、修理もヘッドの交換もできません。純正のインクを使わず、
互換タイプのものばかり使っていたので、それが仇になったのかと
思いましたが、これも調べてみると互換インクが直接故障の原因
になるということはなさそうです。としたら、寿命なんですかね。


「これは困った。早いうちにヘッドの予備を買っておけばよかった」
と思ったのですが後の祭りです。それでも、ネット通販などを調べて
みると、ヘッドが販売されているんですよ。ただ、値段が高い。
7000~10000円くらいするのです。プリンター本体が当時の価格で
12000円でしたので割に合いません。


それでも、本体を買い直すのもどうかと思って、詳細を読んでみると、
こんなことが書いてあります。

ヘッドの交換により、プリンター故障の多くが改善されるものと
思いますが、ヘッド以外が原因での故障も考えられますので、
必ずしも直らない場合があります。


万が一交換後に症状が改善されないなどのトラブルが
生じましても開封後の返品・交換はできません。あらかじめ
ご了承ください。


これって、購入していったん開けたら不具合があろうが、本体が
壊れようが知らないよ、といっているわけですよ。ヘンですよね。
品物は純正の新品ですよ。なんで、こういうことを注意書きで
わざわざ言う必要があるのか。


プリンターを購入して開梱したときもヘッドやインクタンクは自分で
取り付けるようになっていました。もちろん同じ純正、新品です。
でも、取説にはそんなこと一言も書かれていません。それなのに
何でこんなことを書くのか。ちょっとこれは買うのを待って、もっと
調べなければということになりました。


こんな時にいちばん役立つのがレビューです。見てみるとあるわ
あるわ苦情が山のように。 「交換しても改善しない」 「直ったと
思いきや、そのヘッドが壊れて本体もダメになった」 「新品のはず
なのに、アルミパックを開けるとヘッドが濡れている、インクが
付着している、汚れやキズがある」 などなど。


それでも、販売元は返品、交換に応じずトラブルになっている
ケースが大変多いのです。それを見て 「な、なんだこれは
純正、新品なのになんでこんなこと 開けてみなければ状態
もわからないのに、返品、交換しないとはどういうことだ」 。


で、これは購入できないという結論になった次第です。こんな
ヘッドでも7000~10000円もするんですよ。おそらく、メーカーで
生産中止になったことを受けて、偽物や悪質な中古を純正、
新品と偽って出回らせているのでしょう。だから、純正、新品と
言いながら、返品、交換にはまったく応じないわけです。


怖いのは、そういうまがい物が大手のネットショップでも堂々と
販売されていることですよ。しかも、上記のただし書きをしっかり
付けて。もちろんメーカーは知らぬ存ぜぬですよ。もう生産して
いないんですからね。購入者がバカを見るだけです。


生産が終了したプリントヘッドはぜったいに購入しては
いけません。
どうしても買うならば、ネットオークションで
最初から中古と謳って1000円くらいで出品されているものを、
出品者の評価実績を見て買うことです。1000円くらいなら、
リスクを考えると納得価格ですよ。


そうなると不調になったプリンター、いよいよどうするか、と
いうことになります。どうすることもできないので、結局
買いなおすしかありません。


その一方で、ヘッドのインク詰まりがいちばん疑われる
ところなので、散り出して洗浄、清掃はやらなければなり
ません。それで復活したら御の字というものです。


プリンターは、インクと修理で儲けると言われます。修理の
ための部品も生産終了後わずか5年でなくなります。それ
ならば、プリンターを買うならば、高級機は買わず、価格を
徹底的に調べて最安値のショップで買え、ということに
なります。


アフィリエイトの作業でもプリンターは意外と使いますからね。
本当に困ったものです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

サラリーマンから一転、ネットビジネス大成功!その背景とは

2016年06月17日(金)

元サラリーマンでネットビジネスに成功した人、あるいは副業で
そこそこ稼いでいる人のプロフィールを拝見していると、ある
共通点があるのに気付きます。


それは、サラリーマンとは完全に一線を画して、自分自身の
仕事観を持ち、それを信じているということです。ですから、自分
で始めたネットビジネスに迷いやブレがなく、こうやろうと思った
ことはすぐに実行し、決断も早い。


それでいてサラリーマンの頃は、そういう考え方に完全にフタを
しているのです。しかし、フタをしてもその思いが色褪せることは
なく、機会が巡った時に一気に開放しているのです。


そういうプロフィールを見せていただいて、しみじみ思うのは、
サラリーマンというのは本当に魅力のない稼業になってしまって
いるということです。


結局、自分の思うところを活かせる場がそこになかったわけです。
しかも、その思いを信じてネットビジネスを始めて、ちゃんと成功
しているんです。ですから、その思いは正しかったわけですよ。


会社には、そうした思いを汲み取り育てて開花させる機能がもはや
なくなってしまっているんでしょうか。そうだとすれば、サラリーマンに
とっても、サラリーマンであり続ける意味がなくなります。


それでも、毎年多くの方がサラリーマンを目指して就活に励んで
います。ここまでしてサラリーマンになる価値があるのか疑問に
思えてきます。


以前のように会社が定年まで生活の面倒を見てくれて、それが会社に
とってもメリットがあると考えてくれている間は、サラリーマンとしても
会社に貢献することを最優先に仕事をすることが当然でした。たとえ
滅私奉公と言われても、それは理にかなっていたのです。


でも今は、会社に社員の生活を守るほどの体力はなく、それでも
社員には、会社への貢献は以前と同じように要求しているようにも
思えます。そうなると昔とは違う仕事観が芽生えて当然です。


ですから、若い時からでも 「自分はこういう仕事がしたい」 「こういう
考えで社会に貢献したい」 「社会にこういうアピールをして稼いで
いきたい」 などの強い思いを持っている人にサラリーマンは向き
ません。就活よりもその道に向かって突き進む方がいいです。


思いはあるけれども、ちょっと迷いがある、ちょっと自信がないなと
いう方なら、とりあえずサラリーマンになるのも悪くありません。
3年くらいたった時点でもう一度思い起こしてみてください。「あの時
の自分の思いって何だったのか」 と。


その時の思いが3年たったサラリーマンの今でも燃えたぎっている、
というのでしたら副業というカタチで、それに向かってスタートしても
いいのではないでしょうか。


ただ、「サラリーマンにはなったけど・・・」 という後ろ向きな気持ちで、
「サラリーマンがいやになったから」 というような動機で始めたら、
成功する確率はぐんと下がります。多くの脱サラの現状を見ても、
それは明らかです。


ただし、そういう後ろ向きな気持ちでも、「いやになったけど、自分は
こういうことを目指したいんだ」 というように前向きな気持ちに変える
ことはいくらでもできます。そういう時って、「じゃあ、そのためには
最初に何をやればいいだろう」 という発想になります。これが大事な
わけですよ。


それが後ろ向きな気持ちだけで始めるときは、そうした目標、準備など、
何もなく単なる希望や現状逃避願望だけで始めるわけですから、
うまくいくハズなどありません。


サラリーマンになれば、遅かれ早かれ誰でも思うことがあります、
「こんなハズじゃなかった」 と。そう思った時が考える良い機会です。
「このまま、サラリーマンを続けるか、違う道に挑戦するか」 、この
二択しかありません。


こういう時、転職というのはおすすめできません。こういう思いの時に
別の会社でサラリーマンになっても何の解決にもならないからです。
まして、転職できても待遇や給料が下がるというならやめた方がいい
でしょう。ただ、現職があまりにブラックだとか、経営状態がヤバいと
いうなら話は別ですが。


その時に決め手になるのが、先ほどの 「自分自身の思い」 がどう
だったのか、いまどうなっているか、ということなのです。元サラリーマン
で、あるいは副業で成功している人たちは、その問いに自分で 明確に
答えることができた人なのです。


あなたはいかがでしょうか。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

win10の勝手な更新、それに対するMicrosoftのコメントが?

2016年06月16日(木)

ウインドウズ10の勝手な更新問題で日本マイクロソフト
がコメントを出しています。それによると、更新に関して
現状の更新通知のやり方を変えるつもりはなく、
サポートを増強して対応するとのこと。


「勝手に」 「とか 「強制」 とは認識しておらず、現状の
サービスを継続するとのことです。これで、7/29まで、
この騒ぎが続くことが決まったわけですけど。


ウインドウズ10は、サイバー攻撃に対して従来よりも
格段に向上しているので、パソコンを安全に使ってもらう
ために、1年間無償で提供する決断をしたとのこと。


それは十分納得できます。一方で、日本人はこういう時
期限ギリギリまで判断を保留にする特徴があるとも指摘
していますが、これはどうでしょうか。


苦情を出している人たちは保留しているのではなく、拒否
しているのが大半だと思うのですが。「要らないんだけど」
という人に、こういうやり方で持っていっても押売と同じで、
トラブルにしかなりません。


マイクロソフトにしても、ここをもっと注意していればサポート
を増強する必要もないわけです。アップデートと同じような
方法で更新するというのは強引すぎます。


ウインドウズについて、昨年12月に面白いことがありました。
XPはすでにサポートが終了しているにかかわらず、シェアが
増えているのです。それに対して、7、8、8.1 は軒並み減少、
10は微増というところです。


XPを新規で使う人はいないはずですので、ここでシェアが
増えたというのは、いったん 7 以降のシステムに変更した人が
また戻ってきたということです。なんでこういう事が起こるのか。


単純に、XPは 使い勝手がいい からです。XPはサポートが
終了していて、使うのは危険です。でも、使い勝手がそれを
凌いでいるのです。この現状をマイクロソフトはどう分析して
いるんでしょうか。


それどころか、ウインドウズXP サービスパック4というのが非公式
ながら公開されているそうです。興味のある方は検索してみて
ください。


ひょっとすると、もしできることならウインドウズ10を普及させるより
も、XPの安全性を高める形で変更したほうが納得性を得られる
のではないでしょうか。


確かにXPはわたしが使っていても、ソフトの対応性も広く、XPに
なったから使えなくなったソフトは皆無でした。サポート終了して、
7 を導入した中古機を購入しましたが、使えなくなったソフトが
いくつかあります。


そのため、私は当時使っていたXPパソコンを今でもオフライン
で使っています。また、今のメインのパソコンでもウインドウズ10
に対応しないソフトがいくつかあるのです。ウイルスソフトも
その一つで、それを購入し直してまで更新する気にはなれません。


サポートが終了したXPが今でも使われている実態をどう受止めた
のか、それがこの結果だというならとんだ見当違いです。
オペレーティングシステムに対するニーズは安全性だけでは
ありません。使い勝手の良さというのが、むしろそれを上回るくらい
あることを、サポート切れのXPが雄弁に物語っています。


今回の騒ぎは、安全性の高いウインドウズ10のイメージすら落として
しまうかもしれません。今回のトラブルを機にマックやリナックスに
乗り換えるユーザーも少なからずいるかもしれません。XPに戻って
サービスパック4を導入して使う人だって、現れるかもしれません。


この騒ぎは、ユーザーのニーズを正しく分析、活用しないと大ケガを
するという教訓になります。それに大きなヒントを与えてくれるのが
過去の事例です。XPに対するユーザーの動き、今回の騒ぎに対して
考慮すべきはコレですよ。


いずれにせよ、7/29までは 「勝手に更新」 を仕掛けてくるでしょうから、
アップデートの際に、要注意です。


ウインドウズ7なら、KB3035583、KB2952664、KB3021917
ウインドウズ8なら、KB3035583、KB2976978
この更新プログラムを選択から外した上でアップデートする事です。
ちなみにわたしの場合、6/15の更新でもKB2952664が来てました
ので、外してインストールしましたよ。


以上、今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

副業の矢先に、突然のリストラ!稼げてなければ中断やむなし

2016年06月15日(水)

毎日会社で仕事をしていたのに、ある日突然会社が倒産
またはリストラ、これはいまや珍しいことではありません。
特に、40歳を越えたあたりから現実味を帯び始めます。


そんなとき、どうしますか。「よし、これを機に前から気になって
いたネットビジネスを始めよう」 これ、悪いことは言いません、
ぜったいにやめてください。


どういうことかといいますと、あなたは離職したとはいえ、
サラリーマンしかやったことがないわけです。そういう人が、
セーフティーネットが何もない状態でアフィリエイトなど始めても
無謀なだけです。すぐに稼げるのは至難のワザですし。


まずは、ちゃんとハローワークに行って、失業給付の手続きを
して、職探しをしてください。倒産とかリストラで失業した場合は
会社都合の離職になりますから、失業給付もしっかりと支給
されますし。


健康保険や国民年金の手続きもお忘れなく。国民健康保険は
会社都合の退職者には軽減処置もあります。また、生活が
厳しいなら、国民年金の支払い停止も手続きできます。この
場合は未納付にはなりません。ただし、支給はその分減ります。


よほど、蓄えがあって4、5年は何もしなくても食べていけるなら
まだ話は別ですけど。どちらにせよ、あなたはサラリーマンしか
経験がないのですから、サラリーマンとして再就職して、それ
が落ち着いてから副業を目指してください。


その副業でサラリーマン以上に稼ぐ手応えをつかんだら、その
ときに副業を本業にすればいいのです。そうでなくとも40歳以上
の再就職は大変です。それだけに失業中は、ネットビジネスの
ことは忘れて、再就職に専念すべきです。


いま、失業率が減少して求人倍率が上がったなどと言われますが
求職者100人に対して、再就職できるのは5人程度なのです。
失業率や求人倍率など、まったくアテになりません。


求人案件に事情のない限り年齢制限を設けてはならないことに
なっていますが、年齢のカベは厳然とあります。40歳以上の方が
年齢制限なしの案件に応募しても、まず通りません。あなたに
よほどスキルがあって、それが応募先企業のニーズにしっかり
合致しなければまず無理です。


ですから、特に高齢者に対して 「仕事は選ばなければいくらでも
ある」 などという人がいますが、あれは真っ赤なウソです。それ
を信じて手当たり次第に応募しても、不採用通知の山を築くだけ
です。


あなたはまず、あなたのスキルの棚卸をしなければなりません。
それを相手先企業のニーズにマッチするように経歴として整理
しなければなりません。このことは、おのずと応募する企業も
徹底的に選ぶことを意味します。それでもなかなか面接にも
進めない現実があります。


おそらく、就職活動をやればその間は副業でネットビジネスなど
やる余裕はありません。既に手がけていたら、中断するか最低限
のことだけをするにとどめて、まずは再就職を優先してください。


特に年齢がもっと高いとか、ローンを抱えている方は本当に地獄
ですよ。完済が遠い先ならば、清算することも視野に入れなければ
なりません。また、子供さんがおられたら、教育費の確保も問題
です。40歳代では、こうした負担もかなり厳しいはずですから。


ところで、こういう現実を若い世代の方はどうご覧になりますか。
早い話、「あすは我が身」 です。今のうちに副業を始めることです。
副業が軌道に乗っていれば、突然の倒産、リストラも怖くないです
から。当然、それまでに軌道に乗れば本業にするのも有りです。


とにかく、今やサラリーマンはいつ離職の憂き目に遭うかわかりません。
副業も必須になりつつあります。まずは、思い立ったらすぐに始めること、
でも軌道に乗らないうちに離職したら、再就職を優先すること、これに
つきます。


一番確実なのは、とにかく早いうちから始めておくことです。早く始めて
早く稼いで、早く資産形成して、それに勝るものはありません。


以上、今回はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。


生活保護も国政も支えるのは納税者、シビアなチェックを!

2016年06月14日(火)

生活保護受給者の過度な飲酒や遊興の出費が問題になって
います。自治体によっては支給を制限する旨で通達しています。
自重して防止できるなら慎むべきでしょうが、中には依存症に
陥っている場合もあり、解決は一筋縄ではいきません。


この問題の根底には生活保護支給の原資は税金であること
があります。わたしたちが納めた税金で生活を保障するなら、
そのお金で仕事に就く努力もせず、飲酒や遊興にのめり込む
のはけしからんという理屈です。


確かにそれはその通りですが、受給者側からすれば、どこで
線引きできるかも難しく、管理管轄する自治体にとっては頭の
痛い問題です。


ところが税金を原資にしているところで生活保護以上に監視
すべきところがあります。それが政治家と官僚です。ここでは
生活保護費などは足元にも及ばないくらいの税金を運営して
います。


多額の税金を投入しただけの効果が本当に現れているのか、
それこそ納税者の立場で監視、検証する必要性はないで
しょうか。


いろいろな政治的課題が審議され、予算も組まれています。
それがどれだけ運用されて、その結果、どの程度解決した
のか、マスコミもほとんどタッチすることはありません。


本当に、その金額をつぎ込む必要があるのか、もっと切詰める
余地はないのか、つぎ込んだだけの効果が本当に得られて
いるのか。こういったことは納税者としても把握する権利は
あるはずです。


たとえば、震災の復興予算も本当に復興に直接使われて
いるのかどうかも疑わしいところがあると指摘されています。
その復興予算に対しても私たちは特別復興税として徴収
されているんですよ。それが被災地の復興に直接充てられて
いないとしたら大問題です。


たとえ税金であれ、納税が義務であるから払うというだけ
ではなく、払う以上はわたしたちにどういうメリットがあるのか
考えなければなりません。


そうすれば税金を使う、運営する側の政治家や官僚も、
そういう国民の目を気にしないわけにはいきません。
そうなれば、払ったことによるメリットも、もっとわかりやすい
形で還ってきます。


生活保護に対して納税者の立場で議論するのであれば、
そういうところにまで議論を展開させたいところです。先述の
通り、生活保護に対しては解決は難しいところもあります。


しかし、政府や関係省庁などに対しては、本来、税金を
わたしたちのために直接使うわけですから、物申す
ところがあれば、より言いやすいはずです。


これを機に、納税者として税金が正しく運用されて払った
だけの効果を得られているのか、注視することの重要性を
考えるべきではないでしょうか。


お金を払うのはその対価としてのメリットを受取る、これが
大原則です。これこそがwin-winの考え方です。税金がこの
例外になることなどぜったいにあってはなりません。


「税金なんて、どうせ取られ放題だし・・・」 こんなことを自虐的に
言っているだけでは、政治家や官僚を怠慢にさせて、
喜ばせるだけですよ。


今日はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

政府も巻き込むwin10アップグレード大騒動、どうすべき?

2016年06月13日(月)

マイクロソフトによるウインドウズ10への強制的なアップグレードが
政府や消費者庁をも巻き込んだ騒ぎになっています。さすがにこの
問題は政府が中心に立つものではないだろうとは思いますが、無料
でアップグレードできる期間が2ヶ月を切りました。


アップグレードを進めたいマイクロソフトとそれを望まないユーザー
との争いは、さらに加熱しそうな気配です。わたしもアップグレード
したくない派の一人です。パソコンも中古で、周辺機器も古く、
対応不可のソフトも使いまくっていますので。


以前も、この記事でお話したんですが、もう何度も勝手にインストール
の危機にあってきました。ホント、定期更新の時期になるたびに
ウンザリさせられています。


ウインドウズ10が悪いオペレーティングシステムだとは思って
いません。問題なければ無償期間のうちにアップグレードした
方がいいのかもしれませんが、何が起きるかわかりませんから。


パソコンが比較的新しくて、少々の不具合に対しても立ち向かえる
スキルをお持ちの方以外は手を出さない方がいいでしょう。
とにかく、初心者の方もなんとか頑張って現状で7月29日を乗り
超えることです。


さすがにマイクロソフトも、知らない間に望まないアップグレード
をされた方に対して、動画によるキャンセルの方法を公開して
います (コレ) 。


ただ、無料期間を過ぎると有料になって、安くても2万円近くします。
あと2ヶ月弱インストールするかどうか、よ~く考えて決める必要は
あるでしょう。後になって 「しまった!」 なんて思うのもシャクですし。


重複するところもありますが、コレに当てはまる人、ダウンロードは
しないほうがいいでしょう。

 1.パソコンが古い。ビスタ以前のマシンを使っている。
 2.周辺機器やソフトも古く対応できない、または不明。
 3.ウイルスソフトも対応しない。新たに購入するつもりもない。


これに一つでも当てはまるならば、2ヶ月弱を頑張って乗り切る
ことです。今のシステムも数年先にサポートが終了します。
その時に、新しいシステムが導入されたマシンを入手すれば
いいだけの話です。


あとは、あなたのスキルがアップグレードとそれに伴う不具合
発生に耐えられるかどうかということになるでしょう。それは
あなたご自身とよくご相談いただくしかありません。しかし、
それ以前に、この3つのどれかに当てはまるなら、アップグレード
はやめたほうがいいです。


あと2ヶ月弱、マイクロソフトはやっきになってアップグレード
を強引に進めてくるでしょう。それを望まない人々にとって
迷惑なハナシですよ、本当に。


今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

うまくいった、これってまぐれ? 違うでしょ立派な結果です

2016年06月12日(日)

たまたま事がうまくいったとき、思った通りとかそれ以上の結果
になったとき、ふと思いますよね、「これ、まぐれだよね」 。


でも、まぐれというのは本質的にありえないことなのです。なぜ
かというと、そんなオイシい結果でも、それが事実だからです。
この世の中、ひいては宇宙全体といってもいいでしょう、支えて
いるのはすべて 「事実」 なのです。


だから、まぐれなんてものは存在しない。それは、その結果を
引き起こした事実にあなたが気付いていないだけ、ということ
です。


ですから、せっかく良い結果になったのに、それを 「まぐれ」 の
一言で済ませてしまうのは、実にもったいないことです。なぜ、
そういう思いもよらぬ良い結果になったのか、そこ至る経緯を
ひもとくべきです。


正しくそれが分析できれば、その結果が何度でも再現できる
のです。一度きりの 「まぐれ」 で終わらせるか、それを今後、
何度でも再現できるか、どちらがいいのか考えるまでもありません。


アフィリエイトというのも、けっこうそれによるところが大きい
です。例えば、ブログ、メルマガの記事一つ書くにしても、
あなたの経験、つまり事実に基づく結果をもとに書いたら、誰
でも良い記事がスラスラ書けますよね。


書いたあとで、「俺って、文才ないのに、書けるじゃないの。
けっこうやるじゃない、俺って」 と思ったりします。それが新たな
自信につながります。


また、ぜんぜん成果が出ない人が、たまたま売上を獲得した
とき、それをたまたま偶然のまぐれと思うか、いつも売れない
のに、なんで売りがたったんだろうと思うかで、今後の進め方
は大きく違ってきます。


それから、最近無料レポートの紹介をさせていただく機会に
恵まれて、大変ありがたいことなのですが、優秀なレポートに
共通していることがあります。


それは、すべての作者の方が
経験という事実に基づいてレポートにまとめられている
ということです。


事実に基づいていて、それをきちんと分析してその結果を導く
プロセスを明らかにしているから、再現性があって、強い説得力
を持つレポートができるのです。


そのレポートを拝見すると、どれを見ても自信に満ち溢れて
います。その証拠に、どのレポートにもメルマガ登録により
サポートを受けられる特典が付いています。


また、レポート自体も時とともに変化し、成長します。登録
すれば、いつでも、その改訂内容を入手することができます。
事実に基づいている限り、その事実も進化します。それを
素直に受け止めて、レポートに反映することで、そのレポート
の内容もさらに進化するというわけです。


こうしたサービスは、以前は有料商材にしか見られません
でした。しかし、最近の無料レポートではそれが当たり前の
ように特典として付けられています。


事実に基づく結果分析、これがいかに最強のものであるか
こうした傾向を見ても明らかです。


わたしたちがこの世の中に生きていて、進歩しようとするとき
経験を事実として分析してそれを検証し、さらに次につなげて
いくことが必要です。一連のこうした行動を 「成長」 と呼びます。


これは、この世で生きる生物の中で人間だけに与えられた
天賦の才能です。人間が人間として生きるというのは、成長
することを目指して、こういう行動を積極的に行うことを指します。
もちろん、アフィリエイトだってそれはあてはまります。


「まぐれ」 とか 「ビギナーズラック」 などということばは、そうした
思考を停止させ、人が成長しようとする意思を阻害します。
良い結果が出た。それは決して偶然ではなく、あなたが興した
事実の結果です。


オイシい結果が出た。それは 「まぐれ」 ではなく、あなたが成長
するための切符を手に入れたということです。その切符を活かすか
殺すか、それはあなたの考え方次第です。

Good Luck!

今日はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

無料レポート紹介~自由へのフライトチケット

2016年06月11日(土)

今回ご紹介します無料レポート、こちらもなかなかのスグレモノ
です。とにかく守備範囲が広い。アフィリエイトという言葉すら
知らない人から、10万円前後稼いでいる人までをカバーして
います。


「それだけ守備範囲が広いと、却って中身が薄くなるんじゃないの」
と思いがちになりますが、コレは違うんですよ。70本以上の動画で
構成されているんですが、とにかく内容が濃い!。


まずは読者の方に自分はどのレベルにランクされるかをあらかじめ
振り分けてもらうところから始まります。全く何も知らない人から、
〇〇円程度稼いでいる、など入門、初級、中級、上級とクラス分け
しているんですね。


そのうえで、「このランクの人はココを見てね」、というように、見るべき
ところをちゃんと仕分けしてあります。ですから、あなたの現状に応じて
見るところも変わってくるというワケです。非常に効率の良い学び方を
提供してくれているんです。


そのコンテンツを掲げてみましょう。

 1.アフィリエイト概要編・・・アフィリエイトって何? 入門者
 2.マインド編・・・ビジネスマインド、メリットとデメリット 入門者上級者
 3.ブログ解説編・・・・・・・・ブログ作成の全て 入門者中級者
 4.ツール準備編・・・・・・・・グーグルサービスの登録 入門者初級者
 5.アドセンス取得編・・・・・グーグルアドセンス取得、審査 入門者
 6.トレンドアフィリ編・・・・・トレンドアフィリエイトって何? 入門者初級者
 7.リサーチ編・・・・・・・・・・アクセスを集める 入門者上級者
 8.記事タイトル編・・・・・・・SEO対策 入門者初級者
 9.ライティング編・・・・・・・記事の書き方 入門者中級者
10.アクセスアップ編・・・・・アクセスを増やす 入門者上級者


当然のことながら、レベルが浅いほど学ぶべきことも多いわけで、
入門者は結局全部が対象になるわけです。当然といえば当然な
わけですが。いずれにせよ、自分のレベルに応じて適切な学習が
できるというのがいちばん効率的です。


わたしもこのコンテンツをざっくり拝見しましたが、さすがにトレンド
アフィリエイトに重点を置かれているだけあって、ブログ解説
リサーチ のコンテンツが特に充実しています。おそらく、ここを
まとめられるのにいちばんご苦労されたのではないでしょうか。


アフィリエイトにとってブログは家の基礎のようなものです。ここが
しっかりしていなければ日の目を見ませんからね。また、リサーチ
はその運用にかかわるものです。この2つのコンテンツは特に
見ごたえがありました。見る価値大いに有りです。


さらにさらに、アフィリエイトというのは時とともに変化のスピードも
目まぐるしいのが特徴です。これに対応して、この教材に書ききれ
ないことも多く、それはメルマガ登録により指導してくれるとのこと。


もっとさらに、ラインで直接作者さんがあなたを指導してくれる特典
も付いているのです!。


「これって、無料レポートだよね・・・。何でここまでしてくれるの」
そういう疑問が当然湧き上がります。それに対して、作者のるびさん
がおっしゃるには、



『自由へのフライトチケット』は、
無料で配布している教材ではあるのですが、
絶対に無料教材だと思わないでください。


危険です。




るびさんは過去に有料教材で学ばれて、思わぬ効果を得られなかった
経緯があるそうです。で、成功された現在を導いた実績に基づいて
無料レポートにまとめられたということです。


なんで無料なのか、絶対の自信作だからです。それがコンテンツの
至るところににじみ出ています。「有料教材など使わなくてもできるんだ」
という意気込みが感じられます。


この無料レポートの出現で、有料教材を作成されるアフィリエイターさん
は、また悩みのタネが増えているんじゃないでしょうか。


ダウンロードはコチラから登録してくださいね。


以上、今回はこの辺で。
お読みいただき、どうもありがとうございました。

伊勢志摩サミット、建てて壊すのに30億!何それ、いったい?

2016年06月10日(金)

先月、伊勢志摩サミットが行われました。その時に会場となった
国際メディアセンターの別館、この建物はわずか3日の会議の
ために建てられ、サミット終了後には解体されるそうです。


建築費は28億円、解体費は3億円だそうで、合計31億円をかけて
会場を設営し、元通りに復帰するということです。 「何だ、コレ」
ですよ。しかも外務省は 「安く上がった」 と、鼻高々だそうで。


約5千人の報道関係者が利用したとのことですが、なぜこんな
すぐ壊すような建物が必要だったのか。それだけのカネが必要
だったのか。その感覚には目と耳を疑います。


確かにサミット開催国は内外にその国をアピールするという役目
もあるのですが、今の日本は物見遊山みたいなやり方でいいのか。
かたや、地震などの大災害に見舞われていて、復興もこれからと
いうときに、ですよ。


できるだけ簡素にして、「目下、復興に励んでいます」 というアピール
の仕方だってあるはずです。30億あれば、被災地にどれだけの
恩恵がもたらされることか。


サミットの表面だけを取り繕うことを災害復興より優先させたことに
憤りを覚えるのは私だけでしょうか。しかも、この原資は税金です
よね。わたしたちはこんなことにお金を使うために増税に脅かされ
ながら生活しているというのでしょうか。


それに 「安く上げた」 というなら予算を組んだ時点で、その内容を
誰が監査したんでしょうか。何一つとって、納得できるものでは
ありません。


バブルが崩壊して以降、わたしたちはお金を使うことに対しての
考え方が変わっています。お金を使うときに、もっと安く、効率的
にすることはできないか、お金を使ってどれだけの効果を得られるか
ということを常に考えながら使っています。


いまや、「消費は美徳」 などと考えている人は誰一人いません。
また、会社でも昔は予算に対して費用をあまり多く残すと、次年度
の予算配分に影響するからと、予算をほぼ全て消化することを
是としてきました。しかし、そんなこと今でもやっている会社なんで
ないでしょう。


いまだにバブルの感覚から脱却していない政治家と役人たち、
本当に怒りがこみ上げてきます。それで税収が足りない、だから
増税して国民から徴収しようなんてことを安易にやるんですよ。


政治家と役人の仕事は、徴収を極力抑えつつ最大の税収効果
を上げる事です。足りないから増税、それに飽き足らず、こんな
ワケのわからない使い方をするのが許せますか。


災害復旧だって遅々として進んでいない、基地や領土などの
外交問題も進展していない、身近なところでは待機児童の数
だって改善していない、私たちを取り巻く問題のほとんどが
何も進展していないのです。


こんな状況で、外ヅラだけを取り繕うようなカネの使い方をして、
そのツケをすべて国民に押し付ける、これをこのまま放置して
おいていいものでしょうか。


最後に、このツケのしわ寄せを一番真っ先に喰らうのが
サラリーマンなんですよ。サラリーマンが副業を始めること、
これはある意味で、この国を変えていく契機にもなるのでは
ないかと期待しています。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

消費増税先送り、心配です。だけどアフィリエイトは無敵です

2016年06月09日(木)

消費税の増税が仮に2年延期された場合、どんな影響が考え
られるでしょうか。いままでは、税率が上げられる直前に、
一時的に消費が上向きになり、税率が上がった途端に冷え
込んで税収をも却って減らした経緯があります。


今回、10%延期により消費が上向くなんてことは、ある
でしょうか。それはまずないでしょう。良くならないし、悪くも
ならない、何の変化もないのが一番考えられます。


それ以前に8%になった影響がまだまだぬぐい去られていない
ですよ。アベノミクスの恩恵にしても、ごく一部の富裕層だけ
ですし、多くの国民にとって消費税は既に負担になっています。


ですから、10%を先送りしても現行の8%を下げない限り、景気は
動きません。遅かれ早かれ10%になれば一層景気を悪くさせる
だけで、上がる前の駆け込み需要だって起こるかどうか・・・。
税収だって、どーんと落ち込むでしょう。


もともと国民全体に薄く広く、で始まった消費税ですがこれだけ
景気が悪い、デフレからも脱出出来ていない状況では撤廃する
のがセオリーですよ。


外圧に押されて消費税の増税を約束し、それができそうもなくなる
と、リーマンショックの再来だとかワケのわからないことを言う始末。
アベノミクスの結果というのがコレですか?


何をやっても、消費税が存在する限り、その存在自体が間違いだ
という結果しか出ていないですよ。どんなに小手先で取り繕っても
間違っているものがある限り、好転するはずはありません。その
うえ存続するなら、いろいろとボロが出てきます。いまの消費税を
巡る動きは、それをハッキリと示しています。


そういうときに、「なんとかならないの」 という悲鳴にも似た声が出て
きます。ところが、サラリーマンの方は何日か前にも書きましたが、
どうすることもできません。せいぜい、出費を切り詰めるか、選挙で
消費税を撤廃してくれる候補者を見定めて投票するか、しか
ありません。


ところが、個人事業者は税込売上が1000万に満たないなら納税免除
されるという大きな節税枠が与えられているのです。サラリーマンから
見たら、とても正気でいられなくなるようなことです。


これ、アフィリエイトの場合は最強ですよ。なぜかというとアフィリエイト
は商品を仕入れたり在庫したりしませんから、売上はほぼイコール利益
だからです。


アフィリエイトで売上1000万あって、収入も1000万だとしても納める必要
はありません。一方、物販で利益率50%の商品を売って収入を1000万
得る場合は、売上2000万になります。当然、納入しなければなりません。


ですから、アフィリエイトというのは消費税節税の王者と呼ぶにふさわしい
ものなのです。月に50万を売り上げても1000万には届きません。でも、ここ
まで稼げたら、消費税をあまり気にしなくてもいい生活もできます。
ちなみに50万売り上げたら受け取る報酬は54万です。おっと、確定申告
だけはお忘れなく。


そんなに稼げないよ・・・、という方も、自己アフィリでもOKですので、ぜひ
お試しを。自己アフィリもマメにやれば月に10万近く稼げます。


これからサラリーマンを目指して就活される方、この記事読まれてどう
思われるでしょうか。とにかく、税金を搾り取られるだけのサラリーマン。
国や社会がみなさんをどんどんサラリーマンにさせようさせようとして
いる理由がおわかりでしょう。


それでも、昔のように定年まで働けて、退職金ももらえて、中流階層
の生活が保証されて、というならばガマンもできるでしょうけど。いまは
そういったものが総崩れになっているにもかかわらず、搾り取られる
ところだけは相変わらずなんです。


それでも生涯サラリーマンを目指しますか。


以上、今回はこのへんで。
お読みいただき、ありがとうございます。

サラリーマンを襲う増税の嵐!救いは副業、今すぐ始めろ!!

2016年06月08日(水)

サラリーマン諸氏ニ告グ!!!

只今、緊急事態が発生しております。


サラリーマンは増税による税負担が重くのしかかり、生活が
ままならない事態へと追い込まれております。特に消費税は
この事態に追い打ちをかけています。しかし、サラリーマンは
それに太刀打ちすることも許されず、なすすべもなく一方的に
徴収される運命にあります。


ただちにこれをダウンロードして、作業に取り掛かってください。
作業するのは、STEP1に掲げられている3編のうちどれか
1編で構いません。それで3万円を手にするように作業して
いただきたいのです。


作業といっても、そんなに大した手間はかかりません。動画を
ご覧いただいて、実際に作業して1時間もあれば十分です。
ですから、勤務終了後に自宅で無理なく取り組むことができます。


実際、私も2編目の方法を実践しました。もっとも私の場合、入会
手続きなどは既に完了していましたので3万円を稼ぐのに30分
程度でできてしまいました。


実際に口座に振込まれるのは、作業を行ってから3ヶ月近くあとに
なります。それから、なんと

振込まれる報酬に消費税相当分が加算されるのです。

つまり、報酬3万円分の案件に対して作業をすれば、実際に振込まれる
のは、32,400円なのです。このとき、わたしは生まれて初めて消費税を
支払うのではなく受け取る体験をしたのです。


では、その消費税相当分をどうすればいいのか。


年間の税込売上、すなわちこの場合の報酬が1000万円以内であれば
納税する必要はありません。つまり、消費税を加算された報酬をその
まま受け取っていいわけです。


ただし、ルールもあります。サラリーマンの場合はこの報酬は雑収入と
なります。ちゃんと自己管理して申告しなければなりません。これを
怠ると、会社にもあなたが報酬を受け取ったことが知れて、思わぬ
ペナルティを課されることにもなりかねません。それ以前に、税務署から
追徴課税なんてことになれば目も当てられません。


ですから、やる以上はちゃんと自己責任、自己管理のもとで行う必要
があります。また、大変残念なことですが、

あなたが公務員なら、これを行ってはいけません。

公務員は副業を行ってはならないことが、法で規定されているからです。
これを犯せばあなたは最悪、懲戒解雇プラス懲役ということになります。


しかし、この作業によりあなたは報酬を手にするだけでなく、いくつかの
貴重な経験ができるのです。それは、

  1. 今まで支払う一方だった消費税を受取る立場になる。
  2. 2~3日勤務してやっと稼げた金額を30分程度で稼いでしまう。
  3. 今までほとんど縁がなかった確定申告が必要になる。


ということです。あなたはきっと思うはずです。「自分がいままで
一生懸命働いてきたサラリーマンっていったい何だったのか」 と。
コツコツと稼いできた給料から情け容赦なく、税金が徴収されます。
そこに消費税が追い打ちをかけます。


わたしは、初めてこの報酬を手にした時にサラリーマンというのは
何と不条理な立場にいるんだろうということに気付きました。
確かに、厚生年金や健康保険は会社が半分負担してくれます。
しかし、その負担もしてくれない会社や、その分給与に跳ね返る
ケースだってあるのです。


今回はアフィリエイトなどの副業ビジネス以前に、こうしたことを
知るという意味で、ご紹介しました。


で、ここでもう一つご注意を。
この方法で、3万円と言わず、やればやるほど稼げてしまいます。
それはそれでいいかもしれませんが、年間20万円を超えると
所得税の対象になります。20万円なんて、すぐに越えてしまう
ので、注意してください。


ただ、あなたが経験されたことはネットビジネスの入口にあてはまる
ことでもあるのは事実です。あなたが手にした3万円、どうしますか。
むしりとられた消費税の穴埋めにするもよし。お小遣いの足しに
するもよし。


また、これをきっかけに副業ネットビジネスに挑戦するというのも
いいでしょう。3万円あれば軍資金としては十分ですし。実は、ここ
でダウンロードしていただいたレポートですが、少し前にこちら
ご紹介したものです。


このレポートでは、映像で指示された通りのことをやれば、本当に
3万円を手にすることができるのです。しかも、副業ネットビジネス
へと、今回の経験を元に発展させていくための手がかりともなる
ものです。さらに先へ進みたいという方にも役に立つレポートです。


サラリーマンが給料以外の収入を手にする経験をするというのは
いろいろな面でプラスになります。今回、ここでお話しましたことを
実行していただくことで、あなたはサラリーマンに対する見方が
変わってくるはずです。


それによりサラリーマンを今以上に客観的に分析することが
できるはずです。ひいてはそれがあなたのこれからの人生に
新たな道を切り開くキッカケになると言って過言ではありません。


それを願いつつ、おわりにしたいとおもいます。
ここまでお読みいただき、どうもありがとうございました。

無料レポート紹介~JOY~jump On YouTube~

2016年06月07日(火)

今回、ご紹介しますレポートは、間違いなくアフィリエイトにおいて
新たな流れを導くものになります。それはなぜか、ユーチューブを
媒体としたアフィリエイトに特化して、アフィリエイトの全てのことを
ユーチューブを使いこなすことで進めるものだからです。


したがって、ここに掲げられているコンテンツすべてはユーチューブ
に対して何をするか、という視点でまとめられています。確かに
ユーチューブで稼ぐ、ということはけっこう囁かれてきてはいるの
ですが、本格的にそれを解説されたレポートはこれが初めてでしょう。


このレポートをご覧いただけたら、

ユーチューブでなぜ稼げるの?
どうやったらユーチューブで稼げるの?

この2大疑問が明快に解決します。


ご存知のとおり、ユーチューブを利用しようとしたらGメールの登録
が必要ですよね。そこを皮切りに、ユーチューブの利用法から
徹底的に解説してくれます。


そのコンテンツは動画で60本以上、のべ360分に及びます。
ユーチューブだけに限定したにも関わらず、これだけのコンテンツが
あるのです。


そのチャプターをご紹介しましょう。

 1.マインド・・・・・・・・サラリーマン、アルバイト感覚からの脱却
 2.準備・・・・・・・・・・・Gメールアカウント取得に始まり、ユーチューブを
               資産にする
 3.実践(初級編)・・・基本的な作業を繰り返し実践
 4.実践(中級編)・・・作業品質の向上と効率化
 5.実践(上級編)・・・長く安定的に収益を上げていくために
 6.特典・・・・・・・・・・・日々進化しボリュームアップするコンテンツ、
               公式メルマガ登録から


ここで、お気づきのことと思いますが、ユーチューブで稼ぐといっても
アフィリエイトの基本や進め方がかわるということではないのです。
ですから、このチャプターを眺める限りでは、いままでのレポート
や教材と何ら変わったところはありません。


でも、このレポートではすべてのことをユーチューブ上で行います。
その意味で、2.準備 は圧巻ですよ。私も拝見して、一番見ごたえ
のあるのがココでした。「ユーチューブを扱うっていうのは、こうやる
ことだったのか。」 「こうやって、ユーチューブを資産にするんだ」
目からウロコが2重3重になって剥がれ落ちました。


ユーチューブをもっと使いこなしたい、ユーチューブでもっといろんな
ことをやってみたい。そういう方にもココは必読です。


それから、もう一つ見どころがあります、このレポートには。それは
1.マインド です。アフィリエイトをはじめとしたネットビジネスには
どうしても、それに見合うマインドが必要です。ところが、これは私も
けっこう申し上げていることですが、サラリーマンやアルバイトに
慣れてこられた方は、ここがネックになります。


ネットビジネスというのは結果が全てです。それまでのプロセスや
工数はまったく関係ありません。どんなに頑張っても結果が
出なければ、もっと頑張るしかないのです。「こんなにやったのに」
「いったい、いつになったら」 こうしたことを言っても、あなたの価値
を下げるだけで何にもなりません。


こうしたことについても、1.マインド でかなり深く突っ込んでいます。
特に、このチャプターの最後の動画に 「ネットビジネスをしないススメ」
というコンテンツがあります。ここをお読みになれば、生半可な気持ち
でおられる方は、完膚なきまでたたきのめされます。


はっきりと申し上げまして、ココをご覧になられて動揺される方は、まだ
ネットビジネスを始めない方がいいでしょう。その意味で、ここの部分は
「閲覧注意」 です。


このレポート、ユーチューブを最大限に使いこなしてネットビジネスを
展開するものなのですが、それだけではく、ネットビジネスそのものを
始めていく上での進め方や心構えについても指導してくれるのです。


作者のエンドウさんは言い切っておられます。「このレポートを実践
すれば、必ず30万は稼げるようになります」 と。ユーチューブを
駆使しようが、そこはネットビジネスです。ユーチューブを使えば
いいというだけのものでは断じてありません。


しかし、ネットビジネスにユーチューブを使いこなすことで、新たな
展開を図りたい方にとっては、チャンスを広げてくれるとっておき
のレポートなのです。


ダウンロードはこちらからどうぞ。


以上、今回はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございました。

就活塾、就活にそれは要りません。必要なのは 「あなた」 だけ

2016年06月06日(月)

就活というのは、初めて社会人として巣立つこともあって
なかなかご苦労が多いのが今も昔も変わりません。しかし、
最近は 「就活塾」 というものがあって、これが何かと問題
になっているようです。


はっきりと申し上げて、こういうところに頼る必要はまったく
ありません。就活というのは一言で申し上げて、あなたが
社会に対してあなたご自身をアピールすることなんです。


あなたがやりたいことは何、できることは何、自分で描いて
いる将来像が何でその実現のためのプランは何、などなど。
社会に対してあなたを売り込む舞台が就活なのです。


それをあなたご自身で決めて相手に売り込めばいいわけで、
就活塾など必要ありません。そんなところを探すヒマがある
なら、あなた自身のプランを自分で練る方がずっと有意義
です。


まして、そこに参加するために巨額の費用を払ったり、留年
までして、というのは論外ですよ。あなたが学生生活を経て
自分はこうしたい、こうありたいと考えている。そのために
こういう社会人を目指している、というような感じで、自分
自身のプランを描けていれば、それでいいのです。


また、就活といえばどこかの企業に入社して、そこが有名な
大企業や上場企業なら・・・という程度のことしか考えていない
のなら、これまた非常に危険です。


はっきりと申し上げて、そういうところで仕事に励んでいても
巨大な組織に埋もれるだけで社会で生きていける力は付き
ません。そのまま埋没するか、リストラされるのが大半です。


あなたがどんなに自分をアピールできたとしても、大企業では
組織の一員として埋もれるのがオチです。ですから、サラリー
マンとして働くのであれば、自分で年限を決めておき、その間
に身に付けることをちゃんとリストアップしておくことです。


在籍している間、あなたはそのプランに対して実行できている
か、進捗しているか、それが会社に貢献できているかを常に
チェックしながら働くことです。それをやっていればその年限が
過ぎたとき、あなたは自分でも驚くくらい成長しているはずです。


ですから、大企業に選んでもらうのではなく、あなたが自分の
プランを実施、実現できるにふさわしい会社かどうかを、あなたが
評価するくらいでなければならないのです。


そうすれば、何年か後のあなたは社会のどこにいっても通用
する人材になっているでしょうし、自己実現のために、必ずしも
どこかの会社に属する必要もないでしょう。


常に将来の自分を頭に描き、その将来像に対していまどの
あたりまで来ているかを実感しながら仕事ができることが、
あなたにとって最適です。


それは誰に教わるでもなく、あなた自身で自分を振り返りつつ
考えていけばそれで十分です。そこに就活塾とか大企業の
サラリーマンにとりあえずなることが入り込む余地はありません。


就活というのは、あなたご自身で人生設計をしてどういう社会人
を目指すのかということが前提になります。それを決めるのは
あなたをおいて他にはいないのです。


自分のことは自分で決める、これができなければ就活は
できません。これを補えるものも何もありません。すべてが
あなた次第というわけです。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

消費税増税延期で大騒ぎ、もういい加減にしてくださいよ。

2016年06月05日(日)

消費税を10%に上げることを延期することで、自民党は公約を
修正するとかで大騒ぎになっています。この公約修正の意味
というか、意図がよくわかりません。


そもそも、10%に上げることは来年4月を予定されていましたが、
それが公約だったということなんでしょうか。そんなこと、公約
以前に、みんなが納得していたとも思えないのですが。


で、上げるのを先送りしても社会保障はなんとしても守るという
ならば、最初から上げる必要はないわけですよね。また、先送り
したら、その財源はどうするのなんてことを言う議員もいますが、
それもおかしな話でしょう。


消費税を上げなければ財源が確保できない、そんなバカなこと
はありません。財源がないとするならば、それは消費税率が
低いのが原因だというのでしょうか。消費税を上げることが
まずありき、というようにしか聞こえません。


8%に上げた時だって、上げて何が変わったでしょうか。景気が
よくなったわけでなし。デフレが解消されたわけでもなし。果ては
我が国を取り巻く外交問題に進展が見られたわけでもなし。


税収がない、だから消費税など増税だという短絡的な話は、もう
うんざりなんですが。いい加減、本当の意味での景気対策を
さっさとやれ、と言いたいです。景気が上向きになれば税収も
それにつれて自然に上がるはずです。


このままでは、特に若い人たちが失望しますよ。実力のある人
や志の高い人たちは、どんどん国を出て海外で活躍することに
なりますよ。それでいいんですか。


うわごとでは綺麗なことを言いつつ、何をどうしたいのかまったく
見えない政治、もうこりごりなんですが。全てをガラス張りにして
5W1Hでテーマを明確にして、進捗も具体的にわかるような政治
を実現することを誰も考えないんでしょうか。


増税よりも国民が納得できる政治、進捗管理が明確にできる
政治を実現するのが先ですよ。これを理解できない人は、
政治家にはなってほしくないです。


わたしとしては、次の選挙で候補者を選ぶポイントは断然ココ
です。政策とか公約はどうでもいいです。自分のやりたいことに
対して、どのようにして国民を納得させようとしているか、目標
は何で、進捗管理をどのようにしようとしているか。それを
具体的に説明すらできないような人を選びたくはないです。


政治家に必要な資質、それは何といっても問題解決能力です。
いろいろ、報道などを見る限りこの能力を持った議員は誰一人
見受けられません。


問題はどこにあって、それをどうやって解決していこうか考える。
これはわたしたちが生活していく上でも基本的なことです。
次の選挙では、ぜひこうした考え方に沿って適正な人を選んで
いきたいものです。


そうすれば、日本はもっと良くなっていくはずです。


今回はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

消費税の負担イヤですね アフィリエイトなら軽減可能です!

2016年06月04日(土)

天下の大悪税の消費税。10%に改定されるのは先送りにされ
そうな雰囲気です。しかし、現状でも8%。例えば月に5万円の
買い物をしただけで4千円も払わねばなりません。こんな、
腹立たしい消費税ですが節税できる方法があるのをご存知
でしょうか。


簡単なハナシです。
アフィリエイトを始めたらいいんですよ。
もっとも、報酬が実際に入らなければ何も変化はありません。
しかし、自己アフィリの報酬も対象になります。


要は、あなたが個人事業者になればいいのです。別にアフィリ
エイトだけが認められているというわけではありません。ただ、
実際に個人事業者になって収入がなければ無意味ですので、
比較的手軽に収入を上げやすいアフィリエイトを引き合いに
だしたということです。


消費税というのは、いやおうなしに買い物をした時に取られる
ものなのに、節税の方法などあるのかと思われますよね。それが、
あるんですよ。ご説明しましょう。


1.どうすれば節税できるのか
まず、あなたがサラリーマンで給料以外に収入がないならば、
残念ながらその方法はありません。あなたは、給料の中からモノ
を買うたびに払わざるを得ません。

ところが、アフィリエイト (もちろん、これ以外の事業でも同じような
ものでしょうけど) で報酬が発生すると、ASPを通じてあなたに
支払われます。その時に、消費税を含めて支払われます。たとえば、
1万円の報酬がある場合、消費税を含めて10,800円が振込まれます。

本来、この消費税相当分の800円はあなたが支払わなければ
ならないものなのです。しかし、ここにひとつのルールがあります。
課税売上が1000万円以下なら免税される というものです。

つまり、他に給与以外の収入がなければ受取った報酬が1000万円
以下なら収める必要がないのです。詳しいコトはコチラをご覧ください。
この例ですと、あなたは800円を納めることなく、節税できるのです。
早い話、あなたのものなのです。

ただし、報酬額が1000万円を超えると消費税相当分を納めなくては
なりません。ですから、サラリーマンのパート収入で103万の壁とか
130万の壁と同じような壁がここにあります。

もっとも、サラリーマンの場合、103万とか130万の壁を越えないように
越えないようにやりくりしてましたけど、こちらの場合では早く越えたい
というような目標にもなり得るところかもしれませんが。


2.どうすれば個人事業者になれるのか
別にどこかに申告したり登録したりということはありません。確定申告
で、その旨申告した時点であなたは個人事業者です。ここで、重要
なのが、たとえ1円でも報酬があった場合は申告するに越したことは
ありません。

ただ、転売、せどり、オークション出品などの場合は、。古物商の許可
を取っておいたほうがいい場合があります。

消費税以外にも、20万円を越えたら所得税の対象になりますので、
申告は必須です。20万円なら、始めたらすぐに達成できる金額なので
要注意です。

「では、20万円未満なら申告いらないんじゃないの?」 そういうわけ
にもいきません。住民税は1円からかかります。放置すれば、税務署
から、あなたの会社に通知されて、その金額が会社で計算していた
金額と食い違います。

その時に、会社にあなたが給料以外で稼いでいることがバレてしまう
のです。ところが、あなたが申告して、給与以外の住民税をあなたが
支払うよう手配しておけば、ここに差異は発生せず、バレることは
ありません。

ですから、とにかく1円でも報酬が入ったら申告すること。そして、その
時点であなたは個人事業者になるのです。で、後日、税務署から
白色申告 (つまり、副収入に関する申告のことです) の記帳・帳簿等
の保存制度説明会に関する書類が送られてきます。申告したら、
これにも参加しておくほうが良いでしょう。


3.これだけじゃない、個人事業者の節税
個人事業者に対しては、これ以外にも経費として認められて節税できる
ものがあります。例えばアフィリエイトの場合、パソコンやドメイン、有料
商材等の出費は対象になります。セミナーや講演参加の交通費も対象
になるかもしれません。

「これって、経費じゃないかな」 と思われるものは、とにかく領収書を保管
しておいて申告すべきです。

サラリーマンの場合年末調整で、書類をただ機械的に書いて提出しても、
収入によりますがいくらか税金が戻ります。これは控除が認められている
からで、この控除もサラリーマンの必要経費として設定されているわけです。
しかし、控除額も一定で具体的に必要経費として申告しているわけではあり
ません。

ですからサラリーマンは必要経費とか節税に対して、どうしても疎くなって
しまいます。個人事業者の場合は自分で経費も申告する必要がありますので、
しっかりと押さえておくよう注意が必要です。

話は変わりますが、サラリーマンでも住宅ローンや医療費に対しても控除
できることをご存知でしょうか。これらは年末調整を待っているだけでは
還ってきません。確定申告で手続きが必要です。


4.ここで見えてくる消費税の不条理さ
消費税の節税の方法、ご理解いただけたと思います。でも、ここで
「おかしい」 と気付きませんか。売上1000万円以下の事業者は
納めなくてもいいわけです。そうすると、あなたが買い物で泣く泣く
支払った消費税が、場合によっては国庫に入らずに、業者の懐に
入ってしまうのです。

国は税収が足りないからといって、今回は見送られるかもしれ
ませんが、この不況下にも関わらず消費税を上げようとします。
これだけの歪を持った税制を、これ以上拡大するというのは異常
としか言いようがありません。

安直にただ取りやすいところから取り立てる、そのためには少し
ばかりの不公平やひずみがあっても目をつぶる、それが消費税
の実態です。残念ながら、ただ一方的に払うだけの立場の
サラリーマンにはそれがわかりません。

こんなひどい税制を増税までして継続していいものか、はなはだ
疑問です。一刻も早く撤廃すべきです。税収が不足でも、増税など
せずとも対策はあるはずです。そうしたことを後手にする政治家、
絶対に許すべきではありません。わたしたちはちゃんと税金を
払っているんですからね。


アフィリエイトを始めると、消費税をはじめとして税制上でもサラリー
マンでは考えられないような有利なところがあることが、おわかり
いただけたでしょう。特に、アフィリエイトの場合、売上は、ほぼ
イコール収入ですからね。


これを知っていただいて、あなたの副業ビジネスを有利に進めて
いただけたらと思います。


今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

外遊が40回で費用が88億円!何でこんなに?何とかしてくれ!

2016年06月03日(金)

首相の海外出張の費用が88億円だそうです。これは2次政権
における金額で、改造内閣も含め、約2年間ですね。この間、
外遊は40回だそうですから、ほぼ月に1~2回、1回当り約2億円
使った勘定になります。


こんなに頻繁に、こんなに費用をかけて何をしに行っているんで
しょうか。最近ではサミットの根回しということもあるんでしょうが、
費用、回数の見直しが必要ではないですか。


なぜ、こういうところのスリム化を図らないのか。これだけの回数、
わたしたちにどういう形で恩恵になっているかも定かでありません。
この88億円、わたしたちが払った税金なんですよ。国民一人当り
にすれば80円ほどです。でも、わたしたちは何に対して80円払った
のか、さっぱりわかりません。


あまりにずさんではないですか。税金だから、どういう使い方を
してもいいというのでしょうか。少なくとも、この金額と回数を見る
限り、少しでも外遊の回数とその経費を抑えつつ、効率化を図ろうと
いう意思は見えません。


こういうことをやっていて、消費税を上げるというのは全くスジが
通らないでしょう。政治は公の仕事で、税金は公の資金です。
どういう仕事をしてどれだけの税金を使う、それにあたって、
最大限の効率化も図る。こうしたことをガラス張りにしろという
ことなんですよ。


増税する、なかでもわたしたちの生活に直接影響して、税制
そのものも歪みを持っている消費税等を上げると言うならば、
それが先でしょう。いい加減にして欲しいです、本当に。


消費税10%をさらに先延ばしにしたということだそうですが、
当たり前でしょう。今の状況で上げたとしても暴挙以外の
何者でもないですから。上げたい事情がどうあれ、上げられる
はずがありません。


その一方で衆参同時選挙の行方がどうなるかわからない
状況です。いずれにせよ、わたしたちが選挙というかたちで
審判を下す機会を控えています。


どこの政党とか、誰に入れるかとか、そんなことはどうでも
いいです。税金をどのように運営管理していくのか、わたし
たちの暮らしがどうなるのか、世界を取り巻く社会経済環境
が激変する中で、日本はどう進んでいくのか。


選ぶ方もこうした観点で候補者をしっかり評価して選んで
いかないと、とんでもないことになりますよ。外遊でこれだけ
の回数と費用をかけて、どれだけの成果があって、国民に
どういう形で恩恵があるのか考えただけでも、今の政権に
今後も運営を任せていいものか、非常に不安です。


まして、資産を形成している人たちは、日本にいてはリスク
も大きくなってくると考えますよ。そうなると海外にどんどん
出て行ってしまうわけで、日本は抜け殻になってしまいます。


これから先、本当にどうなるんでしょうか。


以上、今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

無料レポートさえあればいい?、いいえ有料商材も必要です!

2016年06月02日(木)

無料レポートの紹介を何度かさせていただいています。
最近、特に思うのですが無料レポートの内容が劇的に
向上しています。


これからアフィリエイトを始めようとお考えの方は、優良な
無料レポートをご覧になればスタートを切ることは十分
可能になりました。


アフィリエイトを始めようと思ったら、まずブログ、サイトを
見ようというのが定石だったのですが、最近はここに無料
レポートが加わっています。


そうなると、有料商材との住み分けがヒジョーに微妙に
なってきます。無料レポートがあればアフィリエイトを始める
ことができて、レポートの改訂版も手に入り、サポートも
してもらえます。そうなると有料商材の存在価値はどこに?


しかも、有料商材には詐欺商材もある。無料レポートなら、
「これは使えない」 と思ったら他のレポートを探しても何ら
実害はありません。


しかし、有料商材はクーリングオフもできませんし、詐欺も
含めて使えないとなったら丸損です。これだけ無料レポートが
充実してきたから、もう有料商材なんていらないだろ。


そう思われるのも自然な成り行きです。しかし、有料商材は
やはり必要です。たとえば、アフィリエイトをスタートさせて、
ブログ、サイトを運営するようになります。それを、さらに充実
させたいときに、テンプレートがあるのとないのとでは雲泥の
差があります。


このテンプレートが豊富に揃えてあるのは有料商材をおいて
他にはありません。無料レポートでアフィリエイトを始めることは
十分可能です。しかし、より、充実させたいというときに、どう
しても有料商材は必要になってきます。


しかし、無料レポートが質的に向上してくれたことにより、有料
商材を購入するときに伴うリスクは大幅に軽減しています。
それは、無料レポートで学習することにより、

1.どんな有料商材が必要なのか具体的に把握できる。
2.自己アフィリなどの指導により、購入資金を調達できる。
3.アフィリエイトを理解することで、詐欺商材を見破れる。


これによって、アフィリエイトを始めるにあたって、つぎのような
進め方をすれば、金銭的に何の負担もなく、安全に取り掛かって
いくことができるようになります。

       適切な無料レポートを入手、学習を始める。
                     
       自己アフィリを実施、報酬のめどをつける。
                    
   報酬の振込まで約3ヶ月、この間に無料レポートを実践
                    
         必要な有料商材を選択検討、相談
                    
       購入、無料レポートと合わせて学習、実践

こんな流れが見えてきます。無料レポートで学習していれば、
あなたは購入資金も調達でき、入手すべき有料商材もハッキリ
とわかる。しかもサポートを受けていれば、購入の相談も乗って
もらえるかもしれない、ということです。


少し前までは、アフィリエイターさんのブログ、サイトを見て
有料商材を購入してスタートするというものでしたが、これだけ
無料レポートが充実すると、最初にこちらで学習してスタート
することが、よりリスクも少なく、取り掛かりやすいです。


アフィリエイトをスムーズに始めていただくためにも、ぜひとも
無料レポートをご覧ください。金銭的な負担もなく、詐欺商材を
つかんで悔しい思いをすることもありません。


そういう意味で、無料レポートと有料商材の住み分けはきちんと
できているのです。


今日はこのへんで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

平均貯蓄額速報値、総務省も副業アフィリやれと言っている?

2016年06月01日(水)

総務省の家計調査報告速報値によると1世帯あたりの
平均貯蓄額が1,805万円だそうです。前年比0.4%増で、
2002年度以降最高になったとのこと。


冒頭には前年から0.4%増加して、3年連続で増加。また、
負債総額は499万円で、前年比マイナス2%と大きく
書かれています。


「やったね!貯金が増えてローンも減って、これで生活
は余裕しゃくしゃくだよ!もう、何も言うことないね!」
などと思っている人がいるんでしょうか。そんな実感、
微塵もないんですけど。


周囲を見ても、貯金を1,800万円も持ってる人がうじゃうじゃ
いるようには思えませんし、マイホームのローン支払いが
楽になったという人もいません。自宅を手放して、ローン
地獄から逃れたという人が、いまここで記事書いてますけど。


ただ、この資料を読み進めていくと、だんだん核心に
近づいていくのがわかります。2/3の世帯は1,805万円に
届かず、有価証券は3年連続の増加。一方、定期性預貯金
は7年ぶりに減少。


貯金=銀行に預けるというのがいままでの預貯金のイメージ
でしたが、さすがに金利が低く、マイナス金利なんて、ワケの
わからないことになってきましたので、さすがに銀行預金から
引く人も増えたということでしょう。


その一方で、有価証券の代表格が株式投資ですが、銀行預金
から少しずつシフトしているんでしょうか。しかし、5%も増えたのに、
預貯金がそれほど増えていないので、シフトしたものの成果は
芳しくない様子も伺えます。金利が不利になったとはいえ、安易
にシフトするのはリスクも大きいということです。


さらに読み進むと、貯蓄額を層別して世帯数を示したグラフが
ありますが、平均値である1,805万円の貯蓄を有する世帯は、
たったの2.9%しかいないんですよ。まさに周囲を見て感じたのと
同じです。


ところが、100万円以下の世帯は11%もいて、これがダントツに
多いのです。10世帯のうち、1世帯は貯金が100万円もないと
いう実態があるのです。


これらのデータを見てきて言えることは、格差が拡大している
ということと、みんな、貯金を増やそうと必死になっていること
です。


そのために、銀行預金の一部を株式投資に回したりしている
のですが、そうそううまい具合にはいかない、とデータは
物語っています。こうなっている背景には、生活が苦しく預貯金
に回せる余裕もないということもあるのは言うまでもありません。


富裕層は資金も潤沢なので、株式等の知見や実績も豊富な
ため、有価証券への投資もスムーズにできるでしょう。しかし、
1,805万円に程遠い人たちが、このような投資に走るのは
極めてリスクが高く、やるならば少しずつ実績を重ねていくしか
ないでしょう。


だったら、有望なのは副業ですよ。先行投資の少ないアフィリ
エイトは、まさに救いの神ですよ。この資料には結果だけしか
書かれていません。だったらどうだということが書かれていない
のですが、言っていることはただ一つ。


「格差は広がっている。だけど蓄えがドーンと増えることは難しい。
だから、元手のいらない副業アフィリエイトをやりなさいよ。」 と
いうことです。


以上、今回はここまで。
お読みいただき、どうもありがとうございます。

プロフィール

cumple

Author:cumple

くんぷりです。
ようこそおいで頂き、どうも
ありがとうございます。

あなた様は

番目のご訪問者です。

詳しいプロフィールは
こちらをご覧下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。