FC2ブログ

情報商材 アフィリエイト 副業 サラリーマン

情報商材アフィリエイト サラリーマンが副業で成功する秘訣

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使える!QC手法

2013年10月28日(月)

サラリーマンのご経験のある方、特に工場で勤務経験のある方、
QC手法を手がけられたことはおありでしょう。多分、うんざりして
ため息が出るほどやらされた方も多いはず。



私も品質管理を担当したこともあり、嫌というほど見聞きしました。
今更、こんなことを引き合いに出すのも如何なものかという気も
しないではありません。



しかし、これ、アフィリエイトでも使えますよ。サラリーマン稼業では
QCは「苦しいの略語」と言われるほど、嫌われ者のでした。



アフィリエイトというのは、このブログでも何度か書いていますが、
仕事を誰かの指示の下でするのではなく、あくまで自分が主役の稼業
です。



そうするとQCの位置づけも180度変わり、QCのQは、「救」になります。



ブログを誰も見てくれない、報酬が出ない、そういう時、必ず原因が
あるはずです。「なぜなぜ分析」が、ここで使えます。とことん「なぜ」
を掘り下げていけば、病巣が見つかります。



それを見極めることができれば、改善です。そこで登場するのが、
「PDCA」です。



これは、組織に属して、やれといわれてやるのは苦痛以外の何者でも
ありません。大体、QCはどこの会社でも勤務時間外で、無償でやると
言うのが一般的でしたから。



今、サービス残業が問題になっていますが、何故かQC活動は対象外
です。これも嫌われる一因なのかも。



しかし、アフィリエイトでは私達は当事者です。クリック数や成約率
を上げることが共通する目標でしょう。絶対にサラリーマンとは違った
マインドでQC手法を使えます。自ずと効果にも、サラリーマンでは
経験したことのない手応えを感じることができます。



それは、何故。それはあなたはアフィリエイトを行う上で、経営者
だからです。



是非とも、取り組んでみてください。会社で嫌な思いしかしたことの
ないQCが、楽しいものへと大変身します。



楽しいのであれば、サラリーマンのQCの先入観を捨てて、積極的に
進めることです。それで稼ぎが増えることにでもなれば大満足でしょう。
言ってみれば、これもまたアフィリエイト効果なのですね。









スポンサーサイト

知恵と知識

2013年10月27日(日)

自分のスキルを上達させる為に身につけなければならないもの、それが
知恵と知識です。サラリーマンだけでなく、あらゆる職業などで同じように
言われてきました。あなたもご存知でしょう。アフィリエイトでも同じです。



では、知恵と知識、この両者の違いは何でしょうか。



知識というのは、スキルを身に付けるために利用するもの、例えば学校で
習ったこと、書籍や文献、新聞やインターネットで調べたことがあてはまり
ます。



それに対して知恵というのは知識をスキルとして活用していくために、運用
する能力のことです。知識で得られたことを適正に取捨選択してそれを
スキルとして身に付けていくために必要なものです。



この2つが車の両輪に例えられる所以がここにあります。



スキルを身に付けるためには、知恵も知識も両方必要です。どちらか一方だけ
というのは勿論、バランスを取って調整しなければ決して向上しません。
ですから、この2つは似て非なるものなのです。



両者の間にはもっと大きな違いがあります。



知識はいわば「モノ」になりますので、仮に今、自分に備わっていなくとも他
から借りてきても良い訳です。一番手っ取り早いのが、先輩や専門家の方から
アドバイスを受けるということです。



ところが、知恵というのは自分で知識で得られた情報を自分にフィットするよう
運用するわけですので、こればかりは自分で開拓していくしか身に付ける方法は
ありません。



アンリミにしても、あらゆるレポートやメルマガに書かれていること、これは
知識のタネです。直接、自分の知恵になることは絶対にありません。アンリミ
に書かれていることを忠実に守って作業を進めた場合でも、その過程やスピード
は千差万別です。



ただ、アンリミの優れたところは、知識をふんだんに提供するだけではなく、
それから得られる知恵を身に付けるための指標をも与えているのです。言って
みれば知恵を身に付けるためのヒントが示されています。



これがアンリミが他の情報商材と差別化したものと言えましょう。知恵を身に
付けるためのひらめきを活性化する役割も担ってくれます。



知恵が人それぞれ違いがあるために、同じ知識をインプットしても成果や内容に
違いが出ます。



ブログやレポートで、著名なアフィリエイターさんが、私はこうして実績を上げ
ましたと紹介されます。そのアフィリエイターさんが実績を上げられた知恵として
紹介されています。しかし、読み手にとってはそれは知恵ではなく知識なのです。



知識は頼めば誰でも教えてくれます。しかし、知恵は誰も教えてくれません。たとえ
どんなに優秀な先生でも、教えることはできません。自分でいろいろな壁にぶつかり
ながら、ひらめいて試行錯誤しながら、一つずつ身に付けていくしかありません。



よく、技は巧い人を見て盗めと言います。まさにこれは知恵を身に付ける術に他
なりません。聞いただけのことをどんなにしっかりやっても、決してその人を越え
られませんし。



あなたに指導してもらえるアフィリエイターさんがいらっしゃいましたら、判らない
ことがあればどんどん質問して下さい。質問することで信頼関係がより高まるという
こともあるでしょう。



でも、それはあくまで知識を得るためにしかなりません。いきなり、どうすれば
稼げますかというような質問をされても受けたアフィリエイターさんも困るだけ
でしょう。



こうなると知恵を身に付けるのは大変だと思われるかもしれません。しかし、知恵は
まさに自分だけの世界で自分の思うがままに展開できる、大きな自由があります。



私の場合、サラリーマン稼業では、この自由をも制限されています。そんなこと、
本気でできると思っているのか、とか、そんなことどうでもいいから今は、これを
やっとけ、そんなこと関係ないだろう真面目にやれ、とか・・・。



だから、アフィリエイトを始めて、私が今一番楽しいのは、この大きな自由を手にした
ことです。



知恵を早く身に付けるコツは、頭の中にひらめいた時に、それをすぐに実行すること
です。どうしてもできないときは、何かにメモなどして後で実行すればよいでしょう。



アフィリエイトを副業でやる場合は、必ずしもそういうわけにもいきませんが、本来は
自分のペースに合わせて作業を進められます。それだけにひらめきを知恵として成長
させることができる機会に恵まれています。私も、これに期待するところ大です。




ノウハウコレクターにならないために

2013年10月26日(土)

ノウハウコレクターの正体については前回お話させて頂きました。今回は、
ノウハウコレクターにならないために、どうすればよいか考えてみましょう。



ノウハウコレクターになって幸せになる者は誰もいません。商材を購入した
人は勿論、制作した人にとっても、その内容が全く活用されないというのは
信憑性や再現性を失うことにもなり、決して良いことではありません。



ひいては、その商材の信用にも関わってくることになります。結局、情報商材
は購入者が実行して効果を生み出してナンボのものですから。



と、いうことは、その商材が優秀なもの、信用の高いものほど、製作者も、それ
を売るアフィリエイターも購入者がノウハウコレクターになることは一切望んで
いません。



それどころか、自分の売った商材の購入者がノウハウコレクターになることを
最も恐れていると言ってもよいでしょう。



これだけ言えば、もうお判り頂けたでしょう。



情報商材の購入を考えているならば、信用されている、また、あなたに最も
合った先輩アフィリエイターさんに、まず相談することです。ASPに直接注文する
ことは避けたほうが無難です。ヘタをすれば詐欺まがいの情報に当たる可能性も
ありますし。



では、そういう先輩アフィリエイターさんと、どのようにしてめぐり合うのか。
これはパソコンを情報収集として使うことの一つですから、あなたにとって
問題なくできるはずですね。



要は、アフィリエイターさんがアップしておられるブログやサイトを片っ端
から読んでみることです。あなたの置かれた状況や性格、考え方などに適合
するアフィリエイターさんは必ず見つかります。



決してSEOの上位にランクされたアフィリエイターさんがあなたに相応しい
とは限りません。ですから、ガンガン数多く調べて下さい。



また、情報商材が優れたものであればあるほど、それを推薦されるアフィリ
エイターさんも多いことは容易に頷けるでしょう。



ですから、いろいろなアフィリエイターさんのサイトやブログを徹底的に
調査して、あなたに相応しい方を見つけて下さい。そして、メールで積極的
にお問合せされて下さい。



そして、そのアフィリエイターさんと信頼関係を築かれて下さい。ひょっと
すると、情報商材によくある甘い誘い文句と違って、かなりきついことも
言われるかもしれません。



でも、そんなときは、なぜそのアフィリエイターさんがそんなことを言って
こられるのかを良く考えて下さい。いや、そういうことを言ってくれる
アフィリエイターさんとめぐり合えたら、幸せなことですよ。



私だって、そういうアフィリエイターさんとめぐり合うことができ、その方
から購入させて頂きました。おかげで、作業は遅れがちですが、投げ出したり
マンネリ化したりすることはありません。



優秀なアフィリエイターさんなら、あなたを絶対にノウハウコレクターなど
にはさせないでしょう。



特に、あなたがアフィリエイターを目指して最初に購入する商材は大変重要な
ものです。まず、あなたに合ったアフィリエイターさんと信頼関係を築かれて
から購入されても決して遅すぎることはありません。



最後にもう一つ、焦らないことです。まだ始めたことばかりで何もかも判らない
状況で作業するのです。うまくいかなくて当たり前、その内きっかけが掴めるさ、
とマイペースである意味、楽観的に続けることですね。





ノウハウコレクターって、何だ

2013年10月25日(金)

アフィリエイトをかじるようになって、ノウハウコレクターという
言葉を、よく目にします。



情報商材やレポートを入手出来るだけ入手して、実行に移さない人
のことを言っているようです。



コレクターというのは集めることが、まず目的になります。それが
人生の中で膨大な量になってくるとそれを集大成して、中には
博物館を創設する人もいます。



ですから、一般的にコレクターと呼ばれる人たちは明らかに目的を
持って行動しているわけですから、同じコレクターと言っても、
かなり意味合いが違います。



別に最初から集めることを目的に商材を買い漁る人なんていない
でしょうから。尤も情報商材図書館でも創設しようというのであれば
話はわからないこともありませんが。



恐らく、私も含めてこれからアフィリエイトを始める人で、ノウハウ
コレクターにはなりたくないと思っている人が大半でしょう。



では、なぜ、こういう落とし穴に嵌ってしまうのでしょうか。



要は、商材を買ったら、何はさておき、とりあえず実行することです。
たとえ今は稼ぎがなくとも、それを目指して努力している人を誰も
ノウハウコレクターと呼びません。



アフィリエイト=情報発信ということが根源にあります。



アフィリエイトは必ずパソコンを使います。ところがパソコンは殆どが
情報入手の手段として使用されます。ネットの検索、映像、画像などの
取り込み、ゲームなど、みんなそうです。



エクセルやワードで文書を作ることやメールのやり取りは情報発信と
言えなくはないですが、そのターゲットは自分の知っている人など、
ごくごく限定された範囲です。



アフィリエイトでは不特定多数の人が目にする情報を発信しなければ
なりません。誰に見られるかわからない。これって、考えてみると
本当に怖いです。



そのツールとしてブログやサイトやメルマガを使います。しかし、
元々、ブログやサイトは、よほど世間に対して、俺はこれに関して
右に出るものはないと言い切れるものを持っていなければ作れません。



それは趣味のサイトなどを見ればわかります。不特定多数の人に向けて
発信するのですから、誰かに否定されたり批判されたりするかも
知れません。それを承知で、来るなら来てみろという自信がなければ
とてもできません。



まして、アフィリエイトは人様に情報を買って頂いて稼ぎになるのです
から、少なくともブログやサイトを作ったことのない人にとっては、
作り方を知らないという点からではなく、情報発信のマインドが未経験と
いう点で厳しいです。



これを最初に考えずに、情報商材勧誘の甘い誘い文句に乗ってしまう。
その壁を越えられず、実行できず、ノウハウコレクターに甘んじる。
これが実体です。



このことからノウハウコレクターというのは、数あるコレクターの中でも
最悪の部類だということがわかります。



趣味でいろいろなものを集めていらっしゃる方も多いと思います。しかし、
情報商材のコレクターにだけはなりたくないものです。情報商材を集めても
悶々とするだけで楽しくも何ともないですよ。



アフィリエイト=情報商材



上にも書きましたが、このことを念頭に置いてくださいね。
ひょっとすると自分に出来るだろうか、不安になったり自信をなくしたり
するかもしれません。



でもご心配には及びませんよ。ちゃんと順序立てて進めていけば、迷いは
払拭されます。第一、購入してから、こんな不安に駆られてなにもでき
なければあなたは立派なノウハウコレクターになっちゃいますよ。



ノウハウコレクターの正体がわかりました。ということは、これに陥らない
方法もあるということです。それを回を改めてご紹介しましょう。





サラリーマンのアドバンテージ

2013年10月20日(日)

サラリーマンが副業でアフィリエイトを始めることに大きな
ハンデがあることは、前回、前々回でお話しました。



でも、決して諦めることはありません。



サラリーマンにも、他業種出身の初心者が羨やむような
とてつもないアドバンテージがあるのです。



あなたもサラリーマン稼業の中で、日報や月報、業務報告書など
書類や記録を作成することがありませんでしたか。



その時、何かを心がけてこれらの文書を作成しませんでしたか。



作成するにあたり、上司から口やかましく言われたことが何か
ありませんでしたか。



思い出してください。よく言われたでしょう。


結論を先に書け、とか
長い文にするな箇条書きにしろ、とか
5W1Hや起承転結で書け、とか・・・・


あなたは、これを忠実に守って上司の目に留まるような文章を
書き綴ってきたはずです。


昔、漫画で聖日出夫さんの作品に「なぜか笑介」というものがあり、
新入社員がいろいろな壁にぶつかりながらサラリーマンとして
成長していく物語がありました。


そこでも仕事を一心にこなしていく場面として、書類の山を前に
鉛筆をカリカリ走らせながら脇目もふらずに書いていくシーンが
よくありました。尤も今では鉛筆で書く事はまず、ないですが。


これ、アフィリエイトでもとても大事なことなんです。


私が今書いてる記事もそうですが、アフィリエイトは文章が命
です。パソコンを使って商売する以上、文章が書けなければ話
になりません。


別に上手に書く必要はありません。しかし、相手に訴え掛ける
には文章で伝えるしかないのです。画像や映像も有力なツール
ですが、あくまで文章を補完することしかできません。


ブログに唐突に映像が貼り付けてあって、一言も文章がない
のでは、何にもなりません。もし、そんなブログがあったら
不気味がって誰も見ないでしょう。


文章を書くのが苦手だとすれば、必死こいてこれを克服するしか
ありません。これに関してはサラリーマンの方々は殆ど苦労しな
くて済むはずです。


ただ、ちょっと違うのは、会社で書く文章と違い、アフィリエイト
では、上から下にスクロールしながら読まれることと、気に入られ
なければ、容易に閉じられることです。


そのため、箇条書きとか5W1Hなど、直接役立たないこともあり
ますが、冒頭に結論をドカンと持って来て、一気に読者の興味を
そそり、解り易い文章で読者の心をわしづかみにするテクニックは
筋金入りでしょう。


常に読む相手がいることを意識しながら文章を書き続けてきたの
ですから、この点については大いに自信を持って下さい。


アンリミでも、いろいろなアフィリエイターさんのブログを見ても
文章を書く事に関しての所見や情報が大変多いです。しかし、それ
については、あなたは軽く読み流すだけで十分なのです。


これは、前回、前々回で申し上げたハンデをも覆す威力のあるような
アドバンテージです。


ですから、是非ともハンデを克服して頑張っていきましょう。長年、
サラリーマンの苦行に耐えてこられたのですから、押さえるところ
を押さえていけば必ず成就します。

誰がお金を払ってくれるのか

2013年10月19日(土)

サラリーマン稼業とアフィリエイトを含む副業との間に共通するもの
があります。



会社から振込まれる給与、アフィリエイトの報酬、どちらもお客様が
購入してくれるから支払われるわけです。別に社長が自腹を切って
あなたに給料を払っているわけではありません。



アフィリエイトではアフィリエイターと購入者が直接やりとりを交わし、
購入者から信用してもらって、初めて売れるわけです。これを抜きに
して、絶対に稼ぐことはできません。会社だって同じはずです。



ところが、サラリーマンでこのことを本当に真摯に受け止めて業務に
就いていらっしゃる、いや、就くことができる方は、どのくらいいる
でしょうか。



お客様とやっとのことで信頼関係を築くことができても、転勤や配置替え
で直接コンタクトできなくなったり、販売量が少なくなると取引を打ち切る
ことはよくあります。



取引は会社対会社で交わすものだから、そんなことは関係ないと言われる
方もいます。しかし、それを実行するのは会社ではなく人間です。



よく、社訓で顧客第一と謳われることが多いですが、それがわかっていても
実行するには限界があるというのがサラリーマンの定めなのです。



もし、幸いにそれを実行することができた方にとっては、前回お話しました
意識のギャップの壁の高さは低いものになります。



大きな組織の中で仕事をされた方よりも、むしろ中小など、人が少ない職場で
毎日忙しく頑張ってこられた方に当てはまる人がおられるかもしれません。



自営業などをされてこられた方は、常にお客様の顔が面前にあるわけですから
これに関してギャップは低いでしょう。私自身、このことは大変羨ましいです。



このように、サラリーマンが副業、ひいてはアフィリエイトを始めるには
大きなハンデを背負うことになります。



かと言っても、いきなりどうすることもできません。今まで思っていたとしても
実行することが非常に難しかったのですから、今いきなり改善することは
できません。



しかし、アフィリエイトを始めるに当たり、このことを念頭に置くか置かないか
で後々の成果は大きく異なってくるのではないでしょうか。





アフィリエイトを決心するとき

2013年10月18日(金)

サラリーマンが副業を考えるときの大きな壁、2つあります。


1.時間が取れないこと
2.意識にギャップがあること



この2つです。この壁をクリアしないと副業はできません。



1.はわかると思うんですが、特に問題なのは2.の方なんですね。
意識のギャップというのは、こういうことです。



サラリーマンは、会社ありきで初めて仕事が成り立つ、つまりトップダウンで
仕事をすることに慣れきっています。本質的に自分の意志で仕事をすることは
ありえないのです。



これは一般社員も派遣社員も管理職も取締役も、立場は違えど皆同じです。
自分の意志で仕事をするのは社長だけです。


よく、ウチはボトムアップで社員のイキがいいのが売りだと言っている経営者が
いますが、それは単に経営層、管理層がそれにアグラをかいているだけで、
単なる見せかけに過ぎません。



ボトムアップで経営を維持するのは大変困難で、ありえないと言っても過言では
ありません。あったとしたら、それは大変優れた生産性の高い企業で、社員の
給料も副業なんていらないくらい良い筈です。



だから、仕事は与えられるもので上から下りてくるものと、条件反射的に
思い込んでいるのがサラリーマンなのです。決してそんなあなたが悪い
ということはないのです。それが、サラリーマンの宿命なのですから。
私だって偉そうなこと言っても、そうだったんですから。



ところが、副業となるとそうはいかない。内職かバイトならいざ知らず、
自力でなんとか立ち上げていかなければならないのが副業なのですが、
そういうことに免疫がない。これが意識のギャップの正体です。



で、ここで話の照準をアフィリエイトに合わせます。アフィリエイトが成功
するのも失敗するのも本人次第です。自分でやるか、やらないか、端的に
言えば、それが成否の分かれ目です。



先ほどの意識のギャップを引きずったまま足を踏み入れたら、待っているのは
挫折か、せいぜいノウハウコレクター位です。そのようなスタンスで作業を
進めても、あなたはいいでしょうが相手さんには受け入れられません。



ここで、はっきり申し上げます。あなたがサラリーマンでアフィリエイトを始め
たいとお考えでしたら


仕事が向こうからやってくるという意識を
完全に葬り去って下さい。




殆どの人は、無意識のままにこの意識のギャップに因われています。多分、何を
言ってるのかわからない、自分には当てはまらないと思い込んでいる人が多い
筈です。事実、私だってそうでしたから。


一つ質問します。あなたの会社が倒産したと考えて下さい。そんな時、あなたに
何ができますか。何で稼げますか。アフィリエイトをやろうとお考えでしたら、
その前に、この質問に対する明確な答えを見出してからにして下さい。


よく聞く話ですが、会社が倒産して失業したとある元部長さんが就職活動で他の
会社の面接を受けました。同じ質問を受けて、胸を張って「部長ができます」と
即答したそうです。それを聞いた面接官は、ただ呆れるだけだったそうです。


言ってみればサラリーマンが何か副業をやろうとする時、アフィリエイトに限らず、
この2つの壁を取り払いさえすれば、とりあえず取り組むことから始められます。


1.の時間は物理的な要因もあって仕方のないことかと思います。休日や早く帰宅
できたときを有効に利用するしかありません。


しかし、2.に関してはメンタルなところに問題があり、まず「気づく」ことから
始めなければならないところでもあるので、多少、時間もかかるかもしれませんが
避けて通ると、後で無駄足を踏むことになります。


アフィリエイトは先行投資も少なく、リスクの低いことが特長ですが、決して楽に
できるものではありません。どういうものか、ここをご覧になればお分かり頂けると
思います。ただ、やろうと思えば必ずできるということも同時にご理解頂けると
思います。

プロフィール

cumple

Author:cumple

くんぷりです。
ようこそおいで頂き、どうも
ありがとうございます。

あなた様は

番目のご訪問者です。

詳しいプロフィールは
こちらをご覧下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。